< 18年W杯アジア最終予選 UAE2−1日本 日本に暗雲、初戦黒星 チャンス生かせず kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

18年W杯アジア最終予選 UAE2−1日本 日本に暗雲、初戦黒星 チャンス生かせず

18年W杯アジア最終予選 UAE2−1日本 日本に暗雲、初戦黒星 チャンス生かせず
http://mainichi.jp/articles/20160902/ddm/035/050/145000c
 サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選が1日、各地で始まり、6大会連続6回目の出場を目指すB組の日本(国際サッカー連盟ランキング49位)は埼玉スタジアムでの初戦でアラブ首長国連邦(UAE、74位)に1−2で逆転負けし、黒星スタートとなった。
 W杯に初出場した1998年大会以降、02年日韓大会(予選免除)を除き、日本が最終予選の初戦で敗れたのは初めて。 (以下省略)
(毎日新聞2016年9月2日)

 明らかにおかしいジャッジが多数あって、とてもイライラした試合でした。これが中東でのアウェーでやられたのなら仕方が無いとも思うけど、ホームでだからなおさら。息子と見ていましたが、説明がしにくくて子どもには見せない方がよかった試合だったかも。
 ただ、おかしなジャッジの一方で、UAEの前線のテクニックとスピードを捉え切れていなかったのも事実。2点目のPKは3人がかりで囲んだのに取れず、最後相手に抜け出されてしまったもの。ラインに出る前にうまく足に引っかかる技術もありましたが、それをやられる前に取らなきゃいけない場面でした。それ以外にも相手の単純な縦パス1本をドリブルで簡単にペナルティエリア付近まで運ばれピンチになる場面が多く、バックラインに不安の残る内容でした。
 前線は、もっとサイドを使わないとと思って見ていましたが、両サイドとも良い位置にいてもなかなかパスが来ないのはまだ信頼を得ていないからかなぁ。左サイドの酒井高徳が長友の代わりで入っていましたが、効果的なクロスを上げたりなどそれなりにうまく機能していたと思います。一方、右サイドはもうちょっとクロスの質を高めてもらわないと。長友が戻ってきたら、酒井高徳が右に入るのかもしれませんが。
 あと、香川の使い方が難しいなと思いました。前線のいい位置で受け取って一瞬輝くときがあるんだけど、それ以外の場面では消えていました。FWならそれでいいんだけど、中盤がそれではちょっと厳しいなと。岡崎は替えずに、香川を浅野と替えた方がよかったんじゃないかなぁ。
 ということで初戦敗退し、かなり厳しくなりましたが、うまく修正してワールドカップ出場を果たしてほしいものです。

ニュース | 【2016-09-02(Fri) 07:20:34】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する