< 民主党の現状を前向きに考えてみる kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
民主党の現状を前向きに考えてみる
 民主党の小沢一郎代表の西松建設巨額献金事件が連日報道されています。二階俊博経済産業大臣はじめ自民党側の報道もありますが、やはりトップ自身の問題となっている民主党のダメージの方がより強いのは当然でしょう。この事件がどうなのか等は散々報道されていることなので置いておいて、一気に守勢に立たされている民主党の現状を、むしろ前向きになれないか考えてみました。
 この事件が報道される前は麻生太郎首相の支持率が低くて、自民党内からも予算成立後退陣し、総裁選をやって新しい人を選ぶという話が出てきていました。それも、今回の事件報道で飛んでしまったように思えます。まだ話が残っているにしても、事件報道前のように明るい材料が全くない時期ならばその圧力に抗することができないかもしれませんが、今なら解散をちらつかせれば十分抗えるでしょう。もし総裁選後、新しい首相に代わってからこの事件が報道されるようになったとしたら、大変なことになっていたかもしれません。麻生首相のままなので、「どちらがよりマシか」の選択で済んでいるとも言えます。加えて、この事件が出てこなかったとしても、不人気の森首相の後の小泉首相の登場のように、新首相で短期間に形勢が逆転する可能性もないことはないのです。首相が交代しないとなれば、その心配もなくなります。
 また、麻生首相のままで選挙となると、選挙のときにはこれまでの4年間、特に信任を得られるか争うために選挙に打って出た現政権のこれまでが繰り返しテレビで流されることになります。もちろん小沢代表が民主党のトップのままなら、現在報道されている献金事件も流されると思いますが、それ以上に中川昭一前財務・金融大臣のG7会見が繰り返し流されるのです。首相が交代していたら、前政権の話になるのでかなり流される回数は減っていたはずです。選挙期間中に、前回の参議院選挙の際の赤城元農水大臣の絆創膏会見のように、中川前大臣の顔のアップや話しぶりが繰り返しテレビで流されることが、これで確定したとも言えます。献金事件もマイナスですが、画面を見ただけでわかるG7会見の方がイメージ的に大きなマイナスです。既に民主党は総選挙の際のマスメディア対策で優位に立ったとも言えます。
 こう考えていくと、むしろ民主党は今回の事件報道で更に選挙で勝つ可能性が高まったと思えてきて、前向きになれるのではないでしょうか。なれないかな?

ニュース | 【2009-03-17(Tue) 15:16:23】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。