< 自治労や日教組の支持を受けながら公務員制度改革ができるのか=家電業界の支持を受けたからエコポイントを導入し、トヨタなど自動車業界の支持を受けたから低公害車に補助制度を導入した? kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

自治労や日教組の支持を受けながら公務員制度改革ができるのか=家電業界の支持を受けたからエコポイントを導入し、トヨタなど自動車業界の支持を受けたから低公害車に補助制度を導入した?
自民、民主の政権担当能力問う広告(TBS)
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn/20090527/20090527-00000043-jnn-pol.html

 27日の一部朝刊に掲載された広告には、「政策に具体的な税源があるのか」「自治労や日教組の支持を受けながら公務員制度改革ができるのか」「憲法や安全保障について党内の考え方は一致しているのか」と、民主党の政権担当能力に疑問を投げかける内容となっています。
 広告は27日午後行われる党首討論に合わせて掲載されたものですが、政権政党である自民党が、なりふり構わない形で野党第一党へのネガティブキャンペーンを行うのは極めて異例です。
 「私はこれを今朝ほど見て、自民党の党本部にある『麻生はやりぬく、まずは景気だ』という麻生総理のポスターが泣いているだろう、そう思わざるを得ません」(民主・輿石参議員会長)
 世論調査で次の総理にふさわしい人物として、鳩山氏が麻生総理を大きく上回り、さいたま市長選でも民主党の推した候補が勝利するなど、反転攻勢の波に乗る民主党に対する自民党側の強い危機感の表れといえます。


 ちょっとタイトル長いです。これだけ長いタイトルでもよく大丈夫なものだとちょっと感心。
 色々言いたいことはあるけど一点のみに絞って。「自治労や日教組の支持を受けながら公務員制度改革ができるのか」という問いかけがあるようです。民主党にできるのかできないのかはさて置いて、自民党が言いたいのは、ある団体から支持を受けていたらその団体に関係する改革はできない、その団体の意向に沿ったままの政策を行ってしまうのではないか、ということだと思います。でも、自民党が支持を受けている団体はむしろ民主党より多いような。別に色々な団体から支持を受けること自体は悪いことではなく、その団体が嫌がる政策をどうしても行わなければならないときでもその団体を説得して実行するか、それとも団体の顔色を窺って実行しないか、骨抜きにして妥協するかというのが問題なのだと思います。それなのに自民党自ら「自治労や日教組の支持を受けながら公務員制度改革ができるのか」と言ってしまうということは、これまで自民党は「医師会の支持を受けているので社会保障改革ができませんでした」「建設業界の支持を受けているから道路改革ができませんでした」と言っているのと同じでは?と思ってしまいます。最近の景気対策で言えば、「家電業界の支持を受けたからエコポイントを導入し、トヨタなど自動車業界の支持を受けたから低公害車に補助制度を導入した」ということでしょうか。総選挙が近いからと攻撃的な広告を打ち出したようですが、それより現政権で実現したわかりやすいものを列挙した方が効果があるような気がしてなりません。
 なお、今、党首討論が行われています。これも「攻撃」に関係しますが、西松事件をしつこく麻生総理が突いています。一番弱そうなところを攻撃しているのかもしれませんが、一国の総理と野党第一党の党首の討論でこういう事件の話ばかりというのは少し寂しく感じました。

ニュース | 【2009-05-27(Wed) 15:55:40】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する