< 2008年09月 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

【山梨県北杜市(旧大泉村)】甲斐大泉温泉 パノラマの湯
【山梨県北杜市(旧大泉村)】甲斐大泉温泉 パノラマの湯の建物

 夏の休暇中に行った甲斐大泉温泉 パノラマの湯。リンク先の公式サイトに温泉の効能等が詳しく載っています。上の写真は、駐車場から見たパノラマの湯の建物。あんまり温泉っぽくない外観です。ちなみに駐車場はもう1つ(狭いけど)あって、そちらには、

【山梨県北杜市(旧大泉村)】甲斐大泉温泉 パノラマの湯の足湯

 こんな足湯が外にあったりします。2年前に行ったときには足湯にたくさん人が入っていたけど、今回は誰もいなかった。中は混んでいたのになぜでしょう。でも、うちが入っているのを見て入り出す家族もいたので、入っていいのかわからなかったのかも。

【山梨県北杜市(旧大泉村)】甲斐大泉温泉 パノラマの湯の天然水水汲み場

 建物の入口には天然水の水汲み場があって、ペットボトルとかで水を持って帰る方も多くいました。その場で飲んだけど、冷たくておいしい!

【山梨県北杜市(旧大泉村)】甲斐大泉温泉 パノラマの湯の金田一春彦氏の推薦文

 すぐ横には大泉村に別荘を持っていたという大泉村名誉村民の故 金田一春彦教授の推薦文があります。ありますが、「そうです」「とのことです」という伝聞がなんか多いような気もしますが、おいしい水であることは確かです。

【山梨県北杜市(旧大泉村)】甲斐大泉温泉 パノラマの湯の公園?遊具

 ちなみに駐車場の横には公園のような遊具が置いてある場所があったので、入浴前に子どもたちを遊ばせました。滑り台とか砂場とか小さい子どもの好きそうな遊具がいくつもあったのですが、もしかしたら幼稚園とか保育園とかのものだったのかも。他の子どもたちも遊んでいましたが、次に行く時にチェックしなければ。

【山梨県北杜市(旧大泉村)】甲斐大泉温泉 パノラマの湯の中の温泉

 で、肝心の温泉ですが、他のお客さんも撮影したのでそれに乗じて一枚撮影してしまいました。うまく暗くなって、人の顔だとか写してはいけない部分だとかが消えています。よかった。画像の通り、室内には1つ大きなお風呂があって、外にはもっと大きい露天風呂が1つあるという形になっています。夕方17時前後だったと思いますが、外の露天風呂はかなり人が多く、お風呂の縁はほぼ全て埋まっていて、真ん中の岩の周りにも人がいるという感じでした。それでもとにかく大きな風呂なので、それほどの圧迫感はありませんが、やはり人気の温泉のようです。ただ、当日は残念ながら曇り空で、富士山など遠くの景色はほとんど見られませんでしたが。上には屋根も何もないので、開放感がある一方、雨の日は雨が降りかかるし、夏の日中は暑くて大変かも。やはり天気のいい日の朝や夕方がおすすめ。夜は行ったことがないのでわかりませんが、山を向いているので夜景はそれほど期待できなさそうだけど、星空は十分楽しめるはず。
 また、窓ガラスが全面に大きくあるので、室内の大風呂からも十分景色を楽しめます。こちらは空いているので、正直子供連れだと室内の方が周りをあまり気にしないで歩かせたりできるのでいいかなとも思います。なお、室内にはサウナと水風呂もあります。
観光地・遊び場所の感想 | 【2008-09-26(Fri) 13:05:43】
Trackback:(0) | Comments:(0)
【赤坂】ラーメン康竜 赤坂店
ラーメン康竜 赤坂店

