< “国道地下に「穴」2つ、東京・北品川と高輪”の場所を毎日通っていた上に、その調査にも出くわした模様 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

“国道地下に「穴」2つ、東京・北品川と高輪”の場所を毎日通っていた上に、その調査にも出くわした模様
国道地下に「穴」2つ、東京・北品川と高輪(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090805-OYT1T00399.htm

 国土交通省が4日深夜から5日未明にかけ、東京都内の国道15号の2か所の地下で空洞調査を実施したところ、いずれからも空洞が見つかった。
 この2か所については、同省所管の財団法人「道路保全技術センター」(東京)が昨年10月に調査しており、見落としていたことになる。
 発表によると、品川区北品川では地下約40センチに空洞が見つかり、縦横各1・6メートルで厚さ約45センチ。もう1か所は港区高輪のJR品川駅前の地下57センチで、縦1・5メートル、横1・3メートル、厚さ23センチ。いずれもすぐに陥没する恐れはないが、北品川の空洞は厚みがあり、同省は早急に補修することを決めた。
 道路保全技術センターは昨年10月の調査で「空洞はなかった」と報告していた。同センターは「当時は『陥没の危険性は少ない』と判断した」と話している。
 「空洞が見落とされている」という指摘が国会議員などから寄せられたため、同省は今年5月に委員会を設置して調査している。


 ええと・・・、この穴2つの場所、どちらも毎日通勤のときに車で通っているんだけど・・・。どちらも地名だけでほぼどの場所かわかる上に、そういえば北品川の方は昨日(4日)の夜、大規模な工事(調査?)をしていたような。今日(5日)はたまたま高速で帰ったのでわからないけど、昨日の工事は今までにない大規模なものだったので、ちょっと「あれ?」って思ったのを思い出しました。片側2車線道路で中央線のところにコンクリートで境がされているんだけど、下り線全てを工事するためにコンクリートの境を途中で取るか何かして、上り線に誘導するようにしていたので。最近の15号の工事は、ほとんどの場合片側1車線を工事して、もう1車線は走れるようにするというやり方だったので、ちょっと珍しいなと思ったのでした。調査は「4日深夜から5日未明にかけ」と書いてあるので、おそらくこの記事の関係なのかな。
 それにしても財団法人「道路保全技術センター」がひどいという話はかなり聞いていたけど、まさか自分に多少なりとも関係することになるとは。天下りの中でもそれなりにきちんとやっているところもあるとは思うけど、ここは本当に何もやっていなくて駄目な天下り財団の典型例のような気がします。民主党の大久保勉議員が予算委員会で指摘したり、民主党の事業仕分けの対象となったり、あるいは自民党の河野太郎氏が批判したりしなければ、この穴もそのままにされて、いつか本当に穴が開いて大惨事となっていたかもしれません。この2箇所とも渋滞ポイントなので、日中に穴が開いたら間違いなくかなりの台数が巻き込まれていたはずです。なお、この天下り財団については下記の記事、ブログに詳しく載っているのでリンクします。

道路保全技術センター:路面下空洞探査・専門家ゼロ!国交省発注で優遇・独占受注!道路保全センター「利益上げるだけ」!(京都政経調査会Ⅱ)
http://tyousakai.hp.infoseek.co.jp/09-0331-t2.htm

道路保全技術センター:国交省の証拠隠滅を許すな(オヤジのつぶやき)
http://oyajigoro.seesaa.net/article/120892781.html

国土交通省天下り財団法人道路保全技術センターのおいしい話(Roseline~kaze~のささやき~)
http://roseline.wordpress.com/2007/10/10/%E5%9B%BD%E5%9C%9F%E4%BA%A4%E9%80%9A%E7%9C%81%E5%A4%A9%E4%B8%8B%E3%82%8A%E8%B2%A1%E5%9B%A3%E6%B3%95%E4%BA%BA%E9%81%93%E8%B7%AF%E4%BF%9D%E5%85%A8%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC/

