< キムタク総理『CHANGE』と飯島勲 元総理秘書官 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

キムタク総理『CHANGE』と飯島勲 元総理秘書官
キムタク総理『CHANGE』特別版、視聴率20.9%と支持率回復
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080623-00000023-oric-ent

 木村拓哉が総理大臣を演じるフジテレビ系ドラマ『CHANGE』第7回が23日(月)、15分拡大SPと銘打って放送。ビデオリサーチの調べで視聴率20.9%(関東地区・世帯視聴率)を記録したことが、分かった。サブタイトルが「衝撃の結末!! 消えた総理」となっていただけに、注目度も高まっていた。
 4月期の連続ドラマとしては異例の1か月遅れで5月12日にスタートした『CHANGE』。政治にまったく興味の無い小学校教師が、ひょんなことから政治の世界に引きずり込まれ、自身の思惑をよそに首相に任命されてしまうという物語で、木村拓哉がその主役を演じる。また、深津絵里、阿部寛、寺尾聰らの演技もキムタク総理を支える。
 初回視聴率は23.8%。以降3回連続で20%以上をキープするも、4回目から6回目までは19%台に。今回の15分拡大版で再び20%を越えた形となる。
(6月24日10時17分配信 オリコン)


 キムタクの『CHANGE』。あまり評判が良くないようですが、実はだいたい見ています。「初当選議員が総理になったりとかありえない」とか言われていますが、ドキュメンタリーじゃないんだからありえないからこそドラマになるんだし、フジの月9はそういう枠じゃないのかなぁ。過去のマンガの○○に似ているというのは、それを読んでないのでわからん。話としてはありえないんだけど、細かいところでよく調べているというかリアリティを出しているところとかもあって、結構楽しく見ています。
 気になるのは、なんとなく飯島勲の臭いが・・・と思って、今検索してみたら、監修してた(★キムタク総理『CHANGE』の脚本に、大物(元)秘書官の影がチラホラ…!?★ )んですね。一応チェックしてたんだけど、全然気づかなかった。妙なリアリティもそれで納得。ということで、飯島勲的な今後の展開を予想。
 官房長官の寺尾聰の切り崩しにあって、補正予算案が否決される。ここで、キムタク総理は幹事長の中村敦夫と、野党代表の高橋英樹とともに新党結成し、解散総選挙。寺尾聰の刺客には、総理秘書官の深津絵里が。「子育て予算に賛成か、反対か」の一点を争点にし、高い支持率を背景に総選挙圧勝。特別国会でキムタク第二期内閣を組閣し、補正予算成立。高橋由美子の息子の墓前に報告。
 とまあ、新党以外は小泉元総理の二番煎じ過ぎますし、番組予告とも違いそうなのでこうはならないとは思いますが。あと、ちょっと気になるのが風間杜夫。寺尾聰の秘書役だけというのは風間杜夫の役にしては軽すぎる気がするので、これから何か出番がありそう。
 さすがにこのままキムタクが退陣、辞職とかはないと思うので、何かして巻き返すのだと思いますが、面白い結末を期待したいところです。

ニュース | 【2008-06-24(Tue) 13:59:04】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する