< 胃カメラ kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

胃カメラ
 今日、胃カメラを飲んで(?)きました。いやー、きつかった。
 週末、船橋の実家に行って、日曜の夜に帰宅してパソコンをやっていたら、急に胃あたりが痛くなった。焼けるように痛い、という感じで。それで胃薬を飲んだら少し収まったんだけど、今は時間もあるし念のため、月曜は仕事を休んで病院に行ってきました。そうしたら、食事をして胃カメラはできないらしい。それで今日の予約だけ取って、診察終わり。その間、何十秒か。これで800円以上というのは・・・とも思ったけど、お医者さんはもっと高収入にするべきという考えを持っているのでまあいいや。
 で、今日行ってきたんだけど、ほんときつい。鼻に麻酔のスプレーをして、腕に胃の動きを弱める筋肉注射。注射って結構好き、というか、血を抜くときとかは「おー、赤いのが流れてるー」とか思いながら楽しんで見ている方なんだけど、この注射はかなり痛かった。それで、もう一度鼻に麻酔のスプレーをしたらどんどん管を入れられたんだけど、唾を飲み込んじゃだめというのがなかなかできなくてきつかった。何度もゴホゴホしてしまった。「ヤンキー(死語)みたいに唾を道に吐くのに慣れている人なら、こんなにきつくもないのかなー」とか思いながら、早く終われと念じていた。あと、花粉症がまだ残っていて、麻酔のかかった鼻に鼻水があるというのがかなりの違和感で、それでもゴホゴホしてしまった。まあ、最後の方はちょっと余裕も出てきて、映っている胃の中の映像を見たりもしたけど、(鼻から管を入れたので話せると言われていたけど)話すのは無理だった。次に胃カメラを飲んだときはもうちょっと慣れているかもしれないけど、できればそういう機会は避けたいというのが正直なところ。
 それで結果は・・・異常なし。母親が胃の病気をよくしていたので何かあるんじゃないかと思っていたけど、何もないことがわかり安心。お医者さんも「胃じゃなかったんじゃない?」だって。胃薬が効いたんだけどなぁ。胃に問題がないのがわかってよかったけど、ではあの痛さはどこだったんでしょう!?ただの食べ過ぎとか??

遊び・行動・日記 | 【2008-07-02(Wed) 19:33:45】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する