傍聴形式による画期的な「国の事業仕分け」行う 国交・農林部門(民主党)
http://www.dpj.or.jp/news/?num=16331

<路面下空洞探査>受注法人に専門家ゼロ 国交省発注(毎日新聞)
http://kikikanrikenkyukai1.blog.so-net.ne.jp/2009-03-13-5

やっぱり見逃されていた空洞(衆議院議員 河野太郎発行メルマガ「ごまめの歯ぎしり」ブログ版)
http://www.taro.org/blog/index.php/archives/1094

 国土交通省と(天)道路保全技術センターがグルになってひた隠そうとする空洞化調査の空洞見逃し調査の第二回が、8月4日の夜、10時から5日の明け方3時まで行われる。
 新八つ山橋付近と品川駅前の2か所の調査で、両方とも空洞が見つかる。
 新八つ山橋付近では、二車線にまたがる広い範囲で、かなり深い空洞が見つかる。空洞に重さをかける試験では、至急に補修が必要という数値が出たほどの深刻な見逃しだった。
 品川駅前でも下水道の本管と取り付け管の接合部分に空洞が見つかる。
 この2か所ともセンターの調査は見逃しをしていた。そして、こうした空洞の見逃しは、東京国道事務所管内の国道15号線だけで、あと四十箇所ある。
 国民の安全を守るために、至急の再調査が必要なはずだ。
 深夜のこの調査には、この問題を担当する副大臣はなぜか来なかった。衆議院が解散しても大臣、副大臣は現職だ。前職の僕がちょろちょろとしていたのは、厳密に言えば、おまえ何の資格でそこにいるんだと言われかねないが、現職の行政のトップがこの現場を見ずに、どうして判断できるのか。
 国民の安全に直結する空洞の見逃しの確認の調査を、ずいぶんと軽く考えているのではないか。
結局、役人の言いなりなのか?
 こういう結果が出たのにもかかわらず、副大臣はセンターの調査区間の再調査をしらばっくれるのか。


 ということで関連する記事やブログを探していたら、河野太郎氏のブログに昨日の話が書いてありました。やっぱりあの工事が調査だったのと、「こうした空洞の見逃しは、東京国道事務所管内の国道15号線だけで、あと四十箇所ある」だそうだ。うわー。。。

ニュース | 【2009-08-06(Thu) 00:01:07】
Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

東京国道事務所管内の国道15号線だけで、あと四十箇所。うわー。。。

 国土交通省から審査機関と認定を受け道路基本データの審査なる業務を行っているが、本当に審査しているのか怪しくものです。
 見落としだらけかも。
 作成するほうとしては、どんどんも落としてくれたほうが、楽なのだが。
 いい加減な審査をされて、後で言いがかりをつけられても。
 本当は国土交通省の職員が審査すれば良いのだが。
 早く天下りが無くなって、無駄使いが無くなりますように、民主党にお願いしなければ。

2009-09-08 火 13:46:59 | URL | 道路を走るのも命がけ #JalddpaA [ 編集]

審査は怪しいですし、そもそも審査する技術があるのかも怪しいみたいですね。
まだ穴が落ちたりしていないのでそれほど話題にはなっていませんが・・・。
というか、私も普段15号を使っているので、ひと事ではありません。

この問題を自民党内でやってきていた河野太郎議員のブログでは自民党の国土交通副大臣が何度も批判されていて、
「(天)道路保全技術センターと国土交通省の癒着問題も、着々と資料を集める。民主党政権になったらまともな副大臣が来るだろうから、きちんと資料を整理しておく」
とまで書かれています。
河野議員のように個別に頑張っている議員もいますが、やはり組織として決断できないと天下りや無駄遣いは無くならないでしょうね。
民主党政権ではこのような旧態依然の役所の無駄遣いを正す役割も期待したいところです。
2009-09-08 火 14:20:09 | URL | kenji145 #MgXvyZ2Y [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する