< 自民総裁選、西村康稔・河野太郎・谷垣禎一の3氏届け出 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
自民総裁選、西村康稔・河野太郎・谷垣禎一の3氏届け出
自民総裁選、西村・河野・谷垣の3氏届け出(朝日新聞)
http://www.asahi.com/politics/update/0918/TKY200909180105.html

 自民党総裁選は18日告示され、西村康稔・前外務政務官(46)、河野太郎・元法務副大臣(46)、谷垣禎一・元財務相(64)が立候補を届け出た。派閥会長らベテラン勢に支持を広げて国会議員票で優位に立つ谷垣氏に、若手2人が挑む世代間対決の構図になった。総選挙の惨敗で野党に転落したことをうけ、派閥解消や世代交代などの党再建策が争点となる。
 総裁選は国会議員票(199、衛藤征士郎衆院副議長を除く)と党員投票に基づく地方票(300)の計499票を争う形式で行われ、28日に投開票される。3人は18日午前、立候補に必要な推薦人20人の名簿を提出し、党本部で立会演説会に臨んだ。
 西村氏は最大派閥・町村派に所属し、同派重鎮の森喜朗元首相や町村信孝元官房長官も出馬を容認。18日朝に正式表明して、派閥を離脱する考えを示した。「世代交代は大事だが、若手だけで民主党に対抗できない。老壮青が力をあわせたい」と訴え、同じ若手でも世代交代を唱える河野氏とは一線を画した。与謝野馨前財務相や鳩山邦夫元総務相の支持も取り付けた。
 河野氏は「私利私欲で既得権を温存するために動く人間がいるのは甚だ遺憾。挙党態勢を免罪符にして誤った考えを残すことはできない。世代交代をやり遂げ、派閥政治から脱却したい」と強調し、派閥解消や世代交代を前面に掲げた。所属する麻生派の議員や小泉改革を支持した中堅・若手のほか、派閥主導を批判する中川秀直元幹事長や菅義偉選挙対策副委員長にも後押しされている。
 谷垣氏は世代交代論を意識し、「適材適所にしないと永遠に与党には戻れない。若い人を積極的に登用し女性の出番も増やす」と強調した。所属する古賀派の古賀誠元幹事長や青木幹雄前参院議員会長ら重鎮に加え、石破茂前農水相や石原伸晃幹事長代理、小池百合子元防衛相ら「ポスト麻生」候補だった有力者らの支持を受け、国会議員票で優勢だ。
 今回は党員投票に基づく地方票が国会議員票を上回るため、党員投票の行方が勝敗を左右する可能性もある。


自民総裁選立候補3氏の推薦人一覧(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090918-OYT1T00412.htm

 自民党総裁選に立候補した西村康稔・前外務政務官、河野太郎・元法務副大臣、谷垣禎一・元財務相(届け出順)の推薦人は次の通り(敬称略、カッコ内は当選回数)。

◆西村康稔氏◆
 ▽衆院 塩谷立〈6〉、木村太郎〈5〉、高市早苗〈5〉、馳浩〈4〉、北村茂男〈2〉(以上、町村派)鳩山邦夫〈11〉、鴨下一郎〈6〉、加藤勝信〈3〉(以上、額賀派)武田良太〈3〉、古川禎久〈3〉(以上、山崎派)古屋圭司〈7〉(伊吹派)三ツ矢憲生〈3〉(古賀派)山本有二〈7〉(高村派)与謝野馨〈10〉(無派閥)
 ▽参院 礒崎陽輔〈1〉、末松信介〈1〉、中山恭子〈1〉、古川俊治〈1〉、山谷えり子〈1〉(以上、町村派)衛藤晟一〈1〉(伊吹派)

◆河野太郎氏◆
 ▽衆院 柴山昌彦〈3〉(町村派)、大村秀章〈5〉、河井克行〈4〉(以上、額賀派)田中和徳〈5〉、平沢勝栄〈5〉、平将明〈2〉(以上、山崎派)井上信治〈3〉、永岡桂子〈2〉(以上、麻生派)菅原一秀〈3〉、斎藤健〈1〉(以上、無派閥)
 ▽参院 世耕弘成〈3〉、山本一太〈3〉、神取忍〈1〉、義家弘介〈1〉(以上、町村派)田村耕太郎〈2〉(額賀派)小泉昭男〈1〉(山崎派)塚田一郎〈1〉(麻生派)愛知治郎〈2〉、川口順子〈2〉、丸山和也〈1〉(以上、無派閥)

◆谷垣禎一氏◆
 ▽衆院 石原伸晃〈7〉、田野瀬良太郎〈6〉、石田真敏〈4〉、森山裕〈3〉(以上、山崎派)谷畑孝〈5〉、高木毅〈4〉(以上、町村派)佐田玄一郎〈7〉、竹下亘〈4〉(以上、額賀派)小里泰弘〈2〉、徳田毅〈2〉(以上、古賀派)谷公一〈3〉(伊吹派)岩屋毅〈5〉(麻生派)村上誠一郎〈8〉(高村派)小池百合子〈6〉、今村雅弘〈5〉(以上、無派閥)
 ▽参院 北川イッセイ〈1〉、森雅子〈1〉(以上、町村派)佐藤正久〈1〉、二之湯智〈1〉(以上、額賀派)泉信也〈3〉(二階派)

 自民党の総裁選が始まりました。この3名の戦いになるとは予想もしていなかったので驚きですが、どなたになるのでしょうか。
 谷垣禎一氏は推薦人を見ると、古賀派が衆議院は2名のみ、参議院は0名となっています。おそらく古賀派での支持が厚いはずなのに推薦人に出さずに済んだというところからも、国会議員票ではかなりリードしている様子が窺えます。なお、衆議院の2名はどちらも若い議員ですので、世代間闘争にならないように選んだのでしょう。地方票がどうなるかはわかりませんが、谷垣氏が総裁になったとしたら財政再建を訴えて民主党と戦うことになるのでしょうか。
 河野太郎氏が推薦人を集められるとは正直思いませんでしたが、それだけ自民党の現状に危機感をもっている人が増えているということかもしれません。推薦人は元県連会長だけあって神奈川県に関係の深い議員が多いようにも感じます。この3名で普通に選挙をやって国民投票を行ったら、おそらく河野氏がダントツで勝ちそうな感じもしますが、自民党総裁選なので地方票は自民党員による投票になります。自民党員が異端児だった河野氏をどのように考えているかが票に表れるはず。テレビでの総裁選の露出が増えればそれでもやっぱり勝ちそうな気もしないでもないですが、今回は野党の総裁選なので難しそうな感じも。で、もし河野氏が総裁になったとしたら、河野氏の考えと民主党の政策はかなり近い部分が多いので、民主党との違いを打ち出すのに少し苦労するかも。年金制度改革案もほぼ似たようなものだったはず。ただ、年金制度は政権が交代する度に変えていくようなものではないので、与党だけでなく超党派で制度を作っていくには良い総裁になるかもしれません。
 西村康稔氏は元通産官僚で政策通と評価されている議員ですが、個人的に少し関係があるので総裁になってほしいような、なってほしくないような…。この3名の中では政策的に民主党との違いを一番打ち出せそうな感じもしますが、清和会(町村派)出身で出馬前に森元総理に挨拶に行ったことも報じられており、河野太郎氏の票を減らすために若手・中堅議員やその支持層を分断する役目の候補者のように見られるかも。派閥は離脱するようですが、色々と書かれていますし。どちらにせよ勝つのは厳しいでしょう。

ニュース | 【2009-09-18(Fri) 14:55:45】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。