< 【天皇賞・秋】カンパニーがGI初制覇!ウオッカ連覇ならず kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
【天皇賞・秋】カンパニーがGI初制覇!ウオッカ連覇ならず
【天皇賞・秋】カンパニーがGI初制覇!ウオッカ連覇ならず(サンスポ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091101-00000511-sanspo-horse

 1日、東京競馬場で「第140回天皇賞・秋」(GI、芝2000メートル)が行われ、横山典弘騎手騎乗で5番人気のカンパニー(牡8歳、栗東・音無秀孝厩舎)が直線で抜け出し、1分57秒2(良)のタイレコードで快勝。GI初制覇となった。
 カンパニーは父ミラクルアドマイヤ、母はブリリアントベリー、母の父ノーザンテースト。通算34戦11勝で、重賞は05年京阪杯(GIII)、06年産経大阪杯(GII)、07年関屋記念(GIII)、08年中山記念(GII)、08年マイラーズC(GII)、09年中山記念(GII)、09年毎日王冠(GII)に続いて8勝目。
 カンパニーはGIレースではこれまで12戦0勝と勝ち星がなく、秋の天皇賞・秋にも3度出走して、16着・3着・4着という成績だったが、GI13度目、天皇賞・秋は4度目で嬉しい初戴冠となった。8歳馬のJRA平地GI制覇は史上初の快挙(98年の天皇賞・秋勝ち馬オフサイドトラップは旧年齢で8歳表記。現在なら7歳表記となる)。
 昨年の覇者で、JRA最多タイのGI7勝目を狙ったウオッカ(牝5歳、栗東・角居勝彦厩舎)は、武豊騎手騎乗で1番人気に支持されたが3着に終わった。
 2着は7番人気スクリーンヒーロー(牡5歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)、4着は昨年の菊花賞馬で3番人気のオウケンブルースリ(牡4歳、栗東・音無秀隆厩舎)、5着は2番人気シンゲン(牡6歳、美浦・戸田博文厩舎)。

第140回天皇賞(秋)(GI)レース結果

 最後、ウオッカが差してきたとき、なんとか当たったーと思ったんだけどなぁ。ウオッカはスクリーンヒーローを差し切れず3着。またまた外れてしまいました。先行馬を中心に買っておいて、スクリーンヒーローを外しているというのは明らかに馬券下手過ぎて、しばらくは超少額のみにしようかと思うくらい。
 カンパニーは鮮やかな勝利。このぐらいの競馬をする実力は前からあったと思っているので、それほど驚く話ではないけど、それでもやっぱり8歳馬が勝つというのは凄い。以前なら9歳馬だし。関係者の調教とか育成とかがうまかったんでしょう。スクリーンヒーローはジャパンカップ馬なのでこの程度の競馬はするとは思うけど、まだ復調途上で次走狙いと思ったんだけどなぁ。ウオッカは引退も示唆されているようだけど、はまった時のカンパニーに負けるのはしょうがないような。
 狙ったキャプテントゥーレとエイシンデピュティは12着と9着。スローな割に突かれる展開だったということもあるだろうけど、それにしてももう少し粘ってほしかったところ。キャプテントゥーレは強い相手との対戦経験をもう少し積まないと駄目かな。エイシンデピュティは復調途上という感じだけど、次あたりに馬場が悪くなると面白いかも。

競馬予想・結果など | 【2009-11-02(Mon) 11:20:22】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。