 赤坂見附駅近くのチェーンのラーメン屋さん「康竜」。もう何回も行っていますが、並ぶほど混まない、平均点以上の味ということで、この日(8月末だったと思う)もすぐ近くに出来た「油そば 東京油組総本店」がかなり並んでいたのでこちらに、という感じでした。
 ここの特徴は、「お客様お好み表」という表に「硬」がいいならそこに丸をしたりして選べるというところ。さらに「自分仕立てラーメン」を選ぶと、その表にあるトッピング8つの中から4つを選ぶことができます。どこかで他のお店もやっていたなぁと思って調べてみたら、桜木町の店に行った「一蘭」だった。過去にはシステムの模倣で一蘭に提訴されたりもしたらしい。それはともかく、こうやって選べるのは楽しいものです。ただ、豚の角煮は、普通「豚の角煮」と聞いて想像するような三次元の立方体に近い四角ではなく、ほぼ二次元の薄べったい四角だったりしますが。味も角煮っぽさがあまりないし。まあ普通のラーメン(700円)と比べて、自分仕立てラーメンはプラス100円(800円)だけなのでしょうがないところです。ねぎとかメンマとか揚げにんにくとかは選ぶと結構多めに入ってきます。味玉は半分だけ。
 それで肝心のラーメンの味ですが、無難においしいという感じです。博多のとんこつ味で博多とんこつとしては少し濃い目だけれども濃すぎることもなく、食べやすい味だと思います。この店ならでは、という個性は感じられませんが、赤坂見附近辺でほとんど並ばずにすぐ入れて、平均点以上のラーメン屋という存在として、「どうしてもラーメンが食べたい。でも(暑くてとか時間が無くてとかで)並びたくない」というようなときに選ぶお店になっています。ちなみに、私がラーメンの味噌系はあまり好きでないこともあるけど、無料トッピングの旨み辛だれは入れない方がおいしいと思います。
ラーメン・グルメ | 【2008-09-24(Wed) 11:42:26】
Trackback:(0) | Comments:(0)
ドミノピザで初のインターネット注文
ドミノピザ「クワトロ・カマンベールミルフィーユ」

 土曜日、宅配ピザのドミノ・ピザでピザを注文しました。レビュー・アフィリエイトに申し込んだからってのもあるんだけど、ピザ好きな我が家にはうれしい企画。インターネットから初めて注文してみました。インターネットで注文すると5%割引きされるというのもお得。
 それでドミノ・ピザ (Domino's Pizza)のページに行って、「メニュー一覧」から商品を選びます。ドミノピザといったらやっぱりチーズ。チーズがたっぷりで、その上色々な味が食べられるという贅沢な「クワトロ・カマンベールミルフィーユ」に今回は決定。それで「ネット注文」で早速注文しようと思ったんだけど、気になった「クーポン」のページを開いてみると・・・。ゲームをやってノルマを達成すると、クーポンがもらえるのだそうだ。ゲーム無しでもらえるコカコーラ1Lクーポンもあったけど。それで「ピザ職人ゲーム」をやってみると、結構難しい。最初はコツがわからなくて10回以上失敗したけど、なんとかゲームクリア。そうしたら10%割引きクーポンをもらえました。
 それで初めてだったので、会員登録をして、インターネットで注文。びっくりしたのが10%割引きのクーポンを使うと、インターネット割引き5%に加えて、10%割引きされるので、計15%割引きもされてしまいます。てっきり10%割引きクーポンを使った時点で5%は無しになるものだと思っていたので、うれしい驚き。また、注文も簡単にできました。面白いのは、注文すると今作っているところだとか配達に出発したとかが画面でわかるようになっているところ。ちなみに、注文してから30分以内でちゃんと届きました。インターネット注文は電話と違って相手とのやり取りがないので、きちんと相手に伝わったかが不安なんだけど、混雑してそうな週末の夜20時前後にも関わらずきちんと時間通りに届くのはシステムがちゃんとしているんでしょうね。どんなやり方がされているのかちょっと知りたくなったり。
ドミノピザでお夕飯

 ピザ好きな娘は買い物疲れで熟睡してしまったので、息子の食事画像。ミルフィーユピザはピザの生地と生地の間にもチーズが入っているので、チーズ好きにはたまらないおいしさな上、お腹にもしっかりたまります。Lサイズを頼んだので、4種類の味を1枚ずつ食べたらお腹一杯に。
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

