< キングコング梶原、『M-1』王者逃したら離婚を“再公約” kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

キングコング梶原、『M-1』王者逃したら離婚を“再公約”
キングコング梶原、『M-1』王者逃したら離婚を“再公約”(オリコン)
http://www.oricon.co.jp/news/confidence/67642/full/

 漫才日本一を決めるお笑いの祭典『M-1グランプリ2009』の記者会見が13日、都内で行われ、昨年王者のお笑いコンビ・NON STYLEや前回ファイナリストのキングコングらが出席。すでに同会見ではお馴染みとなった、優勝できなかった際の公約を聞かれたキングコング・梶原雄太は「去年この場で離婚するって言うて、嫁がぶち切れて別居に陥ったことあるので…(でも)離婚します! 今回はマジ! 2人目がもうすぐ生まれるけど離婚します」と再び“爆弾公約”を掲げて話題を作った。
 コンビ結成10年以内を条件にプロ、アマ不問、事務所の垣根を越えての漫才頂上決戦。今年で9回目を数え、王者には優勝賞金の1000万円をはじめ、メディア露出増などの“恩恵”が与えられていることでも知られ、過去の優勝コンビにはサンドウィッチマン(2007年)、チュートリアル(2006年)らが名を連ねている。
 現王者・NON STYLEの井上裕介は「いかんせん優勝してから(相方の)石田(明)くんがスランプ」とぼやき、これを認めた石田は「どんだけ自分の中でのハードルがあがるか…(ネタを)10本書いて7本没ですよ」と今もプレッシャーに悩まされているという。
 会見にはそのほか、前回ファイナリストのナイツ、笑い飯、U字工事、ダイアン、モンスターエンジンも登壇。ナイツは優勝できなかった際の公約に「漫才協会を辞めます。理事手当てで月2000円もらってたのが無くなるけど」と不退転の覚悟で、前大会に敗れ、すでに罰ゲームとして本籍を地元・栃木から東京港区に移したU字工事の益子卓郎は「本籍をさらに茨城に移して、1ヶ月栃木出禁にします」と必死の形相で意気込んでいた。
 同グランプリのエントリー期間は本日より9月14日(月)まで。決勝の模様はABC・テレビ朝日系にて12月下旬生放送予定。


 久々の芸能。お笑いコンビのキングコングの梶原雄太氏がまた離婚を公約したそうです。去年もこれで色々批判もされていたように記憶していますが、今年もまた。去年実行していないので冗談だとは思いますが、子どものいる父親としては全く笑えないどころか、はっきり言って気分が悪くなります。芸人の妻とはいえ、前回ぶち切れて別居したとのことなので、妊娠中(臨月?)の奥さんや生まれてくる子供への影響も心配してしまいますし、将来子どもが離婚の話で色々言われるかもしれません。そういうものばかりが頭に浮かんできて、かなり不快です。ファンの方には悪いですが、こういう場所で気の利いた笑えるコメントどころか、人を不快にさせるようなコメントしか言えない芸人ってどうなんでしょうと言いたくなってしまいます。
 それはともかく、私もお笑い好きなのでM-1は何か無い限り今年も見るかと思いますが、優勝コンビはともかくファイナリストのメンバーが毎回小粒になってきているように感じます。毎年ではなく2年ごと、4年ごとにしていけば、もっと盛り上がると思うのですが。興行的には難しいかもしれませんが、昨年王者のNON STYLEがそれほどテレビで露出されなかったのもその前兆のように思います。このままでは年々尻すぼみになっていき、M-1の価値も下がり、何年後かにM-1が終わってしまうということもあるかもしれません。

ニュース | 【2009-07-14(Tue) 16:22:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する