< 【山梨県韮崎市】新府城跡 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

【山梨県韮崎市】新府城跡
 韮崎インターから武川方面に行く際、途中にあった看板が気になっていた新府城跡。夏の連休の時間が余った時に、ちょっと立ち寄ってみました。
 結論から言うと、小さい子供がいる家族には向かないかな、という感じ。というか、信長の野望でもやってて武田家が余程好きだとか、そういう子どもや大人でもない限りはあまり勧められないかも。かなり長い階段か坂道を登っても、上にはそれほど見るべきものはありません(詳しい人が見たら面白いのかもしれませんが)。上は(遊具などは無いが)公園のようにもなっていて、キャッチボールとかもできそうだし、色々自然を見たりもできるけど、ここらへんだったら他にもたくさん同じことができる場所があるし、わざわざ長い階段や坂道を登る必要性までは感じられません(ただ、桜の季節は桜がきれいだそうです)。なお、階段は急できつく不安定で、坂道も舗装されていないため、雨の日や雨の後はやめた方がよいかと思います。

新府城跡の説明看板

 こちらは入口にある新府城跡の説明看板。簡単にまとめると、「織田信長の甲斐侵攻に備えて武田勝頼が真田真幸に命じて築城させたが、武田勝頼は織田信長の侵入を待たずに火を放って退去した。武田家滅亡後、徳川対北条の争いの際、徳川家康が本陣とした」という城だそうです。

新府城跡 階段の上から

 こちらは階段を登り切った後、上から見下ろしたところ。かなり急で段数もたくさんありますが、それだけではなく、階段が擦り減ったのか適当に石を選んだのか斜めになっていたりへこんでいたり、かなり歩きにくくなっています。転ばないように要注意。

新府城跡 坂道

 やっぱり階段だけでは危ないからか、舗装はされていませんが坂道もあります。私は子どもをおんぶして登ったので、坂道の方へ。階段よりはゆるやかになっていますが、それでもところどころ急な場所もあったり、結構きついです。

新府城跡 本丸跡地 藤武稲荷神社

 登り切ると、本丸跡地に藤武稲荷神社が建立されています。お参りはできますが、特に何か見るべきものがあるという神社ではないようです。なお、この神社の前に、大きなガマガエルがいました。あまり人も来ない場所のようなので(1時間くらい滞在していたが、最後に1組とすれ違ったのみ)、こういう自然を見られる場所ではあると思います。ちなみに写真には水道が写っていますが、水は出ません(たぶん。出るけどずっと濁ってるだったかも。2ヶ月前のことで少し記憶が・・・)。階段や坂道もきついですし、水分は持参をおすすめします。

新府城跡 武田勝頼公霊社と家臣の慰霊碑

 こちらは(画面が暗くてわかりにくいですが)武田勝頼公霊社と家臣の慰霊碑です。真ん中に武田勝頼の慰霊碑が立っていて、その周りに家臣たちの慰霊碑が立っています。家臣の名前も書いてあるので、信長の野望を昔かなりやっていた私は思わず戦闘力がいくつだとか知力がいくつだとか思い出してしまいました。武田勝頼の慰霊碑は古いものですが、家臣たちの慰霊碑は結構最近のものだそうです。

新府城跡から見た風景

 新府城跡から見た風景。やはり丘の上にあるので、景色は素晴らしいです。何かを見に行く、ではなく、手軽に山登りをして良い空気を吸って良い景色を見に行く、という感じなら良いかも。

観光地・遊び場所の感想 | 【2008-10-20(Mon) 14:51:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する