< 【神奈川県箱根町】箱根ホテル小涌園 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

【神奈川県箱根町】箱根ホテル小涌園
【神奈川県箱根町】箱根ホテル小涌園

 8月6、7日と箱根に行ってきました。一つの目的地が箱根ユネッサンだったため、今回の宿泊は箱根ホテル小涌園へ。宿泊に朝晩はバイキング、ユネッサンのチケット付きで、子どもは添い寝の安いプランにしました。週末でしたが家族4人で46,600円。思ったより安いと思いますが、子ども2人は添い寝扱いのため食事は現地で申し込む必要があり、ユネッサンのチケットももちろん付いてきません。その点、どのぐらいになるかも不安が。
 部屋は添い寝プランでスタンダードツイン20㎡の部屋のため、広くはありません。それは承知していたので問題なし。ベッドはシングルではなくセミダブルぐらいあり、添い寝でも十分。我が子は結構大きいのですが、こんな時、二人とも甘えん坊なのがありがたかったり。隣の音などは特に気になりません。
 夕食はバイキング。子どものバイキングと大人のお酒飲み放題、子どものソフトドリンク飲み放題を追加。追加料金は全てチェックアウト時に回せます。
 バイキングは、種類がかなり豊富です。ローストビーフやお寿司、エビの鉄板焼き、天ぷらなど色々です。細かく言うと、ローストビーフの肉がもうちょっと柔らかかったらとか、お寿司のネタがもうちょっと種類が多かったらとか、天ぷらに野菜以外のエビとか何かあればとか言いたいところもありますが、それ以外にも種類が豊富なので満足感はかなりあります。
 ただ、ホームページを見ると、税抜きで大人5,240円、子ども2,860円。今回、大人の分は宿泊の中に入っていて見えませんが、これが観光地じゃなかったら、大人3500円ぐらいで飲み放題入れて5000円以内ぐらいじゃないかなというのが正直なところ。十分満足はできますが、過大な期待は禁物です。
 アルコール飲み放題は、ビール、ハイボール、サワーを自分で作って飲めます。他にもあったかも。サワーの味は6種類ぐらいあったかな。子どもは、実はバイキングを注文したのでソフトドリンク1杯無料ででてきますが、我が家はいつも3杯は飲むため、飲み放題も追加しました。

【神奈川県箱根町】箱根ホテル小涌園

 朝食もバイキングへ。夕食は時間を予約する形式でしたが、朝食は来た順に入る方式です。混むと思い、7時半前に行きましたが、かなり混雑。帰りの8時過ぎには順番待ちになっていました。
 朝食も洋食から和食まで色々あります。フレンチトーストはその場で作っていました。こちらはコーヒー、牛乳とアセロラジュースなどの飲み放題も付いてきます。グラノーラやシリアル、ヨーグルト、フルーツなどたくさんあって、朝からパンパンになるまで食べてしまいました。
 ちなみに庭が散歩によさそうと思って行くつもりでいましたが、3階から外に出て、行くのだそう(入口・ロビーは5階、斜面に建っています)。知らずに外に出てしまったために行けずに残念でした。近くにはファミリーマートがありますが、それ以外はあまり見るところはなさそう。
 また、今回、宿泊前にユネッサンに行きました。部屋に入ることはできませんが、車や荷物は預けて行けます。
 ということでチェックアウト時の支払いは、約6万円。予約時から13000円ぐらい上がりました。子どもの夕食バイキングとソフトドリンク飲み放題、朝食バイキング、それに大人の夕食時のアルコール飲み放題の分になります。8月の週末でユネッサンのチケット付きなのでこんなもんかなとは思いますが。
 なお、公式サイトで予約するとほんの少し安くなったりするようですが、「公式サイト限定」と書いてあるものも、じゃらんや楽天などでも同じプランがあるようです。我が家も、最初に公式サイトで予約しましたが、じゃらんでも同じプランがあるのを後で知り、公式サイト予約を取り消して、じゃらんで予約して、リクルートポイントを23000円分使いました。

観光地・遊び場所の感想 | 【2016-08-30(Tue) 07:16:39】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する