< 【お台場】DMM.プラネッツ kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

【お台場】DMM.プラネッツ
【お台場】DMM.プラネッツ

 14日(日)、お台場に行き、DMM.プラネッツを見てきました。18時からのナイトチケット1000円を買い、30分前から並びましたが、すでにかなりの列。18時に中に入れたと思ったらそこからもかなりの列で、結局入れたのは19時半近くになってしまいました。プライオリティチケットを買えばすぐに入れるようですが、プラス1500円かかるのを考えると・・・。

【お台場】DMM.プラネッツ

 まずは「Wander through the Crystal Universe」。紐がたくさんぶら下がっていて、そこにたくさんのライトが付いていて、色が変わったりしてきれい、という部屋です。こう言ってしまうとあんまりな感じになりますが、とってもきれいです。自分的には一番見ていてよかったと思いますし、撮影ポイントでもあります(写真撮影はフラッシュを焚かなければ全館可)。部屋の中から見ているのもいいし、外から見るのもきれいです。どこも時間制限とかも無いようなので、ゆったり楽しみたいところ。

【お台場】DMM.プラネッツ

 続いて、「人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング - Infinity」。膝下ぐらいまでの水の中に入ります。水の中に花や鯉が描かれ、動いていてきれいではありますが、芸術性というのはよくわかりませんでした。ホームページを見ると、鯉によって線が描かれるとか鯉がぶつかると花になるとか書いてありますが、人が多すぎるからか鯉がぶつかって花になったようには見えなかったですし、線もよくわかりませんでした。ここは暗くて、フラッシュ無しでの撮影はかなり困難です。

【お台場】DMM.プラネッツ

 花の中を鯉が泳いでいます。

【お台場】DMM.プラネッツ

 最後に「Floating in the Falling Universe of Flowers」。プラネタリウムのような球面の天井に花が描かれていて、スマホで蝶を飛ばすことができるというもの。なんだけど、これも人が多すぎるので、どれが自分が飛ばした蝶なのかがよくわかりません。まあそれはともかく、天井全面にきれいな光景が広がっているというのはなかなかでした。ここは更に真っ暗で、よほどのカメラでないと撮影は困難です。
 ということでまず言えるのは、きちんと調べてから行った方がいいこと。私は何だかわからずに連れられて行きましたが、あとからホームページを見て「こういうことかぁ」と思ったりしました。また、並んでいるときにスマホにQRコードを読ませて、公式アプリ(?)を見られるようにしておくこと。中に入ってからやろうとしたら、暗くてQRコードを読み込めず、結局嫁さんのを借りて蝶を飛ばしたりしてました。さらに、濡れるので男性は短パンにサンダルとかが便利です。女性はミニスカートは避けた方が。最初の「Wander through the Crystal Universe」の部屋は、床が鏡張りです。気をつけましょう。
 30分程度見て、退出。色々書きましたが、1000円で見られるならとてもよいと思いますし、かなりの列になるのもよくわかります。ただ、できれば人が少ない中で見てみたいと思いますが、お台場で期間限定でやっている限りは難しいだろうなぁ。


観光地・遊び場所の感想 | 【2016-08-19(Fri) 12:52:56】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する