< 競馬結果:ウオッカ、2センチ差でしのぎ 女王“有終の美” kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

競馬結果:ウオッカ、2センチ差でしのぎ 女王“有終の美”
ウオッカ、2センチ差でしのぎ 女王“有終の美” 競馬・ジャパンカップ(競馬)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091130-00000029-san-horse

 女王ウオッカが復活した。世界の強豪馬も参戦した大舞台、ジャパンカップを、1番人気に応えて見事に制した。
 先行策から直線は早めに抜け出し、猛追したオウケンブルースリとの一騎打ちになったが、約2センチ差でしのいだところが、史上最多タイの中央GI7勝目のゴールだった。
 今秋は毎日王冠2着、天皇賞・秋3着と勝てなかったが、距離が長いのではと心配する声も出た2400メートルのレースで、あらためてその実力を証明。初コンビを組んだルメール騎手は「2400メートルだけに、残り300メートルまで追い出しを我慢した。最後は力を見せてくれたし、素晴らしい馬」と目を見開いて喜んだ。
 今年は全レースで手綱を任せてきた武豊騎手からルメール騎手への乗り替わりが、好結果につながった角居調教師は「勝ってほっとした」とにんまりした。
 レース中の鼻出血で、1カ月の出走停止となり、年末の有馬記念出走は不可能に。谷水オーナーは「潔さも必要」と話し、このまま引退する可能性も出てきた。だが「強いウオッカ」の姿を、ファンはこの日、しっかりと目に焼き付けることができただろう。

1 ウオッカ 2:22.4
2 オウケンブルースリ ハナ
3 レッドディザイア 1.1/2
4 コンデュイット 1.1/4
5 エアシェイディ 1.1/4
6 エイシンデピュティ 1/2
7 ジャストアズウェル 1/2
8 マイネルキッツ ハナ
9 リーチザクラウン 1.1/2
10 ネヴァブション 2
11 シンティロ クビ
12 コスモバルク 3.1/2
13 スクリーンヒーロー 1/2
14 インティライミ 1/2
14 インターパテイション 同着
16 アサクサキングス 5
17 マーシュサイド 1/2
18 ヤマニンキングリー 6

 また外れました。コンデュイットは悪くなかったけど、ちょっと窮屈な日程の疲れがあったかな。他の外国馬はいまいちでした。最近は完全にホーム有利になっていますね。凱旋門賞やキングジョージからブリーダーズカップを挟まずに万全な態勢で来るともっと面白いのですが、コンデュイットのようにレース後日本で種牡馬になるような馬以外はわざわざ来る価値があまり無いのかなぁ。
 勝ったウオッカは差し馬有利の流れの中、先行して粘ってしまいました。最近はマイラー傾向が出てきたように思えたのも嫌った理由の一つでしたが、今回は全然違い「ごめんなさい」という感じです。オウケンブルースリは惜しかったけど、あのハナ差が歴史的名馬と普通のG1馬の差かも。ただ、有馬に出てくるなら本命視されそうだし、嫌う理由も無いかな。レッドディザイアは3歳牝馬にしては健闘だとは思います。

競馬予想・結果など | 【2009-11-30(Mon) 12:28:39】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する