< ブログのエントリー無断削除について、FC2から回答が届きました kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

ブログのエントリー無断削除について、FC2から回答が届きました
 問い合わせの返信がFC2から届きました。

お世話になります。
FC2事務局でございます。

ご連絡頂きました件につきましてご説明致します。

ご指摘のございました記事内で言及されていました団体・組織から、
兼ねてより「活動への作為的で悪質な妨害行為を受けている」との
被害の申立てを受けておりました。

こちらで調査を行いましたところ、弊社が定めております利用規約
に抵触していることを確認致しました。

**********************************************************
・さまざまなトラブルに発展しうる個人、特定団体、製品、その他
を差別し、誹謗中傷を行うなど、名誉や信用を毀損する行為。

・特定の国家、組織団体、統治機構に対して誹謗中傷し、名誉・
信用を毀損する行為とそれを助長する行為。
**********************************************************

団体・組織は、弁護士及び警視庁に既に相談済みであることから、
早期の事態収拾の為、また団体・組織より該当記事のみ削除頂き
たいとの連絡がありました為、該当記事のみを削除させて頂いた
次第であります。


以上、ご理解の程よろしくお願い致します。


 だそうです。問い合わせをして約1時間で返信があり、その辺はさすがFC2と言いたいところですが、できれば削除した後にでもこのようなメールを送ってほしいところでした。削除自体は無料ブログですし、正直、コメントのごく一部には、こちらは確認できないので削除はしませんでしたが、誰かの車がどうのといったストーカーまがいのものもあったため、しょうがないかなとも思います。ただ、ブログの1エントリーとはいえ多くの方のコメントで成り立っているものでしたので、名誉棄損的なコメントのみ削除する方法はできなかったのかなと思ってしまいます。全てが消されたことで、どのようなコメントがあったのか既にこちらでも確認できなくなってしまったことは残念です。

 最後に、上の利用規約に反しない真摯な疑問なり批判なりなら問題無いと思いますので、募金サイトを運営し募金活動の普及・推進を願っている者の一人として1つ。
 「パラリンピック」の文言を排他的に使用できる権利を持つ財団法人日本障害者スポーツ協会の公式サイトによると、

特定非営利活動法人日本パラリンピック支援機構は当協会へ『障害者スポーツ支援募金』、『チャリティオークション』等を通じ寄付を頂いている団体です。パラリンピックの名称を使用していることから、国際パラリンピック委員会(IPC)の管理・指導の下、当協会がその全ての活動を事前に承認し、事業報告及び定期的な会計報告を確認することになっています。
『パラリンピック』の文言使用は、日本パラリンピック委員会(JPC)を除いて原則認められておらず、「日本パラリンピック支援機構を応援しています」という文言使用を前提とした支援を求めることは認められていません。


 となっています。つまり、「障害者スポーツの支援のために募金をお願いします」は良いのですが、「パラリンピックの支援のために募金をお願いします」や「バンクーバーパラリンピック支援のために募金をお願いします」は駄目だということだと思います。ですが、日本パラリンピック支援機構の公式サイトを見ると、「メルマネ募金」のページには応援メッセージとして「【北京パラリンピック応援】テニスの国枝慎吾選手へ。2004年アテネパラリンピックでのダブルス優勝に続き、北京ではシングルスとダブルスの両方での金メダル獲得に期待しています。がんばってください!!(M.Kさん)」のように、明らかにパラリンピックの支援のための募金のようなメッセージが並んでいます。また、寄付を行った企業等のサイトによると、「次の北京大会へ向けた取り組みが開始されることが森常務理事より報告された」「パラリンピック支援を目指し、「日本パラリンピック機構」へ募金を寄贈」「パラリンピックはスポンサーがいないので、選手たちはアルバイトなどの自費で海外遠征に行くという、困難な状態を強いられています」など、募金が即、パラリンピック支援につながるような誤解をしながら寄付していることがわかります。
 このような、募金の使い道を誤認させるような募金方法は、この団体への募金はもちろん、募金活動全体に対する信頼を失いかねません。パラリンピックに出場するようなごく一部の選手だけでなく、障害者スポーツ全般を支援するということも素晴らしいことだと思います。また、そのような地道な活動がパラリンピックにも良い影響を及ぼすのだとも思います。なぜそこをはっきりと打ち出さないのか、パラリンピックに関係があるように思わせるのかが私にはよくわかりません。

募金についての考察 | 【2009-06-10(Wed) 13:01:14】
Trackback:(0) | Comments:(3)
コメント
日本パラリンピック支援機構の理事・大和久茂則氏は、エコス株式会社と言う企業の、未公開株詐欺の被害者が多数存在している企業の取締役も務めている。
大和久氏が関連している、2つの企業団体で法に反した疑いがかけられているのは、偶然にしては出来すぎかと思われます。
弱者をネタに暴利を貪る悪は撲滅するしかない。そのためには声をあげ、行動に移さなければならない。泣き寝入りでは、悪が横行するだけであると思います。
この団体への支援は、善意を利用される可能性が高いので、止めるべきかと思います。
2010-05-10 月 01:37:49 | URL | AG #- [ 編集]

コメントありがとうございます。
ですが、上記のブログ記事削除はコメントの中身も含めてのものです。
コメントの件の真偽は私にはわかりませんが、残念ながらこのブログで話されるとブログ自体が削除される恐れもありますし、そうなりますと当然頂いたコメントも残りません。
このようなブログでやるよりも、2chなどの掲示板でやられた方が継続的に実のある議論ができるのではないかと思われます。
なお、当ブログや親サイトの募金リンクにおいて、日本パラリンピック支援機構に募金等を行うことは今後も含め一切ありません。
2010-05-10 月 11:42:03 | URL | kenji145 #MgXvyZ2Y [ 編集]

大和久茂則の名前は数年前に、千代田区のエタノール製造会社の増田社長から交渉中だったが技術者と意見が合わなかったと聞いた。当時は、読売新聞や日本経済新聞の記事に「東京都と組んで…」「東京都と協力…」実証プラント建設始める最中。東京都は新聞記事内容を否定するが告発もクレームも一切無し
2012-04-12 木 01:28:32 | URL | #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する