< 2008年03月 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

ゲーム好き、1人で食事=高卒後はバイト暮らし-金川容疑者・土浦死傷事件
2008/03/23-20:40 ゲーム好き、1人で食事=高卒後はバイト暮らし-金川容疑者・土浦死傷事件(時事通信)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008032300206&rel=m

 「テレビゲームが好きで、人付き合いは少ない」「まじめに見えた」-。無職男性の殺害と8人の殺傷を起こした金川真大容疑者(24)。周辺から事件につながる特異な性格や行動はうかがえないが、いずれの事件も、同容疑者が慣れ親しんだ街のごく狭いエリアで起きた。
 茨城県警や近所の住民によると、金川容疑者の一家は1994年に土浦市に引っ越してきた。家は新興住宅地の一角にあり、両親と妹2人、弟1人の6人家族。地元の小学、中学、高校を卒業した後はアルバイト生活を送った。今年1月までの1年間は、家から直線で400メートル余のコンビニで働いていた。
 家族は県警に「テレビゲームが好きでよくやっていた」「朝昼兼用の食事を1人で取っていた」「人付き合いはあまりない」と話しているという。
 中学と高校で金川容疑者の後輩だったという20代の男性は「まじめで温厚だったので、事件をやるようには見えない」と話す。高校の時は弓道部に所属。部屋にはテレビゲームが10本、漫画本が100冊ぐらいあったという。男性と一緒に格闘技ゲームをした際、同容疑者が負けると機嫌が悪くなることがあったのが印象に残っているという。
 同容疑者と娘が同じ小、中学校に通った近所の女性は「目立たなくて、おとなしいという印象しかない。中学時代は部活動をせず、娘も仲の良い友人を知らない」と話した。

 怖い事件です。最近、容疑者と被害者の間に何のつながりもない、無差別殺人事件が増えているような気がします。被害者側ではほとんど防ぎようがないものであり、怖いとしかいいようがありません。警察の捜査の仕方について批判も出ています。住民の安全より犯人の逮捕に傾いていたかなとも思いますが、どこから来るかわからない変装した相手をどこまで防げるかと考えると、難しい面もあったのではないかと思います。後に被害を受けた方ほど重篤になっているので、もう少しでも早く捕まえられなかったかとも思いますが、この土地の地理に詳しくなく、警官の配置もわからない個人としては何ともはっきりとしたことは言えません。
 ただ、テレビを見ていて気になったのは、またゲームやマンガが悪者にされそうな報道が出てきたことです。でも、ゲーム10本ってそんなに多いでしょうか?正直、我が家はWiiとPS2合わせれば10本は軽く超えてしまいます。漫画本100冊は多少多めだけど、極端に多いというほどでもないような。我が家には漫画本はほとんど無いけど、実家には少なく見積もっても50冊はあるだろうし。「Dr.スランプ(アラレちゃん)」だけで全18巻になってしまうので。今後、もっと増えた数が出てくるかもしれませんが、こういう報道を見るたびに「ゲーム脳」の笑い話を思い出し、むしろこういう報道をしていく短絡的な報道姿勢こそ「テレビ脳」「ワイドショー脳」とでも名付けるべきなのではと思ってしまいます。問題は、実家住まいで、近くのコンビニでアルバイトをするほど行動半径が小さい24歳の息子に対し、引きこもりを許し、(夕食がどうだったかは記事だけでは不明ですが)食事も1人で取ることを許し、「一緒に暮らす家族とも疎遠(読売新聞)」な状態を作らせてしまったことこそと思うのですが。一緒に住んでいながら相手が何をしているかわからない、人間関係、親子関係の希薄化が犯罪に向かわせた一つの側面であるのではないかと思います。

ニュース | 【2008-03-24(Mon) 13:38:04】
Trackback:(1) | Comments:(0)
中原伸之氏を日銀新総裁にせよ!
 いや、時事ネタということで、何か言ってみたかっただけなんだけど。でも、中原総裁なら問題なく同意されてたかも。年齢マイナス10する必要はあるけど。

 で、今、中原氏のインタビュー記事とか読み直しているんだけど、経済に対する見通しの的確さには改めて驚かされます(審議委員時代も凄かったけど)。原油価格はこれから1バレル90、100ドル程度まで上がるだとか、日経平均は1万3000円より下がるだとか、米国の住宅バブルは長く持たないだとか、今見ると当たり前のことがボンボン出てきます。ですが、今は当たり前でも、その記事の当時にそう予測できたか、ここまではっきり言えたかというと、まずできなかったでしょう。もちろん私なんかが自分と比較するのもおこがましいと思いますが、経済分析については目標にしたい方であることは間違いありません。ということで、「日銀はだれのものか」、読まなきゃ。