リンクシェア レビュー アフィリエイト
※この記事はリンクシェア・リサーチラボのレビュー・アフィリエイトに参加しています。
ラーメン・グルメ | 【2008-09-22(Mon) 19:22:40】
Trackback:(0) | Comments:(0)
【山梨県北杜市(旧武川村)】薮の湯 みはらし
 まだ夏の旅行で行った観光地の紹介も終わっていないのですが、昨日「薮の湯 みはらし」に行ってきたのでこちらを先に。
 実家の山梨の家の近くを地図で見ると、「薮の湯(藪の湯・大藪鉱泉)」という温泉の記号があって前から気になっていたのですが、検索してみると「甲斐駒ケ岳山麓、大武川沿いに湧く、明治2年に発見された湯治場。胃腸病に効く。カルシウムの含有量が多い。」とのこと(るるぶ.comより。このページに地図もあります)。宿泊しないで温泉だけ立ち寄ることもできそう。前から胃腸が弱かったこともあって、早速行ってみました。
 場所はかなりの奥地です。案内標識が結構あるので、それを頼りに行きましたが、途中、本当にこんなところでいいのかと不安になります。途中まではフレンドパークむかわを目標に行って、その前の広域農道をフレンドパークむかわから見て右側に行くとすぐに川と橋があるので、その橋を渡ったらすぐ川沿いの道に左折。ずーっと行くと案内表示が出てくるので、左折して橋を渡ると道なりで到着、という感じです。こんな説明じゃわからんか。山に川にと自然に恵まれすぎてるような環境なので、山登りとか川で釣りとかをする人が宿泊するには良いのではないかと思います。検索してみると、ペットも一緒に宿泊可とのこと。

【山梨県北杜市(旧武川村)】薮の湯 みはらしの建物

 そんな山奥にある「薮の湯 みはらし」ですが、駐車場から建物はさらに上の方に見えます(写真も撮ったのですが、暗くて良く見えないと思います・・・。左にある木の柵沿いの坂道を登ると、明るい窓のある建物に着くという写真なのですが)。「みはらし」という名前だけあって、高台の上にあるのです。中に入るために少し上り坂を登ります。料金は夫婦と3歳、1歳の子供4人家族で1,500円。大人500円、子供250円の模様。なお、入浴時間は朝6時30分から夜10時まで。立ち寄りの時間もこれなのかわかりませんが。それで料金を支払ったら女将さんから「奥の方で一緒にどうぞ」。最初、何のことやらわからず男風呂に入ろうとしたらまた呼び止められ、奥のお風呂を貸切で使ってよいとのこと。もちろん連絡無しで行った立ち寄り湯でそんな対応を受けて超びっくり。行ったのが連休の最終日でお客さんが少ない日だったからというのもあるけど、それでも貸切にさせてくれるなんて普通無いでしょ。あっても、「別料金1時間5,000円」とか。ありがたく貸切で使わせてもらいました。

