< コンタクト消毒液に「効果小さい製品も」 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

コンタクト消毒液に「効果小さい製品も」
コンタクト消毒液に「効果小さい製品も」(読売新聞)
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20091216-567-OYT1T01157.html

 洗浄から消毒、保存まで一つの商品でできるソフトコンタクトレンズ消毒液「MPS」利用者に「アカントアメーバ角膜炎」という感染症が多発している問題で、国民生活センターは16日、製品テストの結果を公表、「消毒効果が小さい製品がある」などとして、消費者庁に対し、業界への指導を徹底するよう要望した。
 テスト対象は、コンプリートダブルモイスト(エイエムオー・ジャパン)▽バイオクレンゼロ(オフテクス)▽シードゥソフトケア(シードなど)▽フレッシュルックケア10ミニッツ(チバビジョン)▽オプティ・フリープラス(日本アルコン)▽レニューマルチプラス(ボシュロム・ジャパン)▽エピカコールド(メニコン)▽ロートCキューブソフトワンモイストi(ロート製薬)の8社8製品。
 テストでは、MPS内でのアカントアメーバの減少度合いを一定時間ごとに計測。消毒剤として広く使われている過酸化水素消毒液と効果を比較した。就寝中にレンズを液に浸した場合に相当する「8時間後」では、過酸化水素消毒液と同程度だったのはレニューとエピカの2製品だけで、ほかの6製品は過酸化水素消毒液より低かった。各製品が「消毒に必要な最短時間」として掲げる10分~4時間後の効果は、レニュー以外の7製品はいずれも過酸化水素消毒液より低かった。
 これに対し、メーカー側は「MPSの試験・評価方法は確定しておらず、今回の結果だけを見て効果がないと判断しないでほしい」(オフテクス)などと話している。

コンタクト消毒液に「効果小さい製品も」

 私は2週間使い捨てコンタクトレンズを使用しています。ということで、この記事の消毒液を使っていますが、メインで使っているボシュロムの「レニューマルチプラス」が一番良い評価だったようで一安心。たぶん「レニューマルチプラス」は他の商品と違ってタンパク除去もできるし、眼科でもこれを使うようにと強く勧められたし大丈夫なはずとも思っていましたが、最初、どれがどうなのかがわからなかったので不安でした。今も使っているけど、これからも使うことにしよう。とはいえ、消毒液の中では(たぶん)一番高いし、買い忘れた時とかはコンビニで「ロートCキューブソフトワンモイストi」を買って、無くなるまで使ったりしているからなぁ。まあ、これも全く駄目という訳ではないから大丈夫だろうけど、これからはちょっと手を出しづらくなるかも。
 ちなみにボシュロムの消毒液はレンズケースがついてこないけど、以前書いたように無料で送ってもらえます(ボシュロム「レンズケース無料送付」体験記)。とても簡単なので、忘れずに事前に申し込んでおくのをおすすめします。とか書きながら、自分が忘れて同じケース使いっぱなしだったりするのですが(^^;

ニュース | 【2009-12-17(Thu) 00:01:55】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する