 ついでに今の日銀正副総裁人事について考えると、野党が財金分離の面から武藤総裁反対というのはわからなくはないですが(更に、前回不同意している以上、その理由が解消されていない今回は同意するというのは難しいでしょう)、「インフレターゲット論」の伊藤副総裁反対はよくわかりません。伊藤氏も「インフレ目標はインフレを引き起こすことを目的としているのではなく、インフレ率を低位だがマイナスではない範囲に安定的に抑える政策」と国会で説明していますが、通貨当局がデフレを抑えることは当然の話で、これまでも似たようなことはやってきています。これまではそれを提示しただけで責任などはありませんでしたが、透明性の確保の面からある程度明確に定め、それに対し日銀が説明責任、結果責任を果たす、というようなものだと思います。金融政策のルールの明確化、透明性の確保は、財金分離とともに新日銀法の理念の大きな柱のひとつであり、それを掲げている候補者を排除するというのは、インフレという言葉で既に思考が停止してしまったインフレ恐怖症なのか、経済財政諮問会議の民間委員であるイコール(実際は安倍政権で入っていますが)小泉・竹中路線の人間だという私怨なのかと思ってしまいます。また、同意された白川副総裁は伊藤氏とはかなり異なった立場のようですし、バランスも取れているのではないでしょうか。
 とはいえ、実際には二人不同意になった訳で、どのように解決に向かっていくのでしょうか。毎日新聞が昨日の社説で、日銀総裁人事 「採決棄権」も民主の選択肢だと書いており、普段は中身の無い新聞社の社説にしては思い切った提案をするものだと思いましたが、これもひとつの現実的な対応策でしょう。空席でもいい、白川副総裁が代行でもいいじゃないか、では今後の野党、特に民主党の金融政策はその程度のものだと国内的にも国際的にも見なされるでしょうし、少なくとも解決策を探る努力はしてほしいものです。

ニュース | 【2008-03-12(Wed) 19:05:05】
Trackback:(0) | Comments:(5)
香里奈の連ドラ「だいすき!!」が右肩上がり中
香里奈の連ドラが右肩上がり中(ゲンダイネット)
http://gendai.net/?m=view&c=010&no=20462

 冬ドラマは終盤に差し掛かっているが、その中で注目されているのが香里奈が主演している「だいすき!!」(TBS)。これは知的障害がある母親と娘の物語で、香里奈が母親を演じていて、その必死でけなげな演技が評判なのだ。初回10.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でスタートし、その後はダウンしていたが、ここにきて12.8%までアップする右肩上がりになっている。香里奈にとっては収穫は大きそうだ。

 今日、yahooのトップニュースに載っていた記事ですが、実際にゲンダイ(夕刊紙)に掲載されたのは3月4日のようで、その後に放送された6日の視聴率は11.4%と少し下がってしまいました。そういえば先週も「斉藤さん」が人気とニュースになってyahooのトップに載ったらその後の放送では視聴率が下がってしまっていたので(その次の回は17.2%と一気に上がったけど)、なんか変なジンクスなのかも。今クール前、木村拓哉主演の「華麗なる一族」を何日か連続で長時間再放送していたとき、「『華麗なる』の後は『仁義なき』」みたいなことを言って稲垣吾郎主演の「佐々木夫妻の仁義なき戦い」のCMばかり流していたりなど、事前の力の入れ方は明らかに「佐々木夫妻の仁義なき戦い」に寄っていたと思いますが、同じくらい力を入れていたら「だいすき!!」も初回視聴率が上がって、もっと平均視聴率も上がっていたのかも、なんて思ってしまいます。
 それはそうと、普段ドラマはめったに見ない(というか、ちょっと前までは毎週連続で夜のドラマの時間にきちんと帰ってくるのなんて不可能だったので、見られないという感じでしたが)私が今クール見てるのは、この「だいすき!!」と「斉藤さん」だったりします。「斉藤さん」の方は嫁さんの付き添いみたいに見ているだけだけど(でも結構おもしろく見ているけど)、「だいすき!!」の方は火曜あたりから「あさってだ」「明日だ」とカウントダウンしながら必ず欠かさず見ています(でも、初回は見逃した)。
 まあ、正直もともとの見るきっかけは香里奈の髪型が好きだったからなんだけど(ショートカット好きなのです)、見ているうちに内容にはまりました。知的障害のあるゆずの頑張りだとか周りの愛情だとか感動的なんだけど、何より出演するそれぞれがみんな基本的にいい人で安心して見ていられる、というのが個人的には一番良かったりします。お母さんの病気だとか暗くなりそうな話題もありますが、(原作を読んでいないので今後の展開は全くわかりませんが、)ハッピーエンドで終わってほしいものです。

ニュース | 【2008-03-07(Fri) 15:07:01】
Trackback:(0) | Comments:(0)
Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する