【山梨県北杜市(旧武川村)】薮の湯 みはらし

 入ったお風呂はこんな感じ。少なくとももう一室、お風呂はありますが、大きさが同じかどうかとかは不明。こちらは浴槽が二つありますが、温度など特に差はありません。それほど広くはないですが、大人5人くらい入っても十分なくらいでしょう。浴室は新しくはないですが、石造りのためそれも味になっています。脱衣所はちょっと狭かったりして古さを感じさせますが。サウナもありましたが、稼動させていなかったようです。真ん中には水を飲む場所があります。これは何も書いていないのでただの水だと思いますが、水道水より少しぬるめだったので、もしかすると温泉かも。薮の湯は飲んでも胃腸に効くらしいので、そう思いこんで飲みました。でもたぶん違うと思う。
 それで肝心の温泉の方は、特に臭いもそれほど無く、少しなめてみましたがしょっぱかったりもせず、という感じでしたが、私の身体に合っているのかすっきり疲れが取れました。八ヶ岳アウトレットで一日中買い物してかなり疲れていましたが、すぐにむくむ足の疲れも取れたし、湯上りが今までで一番のすっきり感。嫁さんは特に差はなかったみたいなので、私の身体にかなり合っているのでしょう。胃腸が弱いのも関係あるかな?温度は少しぬるめで、長く入れます。
 また、露天風呂は無いですが、「みはらし」というだけあって景色も良さそうです。写真の通り、大きなガラス窓が張り巡らされており景色が見えるようになっています。行ったのが雨の日の夜、という景色を見るのには最悪のタイミングだったので、遠くに黒く見える山と街の明かり、近くは下に飾ってあるお花のプランターとその奥の森、というくらいしか見られなかったのですが、きっと晴れた日の日中なら正面には八ヶ岳、左には甲斐駒ケ岳という素晴らしい景色が見られるはずです(脱衣所にその写真が飾ってあります)。次は晴れた日の夕方までに行こう。
 貸切で使っていたので、帰りに出たことを伝えると、今度はおじさんがチューチューアイス2本を持ってこちらへ。子どもがいたからくれたのかよくわかりませんが、家族4人で湯上りに頂いちゃいました。貸切の件もそうだけど、こういう接客を見ていると宿泊も良さそうだなと思います。きれいなホテルでも大きな色々種類のあるお風呂でもないですが、山奥の秘湯で調子の悪い胃腸を癒しに、なんて考えている方にはおすすめです。
(関連記事:【山梨県北杜市(旧武川村)】薮の湯 元湯鈴木旅館
観光地・遊び場所の感想 | 【2008-09-16(Tue) 17:58:10】
Trackback:(0) | Comments:(0)
自家製米粉の作り方
 今朝のフジテレビ「ハピふる!」でやっていた自家製米粉の作り方です。完全に自分用メモ。

1.お米を洗う。無洗米はそのままで良い。
2.お米を水に1~2時間漬けておく。
3.お米を一晩乾かす。(すぐに米粉を使う場合は乾かさないで良い)
4.お米をミルやミキサー、すり鉢で細かくする。

 米粉って使ってみたいけど、買うとなると結構高かったりするんだよね。これなら手軽に作れそう。古くなっておいしくなくなったお米の有効利用にもなるかも。
 米粉は小麦粉と違いグルテンが入っていないため、天ぷらなどに小麦粉の代用として使うと、あっさりサクサクに作れるとのことでした。
遊び・行動・日記 | 【2008-09-05(Fri) 12:08:46】
Trackback:(0) | Comments:(0)
心臓移植:千葉市の中学2年・岩田天晴君、渡米へ きょうから募金活動 /千葉
心臓が拡張してしまう難病と闘う男子中学生の両親が会見 移植のための募金呼びかけ
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00139830.html

 心臓が拡張し、機能不全に陥る難病の拡張型心筋症と闘う男子中学生の両親が会見し、アメリカで心臓移植を受けるための募金協力を求めた。
 中学2年生の岩田天晴君(13)は、心臓が拡張してしまう難病の特発性拡張型心筋症と診断され、手術を受けて、現在は人工心臓をつけている。
 天晴君は「自転車で坂が登れなかったんですよ」、「(したいことは?)走りたいです。ずっとこれが(人工心臓)ついているので、走れなくて。人工心臓」と話した。
 天晴君は、できるだけ早く心臓移植を受けなければ、生命の危険が迫っている状態が続いている。
 しかし、日本の臓器移植法では、15歳未満の臓器移植は認められていないため、アメリカでの心臓移植を希望し、募金の協力を求めている。
 父親の岩田天植さんは「ぜひとも天晴を普通の生活に戻してやりたい。そのためには、皆さんの助け、支援を受けるしかすべがないので、ご協力よろしくお願いします」と話した。
(FNNニュース 09/03 00:58)


心臓移植:千葉市の中学2年・岩田天晴君、渡米へ きょうから募金活動 /千葉
http://mainichi.jp/area/chiba/news/20080903ddlk12040194000c.html

