< 【群馬県草津町】西の河原公園・西の河原露天風呂 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

【群馬県草津町】西の河原公園・西の河原露天風呂
【群馬県草津町】西の河原公園・西の河原露天風呂

 2日目、子どもたちが草津国際スキー場でのスキーレッスン中に行きましたが、まず西の河原公園の場所がよくわからず大きなタイムロスをしてしまいました。スキーの後、ホテルビレッジまでバスで戻り、ホテルからバスで湯畑まで行こうと思ったら待ち時間が長くなりそうで、それで調べたらスキー場の近くと判明。結局、車でスキー場の駐車場に駐め、歩いていきました。
 位置的には、湯畑とスキー場の間あたりにあります。湯畑からだと上り、スキー場からだと下っていきます。今回はスキー場の駐車場に駐めたので、下りから。ハイキングコースのような道を歩いていくと、まず川沿いに見えたのが西の河原露天風呂。噂では聞いていましたが、かなり開放的・・・というか、男湯が丸見えです。当たり前ですが、女湯の方は全く見えませんのでご安心を。
 更に下っていくと、ところどころに小さな池のような水たまりがあり、そこから湯気が立っています。触ってみると、温かい。足湯としても入れるようです。この時はタオルを持っていかなかったため、入らず。川もそうですが、特に水たまりの部分は川石が温泉成分でかなり変色していて、ちょっと異様な光景です。
 露天風呂から公園の入口(湯畑側)までは徒歩5分かからないぐらい。それほど広くはありません。その後、湯畑まで歩いていきましたが、途中にはお土産物屋さんがたくさん。お饅頭をくれたりするお店があったりなど歩いていても飽きません。スキー場から露天風呂までの道は寂しい限りなので、湯畑方面から行くのが通常でしょう。

 子どもたちがスキーレッスン終了後、もう一度行って、今度は西の河原露天風呂に入りました。大人600円、子ども300円。シャワーなど洗い場は無しで、露天風呂に入るだけと考えるとちょっと高い気もしないでもないけど、観光スポットだから仕方がない。
 入るときには、「成分が強いので、子どもは長湯しないように」と言われます。子どもは大丈夫でしたが、お父さんは出た後、弱くなっていたお尻の一部がちょっと痛くなりました。基本的に温泉では外した方がよいと思いますが、ここは特に、指輪やネックレス、時計など付けて入らない方がよいようです。ロッカーは100円が必要なタイプ。
 露天風呂は、とにかく広いです。更衣室からすぐ湯船があり、端まで行くには湯船の中を歩いていく必要があります。温度は熱めでしたが、広いため場所によって温度差があります。ジャグジーなどはありません。ゆっくり浸かって、といきたいところでしたが、子どもと一緒だったので飽きてしまって、15分ぐらいで出てきました。

【群馬県草津町】西の河原公園・西の河原露天風呂
 露天風呂あたりから湯畑方面へ公園を見た画像。ところどころに湯だまりがあります。この時点では雪が少し降っていたので入っている人はいませんでしたが、帰りには団体客が足湯をしていました。

【群馬県草津町】西の河原公園・西の河原露天風呂
 湯畑方面の公園入口付近から。湯畑方面から露天風呂までの道は、歩道がちゃんと整備されています。露天風呂からスキー場側駐車場までの道は、通る人も少ないからか雪道でした。

【群馬県草津町】西の河原公園・西の河原露天風呂
 公園内にある草津穴守稲荷神社。朱色の鳥居が連なって、ここも撮影スポットです。

【群馬県草津町】西の河原公園・西の河原露天風呂
 スキー場側駐車場に行く道から露天風呂を見た画像。木の壁で囲まれた中が露天風呂です。この画像は、人が見えないようにちょっと上の方から撮りましたが、もう何mか下ると人も裸もはっきりわかるぐらい、男風呂が近くから見えてしまいます。(露天風呂に入ってみると、木の壁の裏側に人がたくさんいました。外から見えないところで入っている人がやはり多いようです)


観光地・遊び場所の感想 | 【2017-02-09(Thu) 21:26:04】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する