< 逗子ストーカー殺人、住所漏洩した市は賠償額争う姿勢 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

逗子ストーカー殺人、住所漏洩した市は賠償額争う姿勢
逗子ストーカー殺人、住所漏洩した市は賠償額争う姿勢
http://digital.asahi.com/articles/ASJDP4HBSJDPULOB019.html

 神奈川県逗子市で2012年に起きたストーカー殺人事件で、被害者の三好梨絵さん(当時33)の住所を元交際相手の男=事件後に自殺=側に漏らした市を相手取り、三好さんの夫(46)が1千万円の慰謝料を求めた訴訟の第1回口頭弁論が26日、横浜地裁横須賀支部であった。市側は答弁書で情報漏洩(ろうえい)があったことを認めつつ、賠償額について争う姿勢を示した。
 訴状などによると、12年11月5日、市納税課職員は夫を名乗って問い合わせてきた探偵の男に対し、本人確認や閲覧制限の有無の確認を怠ったまま電話で住所を伝えたとされる。住所は元交際相手に伝わり、殺人事件が起きた。原告は、市職員の行為は地方公務員法の守秘義務違反にあたり、梨絵さんが精神的苦痛を受けたと訴えている。
 逗子市は弁論後に開いた記者会見で「情報漏洩によって被害者の死亡まで予測することは難しい」とコメントした。

■「頼った機関に裏切られた」
 「住所は命に関わる情報だった。市役所には、情報が漏れることの重みをもう一度よく考えて欲しい」
 殺害された三好梨絵さん(当時33)の夫(46)は、提訴に踏み切った思いをそう話す。
 逗子市納税課から元交際相手の男側に住所が漏れていたことを知ったのは、事件から約1年後。ストーカーから身を守るため、三好さんの住所には閲覧制限がかかっていたが、職員は確認していなかった。「頼った機関に裏切られたことを知れば、妻はどう思うだろうか」。事情がわからないまま突然現れた男に命を奪われた妻の心情を、夫は考え続けてきた。
 昨年1月、住所を聞き出し、伝えた探偵の男2人に有罪判決が言い渡され、平井竜一市長ら市側から謝罪を受けた。ただ、「いくら誠意が伝わってきたとしても、司法の判断を受けてもらわないと妻が浮かばれない」。そう考えたという。
 事件から4年。ストーカーや家庭内暴力から逃れようとする被害者の居どころが、行政から漏れるミスは絶対になくさなければならないと願う。
 今でも毎日、妻の遺影を置いた仏壇に線香をあげ、手を合わせる。判決は妻の墓前で報告するつもりだ。
(朝日新聞 2016年12月26日12時13分)

 “逗子市は「情報漏洩によって被害者の死亡まで予測することは難しい」”とのことですが、生命に差し迫った危険があるからこそ閲覧制限を求めたのでしょうし、殺人など重大な事件となる可能性があるからこそ閲覧制限ができるようになっているのではないでしょうか。最終的には公費を支出することになるので裁判が必要なことはわかりますが、殺人事件が発生したという結果が既に出ている後にこんなコメントを出してしまうような感覚では、第二、第三の事件が起きないか心配してしまいます。

ニュース | 【2016-12-26(Mon) 21:25:30】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する