 ◇特発性拡張型心筋症
 ◇両親の知人ら「救う会」結成
 難病の特発性拡張型心筋症による重症心不全に苦しみ、米国での心臓移植を希望する千葉市稲毛区の中学2年、岩田天晴(てんせい)君(13)を支援しようと、両親の知人らが「天晴くんを救う会」(赤木直人代表、約100人)を結成、手術費用約1億3000万円を目標に募金活動を始める。
 特発性拡張型心筋症は心臓の筋肉が拡張して薄くなる特定疾患で、心臓移植が必要。天晴君は08年2月に発症。現在は補助人工心臓を着け、東京大学付属病院に入院している。
 日本では15歳未満の臓器提供が禁止され、適合する心臓が見つかる可能性は低いため、来年1月にカリフォルニア大学ロサンゼルス病院に入院し移植手術を受ける予定。しかし、健康保険などの公的補助は適用されないため、天晴君の父天植(てんしょく)さん(49)と母智花(ちか)さん(46)の知人らが中心となり同会を結成した。
 県庁で2日、会見した天植さんらは「何度も生死の境をさまよったが、持ち直してきた。天晴は『生きたい』という強い意思を持っている。温かい支援をお願いします」と協力を呼び掛けた。天晴君は「苦しくて眠れない日もある。人工心臓の管の届く範囲でしか動けない。学校に行って友達と遊びたい」と話しているという。
 同会は3日午前9時からJR稲毛駅前で募金活動を始めるほか、県内各地に募金箱を設置。振り込みも受け付けるという。問い合わせ先は同会事務局(電話043・306・1273)。【中川聡子】
(毎日新聞 2008年9月3日 地方版)


 千葉で募金活動が開始されました。13歳の男子中学生で、公式サイトは「天晴くんを救う会」になります。また、この天晴君の父親、岩田天植氏は大阪の北野高校、京都大学、博報堂でラグビー部に所属していたラガーマンだったそうです(ラグビー愛好日記さんより)。正直、私はラグビーは全く詳しくないのでわかりませんが、北野高校は過去全国優勝したこともあるようですし、博報堂も社会人ラグビーで4部あるうちの1部のようですし、結構知られた存在だったのかもしれませんし、そうでないのかもしれません。それはともかく、千葉でお近くの方や同じラグビー経験者、ラグビー愛好者の方など、ご協力を検討してみてはいかがでしょうか。募金振込先など詳細は、公式サイトをご覧ください。

天晴くんを救う会
http://www.tensei-aid.com/

募金関連サイト紹介 | 【2008-09-04(Thu) 18:34:40】
Trackback:(0) | Comments:(0)
【山梨県北杜市(旧長坂町)】北杜市オオムラサキセンター
 夏の休暇の後半は、いつも通り山梨に行ってきました。それで今回、最初に行ったのが、北杜市オオムラサキセンター。結論から言うと、幼児でもそれなりに楽しめ、小学生以上、特に小学生の夏休みの自由研究とかに良さそうな施設でした。大人でもかなりためになります。それと、ちゃんと調べてから行けばよかったんだけど、オオムラサキのシーズンは7月上旬から中旬のようで、8月中旬では遅すぎたようです。オオムラサキ目当ての方は、事前に連絡してから行った方がよいかも。

北杜市オオムラサキセンター 木馬

 これは駐車場からオオムラサキセンターに向かう道にある木馬。今回は時間が無くて行けませんでしたが、オオムラサキセンターはオオムラサキ自然公園というかなり広い公園の中にある一施設です。この公園を全て見たら、おそらく一日では足りないくらいなはず。以前は、テレビ東京「TVチャンピオン」で放映されたツリーハウスという木の上に作られた家を公開していたようですが、現在は公開は終了しているようです(下からは見られるのかも?)。
 オオムラサキセンターの入場料は大人400円、小中学生200円。入口近くに受付があるのですが、目立たない上に、受付の手前とかに水槽やら何やら色々置いてあるので、支払うのを忘れそうになります。施設の方も積極的に言う感じでは無いので、入場料を支払わずに入ってしまった人もいそう。。。

