< 競馬結果:天皇賞・春、12番人気マイネルキッツがGI初制覇 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

競馬結果:天皇賞・春、12番人気マイネルキッツがGI初制覇
天皇賞・春、12番人気マイネルキッツがGI初制覇(netkeiba)
http://www.netkeiba.com/news/?pid=news_view&no=36142&category=A

 3日、京都競馬場で行われた第139回天皇賞・春(4歳上、GI・芝3200m)は、松岡正海騎手騎乗の12番人気(単勝46.5倍)マイネルキッツ(牡 6、美浦・国枝栄厩舎)が、中団のインコースから徐々に進出すると、直線で内を突いて抜け出し、4番人気アルナスラインをクビ差抑えて優勝した。勝ちタイムは3分14秒4(良)。さらに1.3/4馬身差の3着には5番人気ドリームジャーニーが入った。1番人気アサクサキングスは9着、2番人気スクリーンヒーローは14着、3番人気モンテクリスエスは12着にそれぞれ敗れている。
 勝ったマイネルキッツは、父チーフベアハート、母はJRA5勝のタカラカンナ(その父サッカーボーイ)。同厩の半妹に昨年の福島牝馬S(GIII)を勝ったマイネカンナ(牝5、父アグネスタキオン)がいる血統。
  05年9月のデビューから2戦目で初勝利を挙げると、その後も芝の中距離戦で勝ち星を重ね、08年2月の早春S(1600万下)を勝ってオープン入りした。昨年は新潟記念(GIII)、福島記念(GIII)でいずれも2着。今年に入っても前走の日経賞(GII)でアルナスラインの2着と、重賞では善戦を続けるも勝ち切れなかったが、今回、初めての重賞制覇をGIの大舞台で飾った。通算成績29戦6勝(重賞1勝)。


天皇賞・春、全着順(netkeiba)
http://www.netkeiba.com/news/?pid=news_view&no=36144&category=A

1 マイネルキッツ  3:14.4
2 アルナスライン  クビ
3 ドリームジャーニー  1.3/4
4 サンライズマックス  ハナ
5 ジャガーメイル  1/2
6 トウカイトリック  1.3/4
7 ヒカルカザブエ  1/2
8 ポップロック  クビ
9 アサクサキングス  3/4
10 デルタブルース  5
11 ゼンノグッドウッド  1.1/4
12 モンテクリスエス  1.3/4
13 ネヴァブション  クビ
14 スクリーンヒーロー  2.1/2
15 ホクトスルタン  1
16 コスモバルク  3.1/2
17 シルクフェイマス  5
18 テイエムプリキュア  大差


 今回は全然でした。本命(10)ゼンノグッドウッドは全く伸びず、11着。ただ、上位に来た馬は展開予想の通り、差し馬ばかりで、先行馬は総崩れという感じではあったので、もうちょっと何かがプラスされれば買えたかもなー。その何かプラスがなかなかされないのが競馬だけど。
 本命が外れていたので1着馬を買うのは難しかったけど、相手は(12)ドリームジャーニーと(16)スクリーンヒーロー、(4)アルナスラインで迷ったんだよなぁ。普通差し馬といったら(12)と(4)なんだけど、「ジャパンカップ馬」を重く取って(4)を△にして(16)にしてしまった。ワイドなら当たったかもしれなかったので、ちょっと惜しかった。
 勝ったマイネルキッツは中距離で活躍していた馬なので、天皇賞(春)のような長距離だけではなく、他のGIでも何とかなりそう。ただ過去の戦績から考えると、どんなレースでも勝てるという強さは無くて、確実に上位に来て、展開が向くと勝てる、というタイプかなぁと予想。

競馬予想・結果など | 【2009-05-06(Wed) 22:10:34】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する