< 阪神・鳥谷「エコキャップ運動」推進!キャップ集めて地球と子供たち救う kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
阪神・鳥谷「エコキャップ運動」推進!キャップ集めて地球と子供たち救う
阪神・鳥谷「エコキャップ運動」推進へ積極姿勢!(スポニチ)
http://www.sponichi.co.jp/osaka/base/200912/25/base226518.html

阪神・鳥谷「エコキャップ運動」推進へ積極姿勢!◆ 芦屋市内の幼稚園を訪問 ◆
 阪神の鳥谷敬新選手会長(28)が24日、「エコキャップ運動」の回収場所となっている芦屋市内の幼稚園を訪れ、チーム内で収集したエコキャップ(ペットボトルのふた)を贈呈した。権田トレーナーの発案で昨年からこの運動への取り組みがスタート。今季限りで引退した赤星前会長が中心となって協力してきたが、新選手会長はさらなる推進を宣言。球団施設だけでなく甲子園球場にも専用の回収箱設置を要望し、社会貢献活動に積極的に取り組む考えを示した。
 ▼阪神・鳥谷 甲子園に(ペットボトルのふたを回収する)箱を設置できたらと思います。野球選手も(エコキャップ運動を)やっているということを広めていけたら、と思います。
  ◆エコキャップ運動 神奈川県に本部を置くNPO法人エコキャップ推進協会が中心となり活動している。再資源化を促進するために、ペットボトルからキャップを外そうという趣旨のもので、仮に焼却処分されれば二酸化炭素が発生、埋め立て処分されても土壌汚染を引き起こすことになり、キャップを分別回収することで環境保護と再資源化の促進ができる。再資源化で得た売却益で、発展途上国の子供たちにワクチンを贈り、今年11月で合計約1860万円(約93万人分のワクチン)を寄付したことになる。


鳥谷 キャップ集めて地球と子供たち救う(デイリー)
http://www.daily.co.jp/baseball/2009/12/25/0002602616.shtml

 阪神の新選手会長となった鳥谷敬内野手(28)が24日、芦屋市内の潮見幼稚園を訪れ、ペットボトルキャップ数千個を贈呈した。同園を通じNPO法人にキャップを送ることで、世界の子供たちにポリオワクチンを寄付することができる上に、キャップを焼却処分する際に発生するCO2の削減が可能。阪神はチームとしてこの活動に賛同し、シーズン中に集めたキャップを鳥谷が代表で持参した。
  ◇  ◇
 常に注目を浴びる存在として、世の中に何を還元することができるか。野球選手そして一人の社会人として恵まれた環境を自覚し、「何かしたい」という心が自然発生した。このオフ、新選手会長に就任した鳥谷がエコ、人道支援の両面に渡る社会福祉活動に、チームの代表として貢献。意識の高さを示した。
 きっかけは昨年のシーズン中だった。権田トレーナーがエコキャップ推進協会の活動を知り、チームに参加を打診。今季から赤星前選手会長の呼び掛けで、本格的に参加する運びとなった。冷蔵庫の横、ブルペン、ベンチ裏などに収集場所を設置。集まったキャップには選手の専用ドリンクを入れたあとが分かる、背番号が書き込まれるなど選手のリアルな息吹が垣間見られた。
 「特別に何かをというのではなく、普段やってる中からできるというのがいい。家から持ってくる選手もいますからね。もう当たり前になっているのがいい。こっちからやってくださいと呼び掛けるより、こうやって選手たちがやってますよと、いうふうに伝わっていったほうがいい。球場にそういうの(収集箱など)が設置できたらいいと思う」
 キャップはリサイクル業者に売却すれば400個で10円になる。そして、800個(20円相当)でポリオワクチン1本に相当する。さらに、ゴミとして焼却されると400個につき3150グラムのCO2が発生することから、エコロジーにもつながるとあり一石二鳥。虎党とともに虎戦士がエコ活動に参戦できれば最高のコラボだ。
 「やり始めると興味がでる。僕も球団と話をする機会が増える立場になった。これをステップに活動が広げられればいいですね」。園児に囲まれ写真に納まる鳥谷の笑顔は一段と輝いていた。

 阪神では「エコキャップ運動」に昨年から取り組んでいるようです。とても良いことだと思います。球場にも専用の回収箱が設置されたら、かなりな数が集まりそうですね。これを機に、球場内の生ビールもペットボトルに…なんてことは無いとは思いますが、試合中チェンジの時とかにアナウンスで呼びかけたりすると更に良いかも。
 ちなみに、正直言って今まで「エコキャップ運動」というのがあるのは知っていましたが、どういうものか余りよくわかっていませんでした。ペットボトルの蓋を資源としてリサイクルに回すことで、リサイクル業者から対価がもらえ、それを発展途上国の子どもたちへのワクチン代にできる、というもののようです。加えて、リサイクルに回すことで、通常だったら焼却処分して二酸化炭素を発生させていた分、地球環境にも優しい、というもののようです。
 で、これはプロ野球球団や大企業などだけではなく、個人でもできるようです。「NPO法人 エコキャップ推進協会」が推進していて、ここにキャップ送付先が書いてあります。送料や持ち込むガソリン代が少しかかりますが、基本的には日常飲むペットボトルの蓋を取っておいて、集めておくというだけで、何か大きな費用負担とかもありません。鳥谷選手が言うように「特別に何かをというのではなく、普段やってる中からできるというのがいい」と私も思います。ちょっと室内をあさってみたら10個くらい集まりました。まだ送ったり届けたりは当分先ですが、このくらいならできそうですし、ちょっとやってみようと思っています。


募金関連サイト紹介 | 【2009-12-25(Fri) 12:35:24】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。