北杜市オオムラサキセンター 雑木林の生態

 入館して最初に目に付くのが、雑木林の四季の展示。キツネやタヌキ、ネズミなど動物の模型(っていうのかな?)とともに、わかりやすく説明が書かれていて(画面を押すとその説明がされるものもあったり)、大人でも結構楽しく勉強できます。この四季の展示の横には、大型モニターのある部屋も。一定間隔でオオムラサキの生態とかを上映しているようです。

北杜市オオムラサキセンター パソコンでクイズ

 パソコンでクイズ。大人でも結構難しい問題。こういう楽しみながら勉強できる装置が色々あるのが良いところです。そういう点でも、小中学生に良さそう。
 この横に行くと、全国各地のオオムラサキの標本や、カブトムシやクワガタ、あるいは変わった昆虫など様々な標本が置かれているスペースがあります。標本を痛めるため撮影不可とのことでしたので画像はありませんが、葉っぱにしか見えないトンボや枝にしか見えないナナフシ、世界各地の蝶やカブトムシ、クワガタなどかなりの数が展示されています。クイズが書かれた引き出しがあって、それを開けると答えの標本が出てきたりなど、ここでも楽しめる試みもされています。

北杜市オオムラサキセンター びばりうむ長坂

 通路を通って、別館?を抜けていくと、「びばりうむ長坂」という部屋というか施設に着きます。鉄骨ネット張りの施設の中に、長坂の自然が再現されており、オオムラサキはじめ様々な生物が見られるというものです。なお、オオムラサキは、自然界では成虫になる確率が1%前後ですが、ここでは天敵の鳥から守られているため、6割も成虫になるとのこと。そのため、最盛期にはかなりの数が飛んでいるそうです。ただ、前に書いたとおり、今回は時期が少し遅かったためオオムラサキを見ることはできませんでしたが、山の奥とか長い距離とかはなかなか難しい小さな子どものいる家族にとっては、こういう手軽に自然を見られる施設というのはありがたいものです。

北杜市オオムラサキセンター びばりうむ長坂に飛んでいたカラスアゲハ?

