< キリンラガービール 復刻ラガー明治と大正 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

キリンラガービール 復刻ラガー明治と大正
キリンラガービール 復刻ラガー明治と大正
 先週末スーパーに行ったら、キリンラガービールの明治と大正の復刻ビールが発売されていたので、思わず買ってしまいました。限定醸造だそうです。値段は普通のラガービールと変わらず。
 飲んでみると、明治の方は最初に苦みが強く、後口があっさりと軽いという感じでした。苦みと軽さの落差がおもしろいけど、なかなかおいしいです。続いて飲んだ大正の方は、明治より苦みは抑えられていて、さっぱり後口で飲みやすく、今のビールとほとんど変わらないんじゃないかという感じ。普段、ラガービールはほとんど飲まないのでその比較は自信が無いけど、ほぼ似たような味のビールがあったような感じも。
 ということで、どちらもおいしく飲めました。もっと変わった味を想像していたけど、昔も今もあまり味は変わらないものなのかな?それともまずかったら売れないから、多少おいしく作り変えたりしているのかな?ビールの苦みが好きな人には、むしろ復刻ラガーの方が好き、ということもあるのではないかと思います。

復刻ラガー2種類を限定販売/キリンビール(四国新聞社)
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/info_box/article.aspx?id=20091125000087

 キリンビールは25日から、明治、大正それぞれの時代のラガービールを再現した「復刻ラガー」を限定販売する。明治は苦みが効いた重厚で調和のとれた味わい、大正は苦みにこくと芳醇(ほうじゅん)さが加わった味わいが特徴。パッケージも当時のラベルをモチーフにしている。アルコール度数各5%。いずれも350ミリリットル缶でオープン価格。



ラーメン・グルメ | 【2009-12-10(Thu) 00:10:52】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する