< 市販薬:「ネット販売禁止は違憲」 薬局2社、「過度の規制」提訴--東京地裁 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

市販薬:「ネット販売禁止は違憲」 薬局2社、「過度の規制」提訴--東京地裁
市販薬:「ネット販売禁止は違憲」 薬局2社、「過度の規制」提訴--東京地裁(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20090526ddm012040096000c.html

 6月の改正薬事法施行に合わせ、厚生労働省が一般用医薬品(市販薬)の大半のインターネット販売を原則禁止するのは、過度の規制に当たり違憲だとして、ネット薬局2社が25日、同法施行規則の取り消しなどを求めて東京地裁に提訴した。
 提訴したのは、ネット上で薬や健康用品を販売している「ケンコーコム」(東京都港区)と「ウェルネット」(横浜市)。
 訴状で両社は、厚労省が2月に定めた改正薬事法施行規則について「薬事法の条文にネット販売禁止の規定はなく、施行規則が法律を超えた規制をするのは無効」と主張。さらに、市販薬のネット販売は以前から合法で、禁止する合理的理由もないとして、販売規制が憲法22条の職業選択の自由を侵害すると訴えている。
 市販薬は6月から、ビタミン剤など副作用の危険が低い「3類医薬品」以外のネット販売ができなくなるが、厚労省はネット業界の反発を受け、同じ薬の継続販売なら2年間に限り認める経過措置を決めている。両社は6月以降の販売について「裁判で不当性は主張するが、決められたルールには従う」としている。
 ◇厚労省医薬食品局の話
 訴状が届いていないのでコメントは控える。


 薬事法改正問題については過去に「薬事法改正によりインターネットで約2/3の薬が買えなくなります。」で書いています。基本的に今回の改正に賛成です。で、先日、ケンコーコムともう1社が提訴したという記事が出ていました。
 このケンコーコム、実は今、嫁さんの化粧品(化粧水・トリートメントなど)を買うために注文中です。5月18日に注文して、その日のうちに「5月21日 ~ 5月24日頃お届け予定」というメールが届き、次の日に受注確認メールが届き、そこまでは良かったのですが・・・。その後、全く連絡が来ません。商品も届きません。それで昨日27日に見てみると、電話窓口を午後1時に再開したとのこと。お買い物レビューを見ると、「すぐ届いた」という中に何件も「まだ届かない」というものが。しかも、電話窓口にかけても繋がらないとか、メールで連絡をとっても音沙汰なしとか・・・。
 インフルエンザ対応で忙しいならしょうがないですが、レビューを見る限りすぐ届いた方もかなりいるようで、順番が守られていないような印象を受けます。また、こちらの商品はインフルエンザ関連の物ではなく、18日のメールで在庫があるようなことも書かれていました。もう注文から10日が過ぎ、いつ届くのだろう、本当に届くのだろうかと不安になります。
 まあ我が家に届く届かないはともかく、何も連絡が来ずに遅配されるとか、電話窓口やメール窓口の対応の悪さを見ていると、今まで薬剤師が担ってきた薬の販売をこのようなネット販売業者に任せたとしたら、本来患者に必要な薬は何かなどは全く考慮されずに、儲けだけのために薬が販売されるということになるのだろうと再認識しました。「楽天の医薬品販売 安全への取り組み」というページには「ご不明な点は各店舗の専門家(薬剤師等)がメール・電話等でお答えします」「安全にご使用いただくために、健康状態などの把握のため問診を設置する場合があります」とも書かれていますが、今回の対応を見ているとそれらは販売を継続するための方便のように聞こえてきます。私は薬が野放図に氾濫する社会よりも、どこかの時点で規制し抑制する社会の方が望ましいと考えています。

2009.6.4追記
 ケンコーコムの件は5/29昼ごろに電話が繋がり聞いたところ、「やっと商品が取り寄せられた。準備が出来次第発送する」とのこと。嘘つけと思いましたが、これ以上延ばされても困るので今日中に発送することをお願いし、結局ちゃんと次の日に届きました。レビューに書いてある通り、クレームをするとほんとに早まるんだなと思ったのと、やっぱり発送メールには遅くなったこと等は全く書かれていなかったことに企業としての姿勢を疑いました。

ニュース | 【2009-05-28(Thu) 13:32:05】
Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

僕はネットでレビュー見て買えたほうが便利なので規制には反対ですね。鼻炎の薬とか薬局とかだと高いし品揃え不満です。いまいち医薬品のネット通販でどのぐらいの被害があったか伝わってこないんですよね。これが、自分が過去にネット通販で不愉快な思いをしたなら意見も変わってくると思うのですが。
2009-05-28 木 15:27:53 | URL | hori #- [ 編集]

利便性を考えるとネット規制をすべきでないし、安全性を考えるとネット規制をすべき、という中、そのバランスをどこにとるか、という問題でしょうね。
私は薬については安全性をまず第一に考える立場なので今回のネット規制には賛成と書きましたが、ネット規制以外の、コンビニでも薬を販売できる登録販売者制度についてはちょっとどうかなと思っています。
薬剤師の親から引き継いだ街の薬店の問題や伝統的な富山の薬売りの問題などとの兼ね合いもあるようなので難しいですが…。
品揃えや値段については私も不満に思うことはあります。
なるべく近所の小さい薬局を使うようにはしていますが、どうしても無いときは少し離れた大きなドラッグストアに行ってしまいます。
2009-05-29 金 10:33:49 | URL | kenji145 #MgXvyZ2Y [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する