 当日飛んでいたのは、このカラスアゲハの一種?と普通のアゲハチョウ。今度は7月の連休あたりに行こう。
 このびばりうむ長坂の手前の別館らしきところには、クワガタ対カブトムシのビデオが流されていたり、塗り絵コーナーがあったり、ピアノとか遊び道具が置かれていたりする部屋があります。子どもを目の届く範囲で遊ばせつつ、大人は座って休憩、という感じでしたが、そこに海外のクワガタとかカブトムシとかもかなり(無造作に)飼育されています。こちらにとっては身近に見られて良いのかもしれませんが。
 ちなみに、このオオムラサキセンターの駐車場の道を隔てた向かいには、カブトムシやクワガタを売っている露店がありました。小中学生の男の子がいたら、「買って」と言われること請け合いです。それ以前にお父さんも子供心を取り戻して、買いたくなっているかもしれませんが。
観光地・遊び場所の感想 | 【2008-09-02(Tue) 16:26:22】
Trackback:(0) | Comments:(0)
【神奈川県箱根町】箱根小湧園 ユネッサン
 熱海の後に行ったのが、この箱根ユネッサン(8月12日)。宿をチェックアウトしてから向かって、駐車場に到着したのが確か10時半くらい。既にユネッサンに近い第一駐車場は満車で、少し遠い第二駐車場に駐車。そこからバスを待って、ユネッサンに向かうことに。で、このバスは結構狭いです。路線バスのような大きなバスではありません。浮き輪とか荷物とか結構あったので、乗るのが大変でした。特に、帰りはお土産も買ったところ、座れたのは補助席。子どもも膝の上にいるのに辛かった。このバスに乗る時間はおそらくたった5分程度だと思いますが、結構きついです。これで疲れ果てたため、ユネッサンの正面で撮影するのとか忘れた。
 それで到着すると、受付に向かいます。事前に嫁さんがパスポートの前売り券を買っていたので、長蛇の列を避けて入場、かと思いきや、前売り券を買っていても列に並んで受付をしなくてはなりません(とはいえ、前売り券を買っておいた方がお得なことは確かですが。ユネッサン正面のコンビニでは買えたりしないかな?)。よく見てみたら、3歳から子どもの入場券も必要なので、子どもの分だけ買って、ロッカーの鍵を受け取って、やっと入場。ここまでで一時間くらいかかったかも。
 ロッカーの鍵は、普通の鍵ではなく、リストバンド自体となっています。パスモとかスイカとかみたいに、近づけると鍵が開きます。ちなみにオートロックではなく、もう一度鍵を近づけないと閉まらないため、閉め忘れがかなり多そう。なお、便利なのは、このリストバンドで支払いもほぼ全てできるところ。飲み物を買ったり、食事をしたりもできるため、お財布を持たなくてもよいというのがありがたいところだし、ついついお金を使ってしまうところでもあります。ちなみに、子ども用のリストバンドには、鍵の機能もお財布機能も付いていません。
 中は水着で遊ぶアミューズメントスパゾーン「ユネッサン」と、裸でゆったり楽しむ和風情緒あふれる温泉ゾーン「森の湯」に分かれています。最初はやはりユネッサンへ。
 一番子どもが遊んだのは、ボザッピィのジャングルジム。小さな滑り台があったり、水が落ちてきたりしていて、娘も楽しんでいました。それと、夏季限定のKIDS PARK。床から水が飛び出すところがあって、その水を踏んだりして遊んでいました。結構大きな子どもも一緒に遊んでいたかな。あとは入ったところにある神々のエーゲ海というジャグジーのある大きめのプールくらいなので、我が家のような幼児のいる家庭にはちょっと早かったかなというのが正直な感想。もちろん楽しんだんだけど、高いお金と時間をかけてまで行く価値があるかと考えると微妙。もうちょっと、小学生くらいまで大きくなってからなら良かったかもしれないけど。カップルにはおすすめ。たぶん。
 あと、失敗は浮遊風呂。塩分が多くて浮かぶっていうのだけど、子どもは体積が少ないからか浮かばないし、塩分が濃すぎて肌がヒリヒリするし、それを洗い流すためのシャワーは並ぶしで、入って後悔。また、入りたかったドクターフィッシュの足湯は、人気がありすぎて毎回長蛇の列。子どものいる家庭ではあんな列は並べないので断念しました。それと、大きな滑り台(ウォータースライダー)、ロデオマウンテンは身長110cm以上からで、子どもは駄目だったので、私もやめておきました。でも、かなり滑るのも長くて、途中で曲がったりもしていて、ラグビーでもやっていそうな大人の外人さんとかも楽しんでやっていました。一回くらいやっておけばよかったと後悔。ただ、寒い冬場に外でというのはどうなんだろう?滑り出せば温水だからいいけど、並ぶ時は外だし・・・。
 また、ユネッサンの中に、水着で楽しむ渓谷の露天風呂ゾーン「湯~とぴあ」というものがあります。階段を登っていくと、緑茶風呂やワイン風呂、コーヒー風呂、酒風呂など様々な露天風呂が点在しています。色んなお風呂に入れるのは楽しいのですが、階段が結構長くて疲れる・・・。それと、ワインを入れる時間帯とかは大混雑になり、満員電車のようになっていました。ちなみに、温度はぬるめで、身体を洗ったりシャンプーしたりはできません。露天風呂ゾーンといっても、これでお風呂を済ませてしまうということはできません。当たり前か。
 昼食は、無料休憩所あじさいというところにある軽食屋さんで。私はカレーを食べたけど、そのときカレーフェアみたいなことをやっていて、6カ国・地域くらいのカレーが販売されていました。写真がかなりおいしそうだったので頼んだけど、写真ほどではないにせよ悪くはなかったかな。ちなみにレストランはもっとたくさんあるんだけど、どこにどれがあるのかがよくわからなかった。
 昼食後も遊んでしばらくしてから、「森の湯」へ。一度ユネッサンのロッカーへ戻って、荷物を取って森の湯のロッカーに向かうのですが、忘れ物に要注意。バスタオルとかは持ったんだけど、着替えを持っていかなくて、もう一度水着を着る羽目に。そんなの俺だけか。広い施設だからしょうがないのかもしれないけど、ゆーぷるにらさきみたいに更衣室は一つで、そこからユネッサンと森の湯どちらも行けると便利なのに。
 森の湯には、内湯、檜風呂、露天風呂、樽風呂(露天)、それにサウナがあります。内湯も結構広く、露天風呂も段々にいくつもあるため、混んでいる日だったので相当人数はいるはずなのですが、ゆったり入れました。ただ、一人か二人しか入れない樽風呂は人気で、いつもすぐに埋まっていましたが。
 湯上りには花畑牧場ユネッサン店の生キャラメル味ソフトクリーム。特段凄いわけではないけど、普通においしい。9月一杯までの期間限定みたいですが、話の種に食べてみる価値はあると思います。ちなみに、森の湯の方にも塩ソフトクリームとかありました(が、短時間でソフト2つはお腹をこわすのでやめました)。
 それでお土産物屋さんでお土産物を買って(ありがちですが、帰り道はお土産物屋さんを通るようにできています)、あのバスに乗って駐車場へ行って帰宅。ちなみに帰り道は箱根のインターまで渋滞でした。逆側も早い時間帯は混んでいるはずなので日帰り等の予定の方は要注意。全般的に楽しかったことは確かなんだけど、コストパフォーマンスを考えると、小さな子どものいる家庭がわざわざ箱根まで行くほどかなぁという感じ。渋滞とか待ち時間とかも含めるとね。もっと大きくなって、ロデオマウンテンを滑れるようになったり、コーヒーだとか色んなお風呂の意味もわかったりしたら楽しめるだろうし、他に箱根に行く用事があるとかなら良いとは思うんだけど。

