< 【山梨県北杜市(旧長坂町)】北杜市オオムラサキセンター kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

【山梨県北杜市(旧長坂町)】北杜市オオムラサキセンター
 夏の休暇の後半は、いつも通り山梨に行ってきました。それで今回、最初に行ったのが、北杜市オオムラサキセンター。結論から言うと、幼児でもそれなりに楽しめ、小学生以上、特に小学生の夏休みの自由研究とかに良さそうな施設でした。大人でもかなりためになります。それと、ちゃんと調べてから行けばよかったんだけど、オオムラサキのシーズンは7月上旬から中旬のようで、8月中旬では遅すぎたようです。オオムラサキ目当ての方は、事前に連絡してから行った方がよいかも。

北杜市オオムラサキセンター 木馬

 これは駐車場からオオムラサキセンターに向かう道にある木馬。今回は時間が無くて行けませんでしたが、オオムラサキセンターはオオムラサキ自然公園というかなり広い公園の中にある一施設です。この公園を全て見たら、おそらく一日では足りないくらいなはず。以前は、テレビ東京「TVチャンピオン」で放映されたツリーハウスという木の上に作られた家を公開していたようですが、現在は公開は終了しているようです(下からは見られるのかも?)。
 オオムラサキセンターの入場料は大人400円、小中学生200円。入口近くに受付があるのですが、目立たない上に、受付の手前とかに水槽やら何やら色々置いてあるので、支払うのを忘れそうになります。施設の方も積極的に言う感じでは無いので、入場料を支払わずに入ってしまった人もいそう。。。

北杜市オオムラサキセンター 雑木林の生態

 入館して最初に目に付くのが、雑木林の四季の展示。キツネやタヌキ、ネズミなど動物の模型(っていうのかな?)とともに、わかりやすく説明が書かれていて(画面を押すとその説明がされるものもあったり)、大人でも結構楽しく勉強できます。この四季の展示の横には、大型モニターのある部屋も。一定間隔でオオムラサキの生態とかを上映しているようです。

北杜市オオムラサキセンター パソコンでクイズ

 パソコンでクイズ。大人でも結構難しい問題。こういう楽しみながら勉強できる装置が色々あるのが良いところです。そういう点でも、小中学生に良さそう。
 この横に行くと、全国各地のオオムラサキの標本や、カブトムシやクワガタ、あるいは変わった昆虫など様々な標本が置かれているスペースがあります。標本を痛めるため撮影不可とのことでしたので画像はありませんが、葉っぱにしか見えないトンボや枝にしか見えないナナフシ、世界各地の蝶やカブトムシ、クワガタなどかなりの数が展示されています。クイズが書かれた引き出しがあって、それを開けると答えの標本が出てきたりなど、ここでも楽しめる試みもされています。

北杜市オオムラサキセンター びばりうむ長坂

 通路を通って、別館?を抜けていくと、「びばりうむ長坂」という部屋というか施設に着きます。鉄骨ネット張りの施設の中に、長坂の自然が再現されており、オオムラサキはじめ様々な生物が見られるというものです。なお、オオムラサキは、自然界では成虫になる確率が1%前後ですが、ここでは天敵の鳥から守られているため、6割も成虫になるとのこと。そのため、最盛期にはかなりの数が飛んでいるそうです。ただ、前に書いたとおり、今回は時期が少し遅かったためオオムラサキを見ることはできませんでしたが、山の奥とか長い距離とかはなかなか難しい小さな子どものいる家族にとっては、こういう手軽に自然を見られる施設というのはありがたいものです。

北杜市オオムラサキセンター びばりうむ長坂に飛んでいたカラスアゲハ?

 当日飛んでいたのは、このカラスアゲハの一種?と普通のアゲハチョウ。今度は7月の連休あたりに行こう。
 このびばりうむ長坂の手前の別館らしきところには、クワガタ対カブトムシのビデオが流されていたり、塗り絵コーナーがあったり、ピアノとか遊び道具が置かれていたりする部屋があります。子どもを目の届く範囲で遊ばせつつ、大人は座って休憩、という感じでしたが、そこに海外のクワガタとかカブトムシとかもかなり(無造作に)飼育されています。こちらにとっては身近に見られて良いのかもしれませんが。
 ちなみに、このオオムラサキセンターの駐車場の道を隔てた向かいには、カブトムシやクワガタを売っている露店がありました。小中学生の男の子がいたら、「買って」と言われること請け合いです。それ以前にお父さんも子供心を取り戻して、買いたくなっているかもしれませんが。

観光地・遊び場所の感想 | 【2008-09-02(Tue) 16:26:22】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する