< 民主党政権でエコポイント(とエコカー減税)はどうなる? kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

民主党政権でエコポイント(とエコカー減税)はどうなる?
 「エコポイント、申請してみました (書き方・注意点含む)」というエントリーを書いて以来、エコポイントの申請方法を調べるためにこのブログに来る方が大変増えているようです。そりゃ、あのマニュアルじゃよくわからないってことでしょう。やっぱり。特に署名・捺印が必要かを調べるために来る人も多いようで、多少は役に立ったかなと思いますが、どうでしょうか。
 それとともに最近気になるのは、民主党政権になったらエコポイントはどうなるのかということ。日曜の衆議院総選挙で民主党が大勝し、もうすぐ民主党内閣が誕生しますが、さすがに過去に申請したものまで駄目になることは無いとは思うものの、間もなく廃止になるのなら急がなくてはならない人も出てくるはずです。ちょっと調べても出てこなかったので、民主党本部に電話をして聞いてみました。
 すると、民主党のマニフェストの43番に「○住宅用などの太陽光パネル、環境対応車、省エネ家電などの購入を助成する。」という項目が書かれていて、その「省エネ家電」がエコポイントになるそうです。ちなみに「環境対応車」はエコカーです。それらに対し「購入を助成」、つまりエコポイントやエコカー減税は継続することをマニフェストに書いてあったのだそうです。「エコポイント」とかで検索していたのでわからなかった(^^; やっぱり政府与党の考えた名前は使いたくないからかな?
 それはともかく、それぞれの制度には期限もあるので、その期限以降の継続(マニフェストで約束しているので、続けなくてはならない)についてはどれが省エネに効果的な家電かとか温暖化に資する車はどれかとか、あるいは助成の方法とかを見直すことはありえるけれども、民主党としても特にこれらの制度に反対していなかったこともあり、期限内は消費者の利益に背くような廃止などの対応は行わないということでした。まあ当然といえば当然だけど、冬のボーナス後などに使う予定だった人はひと安心かな?

2009.9.3追記
 Gigazineでも似たような記事があったのでTB。ただ、あちらはエコポイント事務局に問い合わせ。エコポイント事務局なんて官僚とオペレーター程度なんだから、この時期に政治的判断について問い合わせてもわかる訳ないのくらい想像できないものかな…。

ニュース | 【2009-09-01(Tue) 16:12:51】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する