< 愛知県、捨て犬で畑の猿退治 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

愛知県、捨て犬で畑の猿退治
これぞ犬猿の仲、捨て犬で畑の猿退治(スポニチ) ※2008年3月23日配信
http://www.sponichi.co.jp/society/special/animal/KFullNormal20080323081.html

 野生の猿による農作物への被害が深刻化する中、愛知県は来年度から捨て犬などを訓練し、サルを追い払う「モンキードッグ」の育成に乗り出すことになった。“犬猿の仲”に着目した同様の訓練は全国的に広がっているが、捨て犬の利用は珍しいという。
 農作物を守るのは、ボクらにお任せだワン!
 愛知県が08年度からスタートさせる「モンキードッグ」訓練育成のため、当初予算案に関連事業費として約350万円を計上。県動物保護管理センターに保護され、飼い主が現れなければ殺処分される捨て犬や、迷い犬などを県内にある民間訓練所で4、5カ月間かけて訓練。その後、県内の山間部2地区に計6匹を配置し、農家で飼育しながら「モンキードッグ」として活用するという。事業は08年度のみの予定で、その後も継続して農家で飼ってもらう。
 農家側はこれまで、猿害被害対策として畑の周りに電流が流れるサクを設置したり、花火で脅かすなど自衛策を講じたが、どれも効果はいまひとつ。長野県大町市が05年度、全国に先駆けてモンキードッグ制度を導入したところ、猿の群れが減ったなど一定の成果が得られたため、同様の悩みを持つ三重県、岐阜県、岩手県などの市町村が次々と導入を決定。しかし、いずれも飼い犬を訓練したもの。愛知県のように捨て犬を訓練し、支援するケースは全国でも珍しい。
 動物保護管理センターの桑山博治業務課長は「保護した後、老人ホームなどで働くセラピー犬に訓練した実績はあるが、犬が再び活躍できる間口が広がった」。自治体で保護された犬や猫の新しい飼い主探しをするボランティア団体「ライフボート友の会」(千葉県柏市)の金子恵美副代表も「行政が犬の第2の“人生” を考え、生きる方法をつくってくれた」と評価している。
 農水省によると、06年度の猿による農作物被害額は全国で16億3000万円。同省環境保全型農業対策室は「捨て犬でも適切な訓練をすれば効果があると思う」と期待を寄せている。


 記事は少し古いですが、何日か前の朝のワイドショー(とくダネだったかな?)でこのモンキードッグが育成されて実用化されたという特集がありました。捨て犬をモンキードッグに教育するために1匹30万円程度かかるが、県が全額補助で出していて、実用化されたモンキードッグが見回りをする周囲の田畑には野生の猿が出なくなった、という感じで取り上げられていました。なお、モンキードッグは猿をやっつけるのではなく、本来猿が住むべき山奥に追い払うように教育されているそうです。
 我が家も山梨の家に行く際、途中の道がかなりな田舎道なため、とてもよく猿に出くわします。こちらは猿は珍しいですし、中には子猿を背負っている親子連れまでいて、会えると嬉しくなってしまいます。ただ、その道のすぐ近くには田畑があったりして、実際に猿の被害がひどいという話はとてもよく聞くことも確かです(鹿の被害も)。山に食べるものが少なくなって、里に下りてくる猿が増えていて、被害が増えていると言います。実際、我が家の山梨の家でも、野菜や果物など食べ物のなるものを植えると猿に庭を荒らされるため植えていません。人間の前にそう何度も頻繁に姿を現すというのは、そこまで切羽詰まっているとも言えるのかもしれません。
 捨て犬に関しては、言うまでもなく捨て犬が出ないようにするのが一番ですが、残念ながらどうしても出てしまっているのが現状です。このブログの親サイト「kenji145の募金リンク~クリック募金の紹介とアクセス募金~」にも、殺処分の迫った犬の引き取りなど動物愛護関係のクリック募金をいくつかリンクさせていただいておりますが、本来殺処分されるはずだった犬が再教育され、モンキードッグとして人間に必要とされるというのは非常によいことだと思って、テレビを見ていました。全国的にも猿被害を受けている地域は多いでしょうし、予算の出やすい農業対策として、猿被害を受けやすい農家一家に一匹育てられるようになったらかなりな数の捨て犬が救われるかも、と見ていて思ったりもしました。

山梨で撮影した野生の猿

 これは山梨の家の近くの道路で遭遇し撮影した野生の猿の親子などの群れ。他にも10数頭いました。すぐ近くには田畑が広がっているのも見えます。

ニュース | 【2009-05-21(Thu) 16:23:54】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する