< 募金関連ニュース:なつくんを救う会・大樹君を救う会など kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

募金関連ニュース:なつくんを救う会・大樹君を救う会など
 募金関連で見つけた最近のニュースです。公式サイトは、「なつくんを救う会」「大樹君を救う会」となっていますので、長野県や富山県にお住まいの方をはじめご関心のある方は公式サイトをご覧ください。
 また、以前に秋田で募金活動がされていた岡部美里さんの手術が成功したそうです。まだ術後間もないので油断はできませんが、まずは一安心といったところでしょう。

難病の飯田の小1「救う会」が募金活動 中学生も応援
http://www.shinmai.co.jp/news/20081019/KT081018SJI090008000022.htm

 心臓の難病「拘束型心筋症」を患い、米国での心臓移植手術を目指している飯田市の小学1年生、山下夏(なつ)君(6)を支援する「なつくんを救う会」の会員やボランティアらが18日、同市内2カ所で募金活動をした。夏君を知る女子生徒の提案で市内の緑ケ丘中学校3年3組の約20人も駆けつけ、熱心に協力を呼び掛けた。
 同会は、手術や渡航、滞在治療などにかかる多額の費用を募金で支援しようと、夏君の両親の友人らが結成。飯田での募金活動はこの日が初めてで、みなみ信州農協のイベントでにぎわう鼎地区のJAみどりの広場と、市街地のJR飯田駅前周辺で行った。
 緑ケ丘中の生徒たちは、クラスメートで夏君と遊んだことがあるという鶴岡苑子さん(15)が「夏君が元気になってまた一緒に遊びたい」と、会の活動への協力を提案したのを受けて、まとまって参加。のぼり旗を掲げた大人たちと一緒に、大きな声で「お願いします」と呼び掛けたり、チラシを配ったりした。
 同会代表の佐藤吉徳さん(33)は「支援の輪が広がっていることを感じる」。夏君の父親、猛さん(33)は「自分だけでは何もできなかった。人の心の優しさに触れることができました」と感謝していた。問い合わせは同会事務局(電話0265・49・3120)へ。
(信濃毎日新聞 10月19日)


心臓移植へ支援広がる 氷見の松原さんの手術費用 県内1600カ所に募金箱
http://www.toyama.hokkoku.co.jp/_today/T20081001202.htm

 重い心臓疾患にかかり、早期の移植が必要な氷見市阿尾の会社員松原大樹さん(19)の手術費用を集める支援活動が、富山県内外に急速に広がっている。九月十六日の支援団体設立以降、氷見市や高岡市を中心に募金箱を設置する事業所が日ごとに増え、松原さんや家族が勤務する会社では、取引先や県外のグループ企業からも募金に参加する機運が高まっている。
 松原さんは今年三月、心臓の筋力が弱まる「劇症型心筋炎による拡張性心筋症」を発症し、現在は人工心臓を装着して闘病生活を送っている。命を救うためには心臓移植が必要で、早期移植が可能な米国での手術費用約一億三千万円を集めるため、松原さんの家族や知人らが「大樹君を救う会」を設立して支援を始めた。
 救う会によると、九月十七日に支援を訴える会見をして以降、商店や病院、一般企業などから「募金活動に協力したい」との申し出が相次いだ。三十日までに氷見市内で約九百カ所、県内全体では約千六百カ所で募金箱を設置するようになった。
 松原さんが昨年春から勤務する原薬メーカーの第一ファインケミカル(高岡市)は、社内各部署に募金袋を回し、同世代の社員らは街頭での募金活動にも参加している。松原さんの父政人さん(52)が高岡市内のグループ企業に勤める三協・立山ホールディングス(同)では、全国各地の工場にも募金を呼び掛けている。
 救う会の松原勝久代表は、日増しに広がる支援に対し「多くの方々の厚意に勇気づけられている。少しでも早く手術を受けられるよう、皆さんの力をお借りしたい」と訴えている。
 射水市の特別養護老人ホーム「射水万葉苑」(矢野恵三施設長)の職員らは三十日、松原さんの父政人さんに募金十五万千円余を手渡した。
 職員の高廣由美さんが「日々、命にかかわる仕事をしているので、少しでも役に立ちたい」と施設に募金箱を設置し、協力を呼び掛けた。
(富山新聞 10月1日)


岡部さんが手術
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/akita/news/20081015-OYT8T00130.htm

 拡張型心筋症を患い、ドイツで心臓移植手術を受けるために待機していた横手市の岡部美里さん(31)が14日、臓器提供者が現れたために移植手術を受けた。約6時間半かかった手術は無事に終わり、容体は安定しているという。
 手術代を工面するための募金活動を行っていた「美里さんを救う会」の千田慎之介代表が明らかにした。ドイツにいる美里さんの夫から連絡が入ったという。
 同会の募金活動には、約9000万円の浄財が寄せられている。
(2008年10月15日 読売新聞)



募金関連サイト紹介 | 【2008-10-20(Mon) 16:41:23】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する