箱根小湧園 ユネッサン「龍の水辺」

 ロデオマウンテンの隣にある「龍の水辺」。滝が流れています。中に行くと、水滴がきれいな「ふしぎな洞窟」があります。そういえば書いてなかったけど、どれも温水です。雨も少し降るような涼しい日だったので、水の中にいた方が快適だったり。

箱根小湧園 ユネッサン「KIDS PARK」

 「KIDS PARK」の床から水が飛び出すところ。他にも小さな滝みたいなのもあったかも。でも、「KIDS PARK」だけは夏季限定のため、水が冷たい!

2016.8.30追記
 ユネッサンに久々に行ってきました。上の文章を書いた後にも1回ぐらい行っていますが、それでも5年ぶりぐらいかな。今年はめちゃイケ温泉 小涌園のわき園がオープンしていました。色々おもしろく作ってはありましたが、行く前の各所に「日本一面白い温泉」とたくさん書いていて、行ってみるとそれは言い過ぎじゃないかなぁと思ったり。まあ、他の温泉は面白さを競ったりはしていないので、実際日本一面白い温泉かもしれませんが、あまり期待しすぎるとという感じもしないでもないかも。
 以前と大きな違いが、外のスペースが大幅に減ったこと。水着で楽しむ渓谷の露天風呂ゾーン「湯~とぴあ」が丸々無くなって(新たにホテルを建設中)、そこにあったワイン風呂など一部が室内に入っています。前は歩いてお風呂巡りをするだけで結構な時間を使いましたが、今はあっさりとすぐ見終わってしまいます。
 ということで、昼過ぎに着いたのに、16時前には帰ることになりました。値段も結構高いのに(たぶん)そのままで、ここまで規模縮小になってたら、もう次はここを目的に来ることはないかなと思いました。
観光地・遊び場所の感想 | 【2008-09-01(Mon) 17:58:08】
Trackback:(0) | Comments:(0)
Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する