< 【山梨県韮崎市】ゆーぷるにらさき kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

【山梨県韮崎市】ゆーぷるにらさき
 週末、旅行に行った際に思いついたのですが、これから観光地の感想などをブログに書いていこうと思います。行った場所の記憶にもなるし、結構他の人のそういう書き込みも参考になったりするので。山梨に行くことが多いので、おそらく山梨(特に北杜市周辺)のことが多くなるはず。

 で、第一回は「ゆーぷるにらさき」。「ゆーぶるにらさき」ではないけど、「ゆ~ぷるにらさき」なのかもしれない。言うまでも無く、山梨県韮崎市にあります。子どもとプールに行きたくて探していたら、旅行先の北杜市から近くて、子供用プールもあって、流れるプールもある。温泉にも入れる、ということで行ってきました。

ゆーぷるにらさき

 こちらがゆーぷるにらさきの外観。まず目につく左側の丸いのがプールです。近くに行くと、泳いでいたりするのが見えます。ちなみに右側に少し見えるのが歩道橋で、国道向かいの「道の駅にらさき」へ安全に行くことができます。なお、温泉とプールの合間に行くとかできるのかは不明(たぶん行けなそう)。というか、道の駅にらさきのことも書く予定だけど、たぶん途中で行く必要は無さそうな感じ。ただ、水着や浮き輪を入る前に購入するということはあると思うけど。
 プールに入る際には帽子着用が必須です。ただ、200円でレンタルもやっているので、今回は大人二人分はレンタルにしました。なお、浮き輪もレンタルの中に書いてあったけど、事前に道の駅で買っちゃった。
 また、オムツ離れしていない乳幼児はプールに入れません。そのため我が家の3歳の娘は大丈夫でしたが、1歳の息子は入れませんでした。ただ、全くプールサイドにも入っちゃ駄目というわけではなく、子供用プールの波打ち際のようなところで遊んでいいですよ、と言ってくれました。ただ、我が息子はそれも怖がって、ずっと階段の昇り降りばかりやっていましたが。

ゆーぷる韮崎の子供用プール

 これがその子供用プール。小さいですが、ずっとそこで遊んでいる子どももいました。周りのタイル3枚分くらいに波が来るので、そこで息子を少し遊ばせていました。(足元に水がかかる程度ですが)

ゆーぷる韮崎 プール全景

 外側にあるのが流れるプールです。流れはゆっくりで、それほど広くもありません。我が家の三歳の娘も喜んで浮き輪で流されるくらいのおだやかな流れです。我が家のような小さな子どものいる家族連れにちょうどいいという感じですが、子どもが中学、高校あたりになってしまうと思いっきり泳ぐほどの広さはないので物足りないのではないかと思います。空いていればいいのかもしれませんが、今回は7月20日という夏の連休の真ん中に行ったので、大人が泳ぐのは難しいような混み方でした。なお、右側に少し写っていますが、スロープのように少しずつ深くなっていって、流れるプールに合流します。そのスロープの部分で遊んでいる子どもも結構いました(そこは流れはありません)。
 流れるプールの中に、小さなプールが2つあり、そこの水温は他のプールより高くなっていて、ジャグジーも出ています。これが温泉かどうかは不明。ここに長ーく浸かっているお父さんお母さんもいます。なお、他のプールの水温もそれほど低くなく、入りやすいような温度でした。ちなみにガラス張りですし、当日は30℃を超える気温だったので暑いのを覚悟しましたが、そんなことはなく快適な温度にコントロールされていたようです。

 2時間くらい遊んで、今度は温泉へ。この「ゆーぷるにらさき」の更衣室は、プールも温泉も兼用になっています。そのため、プールに入った後、一度着替えてから温泉の更衣室に行って脱ぐ、ということもせずに、水着を脱いでそのまま入れます。ちなみに男性用の更衣室からプールまでは結構遠いので、子どもが階段で足を滑らせたりしないように注意が必要かも(濡れていて結構滑りやすいので走らないように)。

ゆーぷる にらさきの湯 温泉特性

 山梨県北西部(全県?)の温泉に行くと必ずある田中収教授の推薦文です(クリックすると大きくなります)。読んでわかったようなわからないような、まあ凄いんだろうなという感じになりますが、他のところには保温効果のある「温まる湯」、肌に良い「美人の湯」とも書いてありました。入ってみると明らかに普通のお湯とは違うぬめりけのようなものがあり、肌にも良さそうです。ちなみに、我が子は二人とも肌が弱いのですが、次の日には肌がかなりきれいになっていました。この温泉の効果かはわかりませんが、他に思い当たるようなものはないのでたぶんそうだと思います。
 お風呂の種類は、露天風呂に高温風呂(41℃位?)、低温風呂(39℃位?)、ジャグジー、サウナ、水風呂といった感じだったはず。どれも温泉(循環)だったはず。お風呂で写真はさすがに撮れなかった上に、子ども連れで慌しかったので、多少間違いがあるかも。女性の方はもちろん入ったことないのでよくわからん。露天風呂からは壁があって遠くは見れませんが、庭に花が植えられているので、それを見ながらとなります。低温風呂が室内では大き目の風呂でしたが、そこに細長い滝みたいなのがあって(表現が難しい・・・)、我が娘は楽しんで遊んでいました。なお、リンスインシャンプーとボディシャンプーも常備しています。

 利用料は韮崎市民以外は大人700円で、近辺の公共温泉施設の平均的な値段だと思います。それでプールも入れるというのは結構お得感があるので、小さいお子さんのいる家庭にはとてもよいのではないでしょうか。温泉としても(それほど詳しい訳ではないのでわかりませんが)少しぬめりけのある特徴的なものなので、悪くないとは思います。なお、他の施設として休憩室があったり、岩盤浴や整体などもあるようですが、利用していないので不明です。

観光地・遊び場所の感想 | 【2008-07-22(Tue) 18:10:44】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する