< 携帯、ヘッドホンは禁止 自転車の運転で新ルール kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
携帯、ヘッドホンは禁止 自転車の運転で新ルール
携帯、ヘッドホンは禁止 自転車の運転で新ルール(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/071227/dst0712271214008-n1.htm

 自転車運転のルールづくりを進めていた警察庁の有識者懇談会(座長・吉田章筑波大教授)は27日、走行中の携帯電話、ヘッドホンステレオの使用禁止、保護者が幼児を乗せる際はヘルメット着用を義務付けることなどを盛り込んだ報告書をまとめた。
 報告を受け、警察庁は年度内にも自転車運転のマナーなどを定めた「交通の方法に関する教則」(国家公安委員会告示)を改正する方針。
 有識者懇談会は、改正道交法で車道通行が原則とされる自転車の歩道通行が一部認められたことを受け検討に着手。報告書では「自転車は車両であり、車道通行が原則であることを教則で明示した上で、車道などの通行方法や歩道を通行できるケースを規定すべきだ」と指摘した。
 運転中に禁止、注意すべき事項として、携帯電話やヘッドホンステレオ使用のほか、歩道でむやみにベルを鳴らさないことや、雨天の場合は傘ではなく、雨がっぱを着用することなどを挙げた。
 自転車が歩道通行できるのは、道路工事や駐車車両などのため車道通行が困難な場合のほか、自動車の交通量が多く、接触の危険がある場合とした。
 その上で、歩道では徐行し、警察官の指示があったり、歩行者の安全を損なう恐れがある場合は、自転車を押して歩くなどとした。

 車をよく使う者なら誰でも、危ない自転車運転に遭ったことがあるのではないでしょうか。このような自転車運転の規制強化には基本的に賛成ですが、逆に、ちょっと足りないところもあるように感じます。
・走行中の携帯電話の使用禁止・・・当然。若い高校生とかでも、携帯で電話しながら運転していて、フラフラしているのをよく見かけます。運動神経の良い若者でもそうなのだから、年配の方の場合は更にフラフラ。どんどん取り締まってほしいと思います。
・ヘッドホンステレオの使用禁止・・・ヘッドホンステレオをしながら運転している人もよく見かけますが、周りの音が聞こえなくなって、後ろから車が迫っているのに車道を横切ったりなどしている自転車を何度か見ました。やはり危ないので、規制すべきでしょう。
・保護者が幼児を乗せる際はヘルメット着用を義務付ける・・・義務付けるのはいいけど、二人の幼児の親としては、着用は当然のことではないかなと逆に思ってしまいます。なお、ヘルメットを着用していたからといって、幼児の場合は必ず衝撃を吸収できるというものでもないそうです。着用しないよりはずっとマシだが、着用しても大怪我するケースもあるそうで、ヘルメットがあるからといって安心できません。なお、横に自転車を倒すケースがほとんどだと思いますが、一度倒してしまった保護者は二度三度繰り返すケースが多いそうです。
・歩道でむやみにベルを鳴らさない・・・余計なお世話、という気がしないでもないけど、きっとたくさん鳴らすような人からの苦情とかもあるんでしょう。基本的に歩道は歩行者優先だからベルを鳴らすのはおかしいということなのかもしれませんが、「後ろに自転車がいるよ(気をつけて)」という意思表示の場合もあるので、一概にベルを鳴らすのが悪いとも言い切れません。何より「むやみに」が主観的過ぎて、どう警察官が判断するかが微妙なような。
・雨天の場合は傘ではなく、雨がっぱを着用する・・・携帯電話と同じく、片手運転は駄目ということだと思いますが、自転車に傘を取り付ける器具とかあるので、それを使うのは駄目なんでしょうか。雨がっぱだと顔がずぶ濡れになってしまうので、それもまた運転に支障が出そうな気がします。
 以上が今回の改正っぽいですが、自動車によく乗る者として物足りないなぁと思うのが、スピードの出る自転車の規制。スポーツ用の自転車と言うのでしょうか。自動車ほどはさすがにスピードは出ませんが、20~40km/h程度のスピードは出ていると思います。車道を走っており、邪魔なことはよくありますが、自動車側からしたら危ないようなことはほとんどありません。ですが、歩行者にはとても危ない光景を頻繁に目にします。「普段は車道を走る車だけど、都合のよいときは歩道を走る自転車になる」という感じで、ずーっと車道を走っておきながら、赤信号になっても横断歩道を突っ切ります(車道と横断歩道のみの信号の場合や、スクランブル交差点。T字路も信号によってはある)。歩行者は信号が青になって、自動車も全て止まっているので、安心して横断歩道を渡っているのに、それをすり抜けるように猛スピードで自転車が通り抜けていきます。自転車とはいえ、20~40km/hのスピードですから、万が一歩行者にぶつかったら一大事です。信号違反で取り締まれるのでしょうが、ほとんど取り締まられていないようで、かなり頻繁に同じような光景を目にします。取り締まってほしい、という程度しか考え付きませんが、是非お願いしたいところです。


ニュース | 【2007-12-27(Thu) 19:26:27】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。