< 硫化水素の作り方と父親も死亡 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

硫化水素の作り方と父親も死亡
自殺の他に、できることがあります。

1)精神疾患は治せます。
 2002年のWHOの調査では、自殺者の約30%がうつ病、18%がアルコール依存症など薬物乱用、14%が統合失調症をそれぞれ発症していたそうです。うつ病は15~7人に1人、統合失調症は約100人に1人というように多くの方がかかるありふれた病気であり、決して珍しい病気ではありません。うつ病、アルコール依存症、統合失調症は、今では効果が証明された治療法が開発されており、適切な治療を実施できれば、例えばうつ病で85%が反応する(WHO)と言われています。自殺しようと思った人でも、治療により新しい人生を歩んだ方はたくさんいます。精神科、心療内科で、まず診てもらいましょう。

2)相談できます。
 身近な人に相談はしにくくても、赤の他人に電話でだったら、話せそうではないですか?現在、そのための相談窓口がたくさんあります。全てを詳細に紹介するのは不可能なので、一部を紹介します。
全国いのちの電話
 http://www.find-j.jp/zenkoku.html

 地域ごとに電話番号が分かれています。なお、毎月10日(午前8時~翌日8時までの24時間)はフリーダイヤル(0120-738-556)で電話できます。
チャイルドライン
 http://www.childline.or.jp/childline/

 18歳までの方。
法テラス(日本司法支援センター)
 http://www.houterasu.or.jp/index.html

 多重債務など経済面で困っている方に特に向いています。
自殺予防総合対策センター
 http://www.ncnp.go.jp/ikiru-hp/ikirusasaeru/index.html

 相談窓口が地域ごとにまとまって書かれています。その分、ちょっと見にくいところもありますが・・・。

3)あなたは愛されています。
 硫化水素による自殺では、母親をはじめとする身近な人の巻き添え(死亡・重体等)が多発しています。張り紙があろうが、入ると危険なことを報道などで知っていようが、少しでも早く助けるために無防備で中に入るのが親というものです。日ごろの愛情表現は下手かもしれませんが、多くの親がそうであることが最近の報道で明らかになったのではないでしょうか。身近な人に話してみませんか?

---

 タイトルと前文は、「硫化水素の作り方と自殺とマスメディアとガイドライン」、「硫化水素の作り方と自殺とyahoo検索」、「硫化水素の作り方と「硫化水素で楽に死ねる」は嘘と産経新聞の振り仮名」に引き続き、お約束ということで。で、やっぱりここからが本題です。

硫化水素で父親も死亡=長男が自宅で自殺-東京・大田
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080806-00000055-jij-soci

 6日午前2時半ごろ、東京都大田区北千束の自営業の男性(63)方で、長男(20)が浴室で倒れているのを男性と妻(55)が見つけ、119番した。男性は助けに入って倒れ、長男とともに搬送先の病院で死亡が確認された。妻も軽傷を負った。
 浴室内から硫化水素が検知されており、警視庁田園調布署は長男が自殺し、男性が巻き込まれたとみて調べている。
 調べによると、浴室内には塩素系洗剤の空き容器などがあり、ドアには「硫化水素発生中。開けないように」と書かれた張り紙があった。遺書も残されていた。 
(8月6日11時29分配信 時事通信)


 またまた硫化水素による自殺が発生してしまいました。といってもこれまではマスコミ的「旬」が過ぎたのであまり報道されなかっただけで、実際は起きていたのだとは思いますが。
 今回のケースは長男が硫化水素自殺をし、それを助けようとした父親も巻き添えで死んでしまったというものです。記事を見ると父親が43歳、母親が35歳の時に生まれた長男のようで、年をとってからやっと生まれた待望の子どもだったかもしれません。長女がいるのか、一人っ子なのかなど家族構成がわからないので何とも言えませんが、そりゃ自分の子どもが死のうとしていたら親なら助けに入りますよね。
 それでこの記事のタイトルがYahooのトップに掲載されたためか、この記事へのコメントやコメントに対する投票が増えています。13:30頃のコメントは以下の順番で掲載されていましたが・・・。

この話題へのコメント数227件

2:2008年8月6日 11時49分 2,128点
せっかく世間が忘れかけてきた時に、またやってんじゃねーよ馬鹿。
でもって、報道してんじゃねーよ糞マスコミ。
そうやるから自殺者がさらに増えるんだろうが!!

4:2008年8月6日 11時52分 1,586点
硫化水素は楽に死ねない上に、他の人まで命を落とすのですよ。
息苦しくて息苦しくてもがきながら死んでいくのです。土色の顔になり、首に手をあてた状態(もがく)で皆死んでいるそうです。
どうか思いとどまって。。。

3:2008年8月6日 11時51分 1,110点
もはや「またか」と言いたくなる。
いい加減に自殺の方法を報道し続けているマスコミに反吐が出るわ。

5:2008年8月6日 11時57分 777点
自殺を肯定するわけではないが。。。
今の世の中死にたくなるのも分かる気がする・・
しかし、お父さんを巻き込むとは、他に方法なかったのかなぁ

ご冥福をお祈りします。

1:2008年8月6日 11時42分 774点
>「硫化水素発生中。開けないように」
こんな貼り紙が貼ってあったら、誰だって開けたくなるわw


 口は悪いですがこんな感じでマスコミ批判が上に来ていたり、硫化水素自殺の苦しさが書いてあったりします。Yahooのニュースのコメントって脊髄反射的なものが多くてほとんど見てこなかったけど、結構まともな流れになるときもあるんだなと思ったり。これ以降のコメントも似たようなものが多いし。あとは、「Yahooもトップページに載せるな」という意見も欲しいところだけど。
 ただ、やっぱり上位5位はコメントの順番1から5番までで占められているので、上位になるにはニュース掲載を見たら即座に書かないと難しそう。ということは、脊髄反射になりがちなのは確かなんだけど。ニュースのトップページに掲載される投票順位5番目までと6番目以降で500点近く差をつけられているから、余程上の方のコメントがおかしくないと難しいでしょう。
 と書いてて何でこんなことをわざわざ書いているのかわからなくなりつつあるけど、今回はまた硫化水素自殺のニュースが出てきたので、検索対策でエントリーが主目的だったり。といってもブログ移転してからまだ日が浅いこともあって、力が弱くてほとんど効果がなさそうだけど。

ニュース | 【2008-08-06(Wed) 13:59:50】
Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント
この野郎!マスコミのせいで俺たちまで硫化水素に巻き込まれたらどうすんだ!その時は、生き返らせてもらうぞ!
2010-03-06 土 13:16:12 | URL | くそ #7/yXGA5c [ 編集]

統計上は中高年の自殺の方が若者より多いですし、自殺方法も旧来からある方法の方が多いようです。
それなのになぜ硫化水素自殺ばかり報道するんでしょうね。
メディアの影響でこの方法を選んだという人もきっといるでしょうし、報道の仕方をもう少し考えてほしいものです。
2010-03-08 月 11:07:54 | URL | kenji145 #MgXvyZ2Y [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する