< サッカー、日本はタイに2―0で初勝利 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

サッカー、日本はタイに2―0で初勝利
サッカー、日本は2―0で初勝利
http://www.asahi.com/articles/GCO2016090601002074.html

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選は6日、各地で第2戦が行われ、6大会連続出場を目指すB組の日本はバンコクでタイに2―0で勝ち、初勝利を挙げた。前半18分に原口(ヘルタ)のゴールで先制し、後半30分に浅野(シュツットガルト)が突き放した。
 国際サッカー連盟(FIFA)ランキングで49位の日本は1勝1敗の勝ち点3とした。同120位のタイは2連敗。W杯予選での対戦成績は日本の5戦全勝となった。
 日本は10月6日に埼玉スタジアムでイラク、同11日にメルボルンでオーストラリアと対戦する。
(朝日新聞 2016年9月6日23時26分)


 勝ったには勝ったけど、ワールドカップ出場は厳しいかなと思ってしまうような内容でした。それぐらいひどかった。
 本田は調子が悪く途中交代。本田の場合は良い時もかなりあるので、疲れが溜まってたりなのかなと思いますが、問題は香川。ここ最近、代表で良い時を見たことがありません。この日は相手が格下のタイだから何とかなりましたが、中心メンバーがこのままではオーストラリアや中東勢にはかなり苦戦するのではないかと思います。
 もう1つ厳しいのが采配。後半早い時間から相手の守備の足が止まってきたのに、終盤まで途中交代をせずに追加点のチャンスを逃してしまっていました。あそこまで足が止まっている相手に後半1点しか奪えないというのは惨めな状況でした。
 また、先発メンバーの交代が功を奏したように報道されたりもしていますが、原口はともかく、浅野と山口はなぜ入れたのかよくわかりませんでした。格下で引いて戦ってくることがわかっている相手に、なぜ守備型の山口を長谷部と並べるのか意味不明でした。そこまで守備陣を信頼できないということでしょうか。また、浅野は点を決めましたが、引いてくる相手に最初から使うタイプではなく、途中バテてきたところで交代して使いたい選手だと思います。それぞれ調子がよく活躍はしていましたが、何となく練習試合みたいな使い方だなと思いました。

ニュース | 【2016-09-07(Wed) 21:06:09】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する