< 「エコポインツ」再び!「ハトミミ.com」が取られ、急遽go.jpドメインに変更へ kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

「エコポインツ」再び!「ハトミミ.com」が取られ、急遽go.jpドメインに変更へ
「ハトミミ.com」のURL、「hatomimi.go.jp」になる(スラッシュドット・ジャパン)
http://slashdot.jp/articles/10/01/04/0347218.shtml

 昨年11月30日に行政刷新会議が発表した「ハトミミ.com」計画だが、初動の不手際により暗礁に乗り上げていることが明らかになってきた。12月29日の共同通信の記事によると、「ハトミミ.com」の名称とロゴを発表した後に、担当者が「ハトミミ.com」ドメインを取得しようとしたところ、既に他の誰かに登録されていたという(ハトミミ.com/)。
 また、政府は情報セキュリティ対策基準として「.go.jp」ドメインを使うことを定めており、これに反するドメインは「誤解を招く」として、発表直後に内閣官房情報セキュリティセンターが警告していたそうだ。行政刷新会議の11月30日の資料には、「ハトミミ.com(または.jp)」と書かれており、ドメイン名を決定する前に発表してしまった様子がうかがえる。
 共同通信の記事によると、1月に開設予定の一般国民向けサイトは「hatomimi.go.jp」となるそうだが、既にマスコミを通じて広く国民に「ハトミミ.com」の名称が大々的に宣伝されている(例えば12月2日の朝日新聞の記事など)ことから、誤って別のサイトを訪れる人が続出しかねないと危惧される。加えて、政府職員向け限定の「ハトミミ.com」が、内閣府のサイト http://www.cao.go.jp/sasshin/iken-boshu.html で先行して12月に開設されたが、ここでもタイトルロゴに依然として「ハトミミ.com」と大々的に書かれている。
 そして、産経新聞が12月31日の記事で伝えたように、現時点で http://ハトミミ.com/ にアクセスすると、「政府のみなさん。インターネットに関する知識は十分に理解してお仕事されていますか?」と民主党を揶揄するメッセージが発信されており、今後の展開から目を離せない状況となっている。


ドメインが第三者に取得された「ハトミミ.com」、go.jpドメインに変更へ(やじうまWatch)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/20100105_340454.html

 行政の内部告発を受け付けることを目的に11月末に開設が予告されながら、第三者によってドメインが先に取得されてしまった「ハトミミ.com」。開設予定地だったページには対応のマズさを皮肉るメッセージが掲載されているが、最終的に一般向けのドメインを「hatomimi.go.jp」とすることで現在調整が進んでいるようだ。もっとも、語呂の良さおよび知名度などから発表当初のドメインにアクセスしてしまう人が続出するのではないかという指摘もあり、まだまだこの問題は尾を引きそうだ。ちなみに「ハトミミ.jp」「ハトミミ.com」ともにドメイン取得日は報道発表以後の12月1日となっており、いずれもWHOIS情報は匿名になっている。

 以前、散々広報して報道されていた「エコポイント」のドメインが取られていて「エコポインツ」になったと書きましたが、今度は「ハトミミ.com」のドメインも取られていたようです。経緯や現状については上の記事でほぼ全て網羅されているのでコメントしませんが、「エコポイント」の方はまだWebsiteを意識していなかったという言い訳がたたなくないけど、「ハトミミ.com」なんて名前がアドレスそのままなのに取得していないなんてあきれるとしか言いようがありません。こういうのも「お役所仕事」と言うのでしょうね。
 「エコポイント」の所管は環境省・経済産業省・総務省ですが、補正予算で通った政権の目玉的な政策でしたし、「ハトミミ.com」は行政刷新会議のもの。どちらもおそらく総理官邸(内閣官房)がきちんと対応していれば事前にうまく対応できたでしょうに、なぜ何もせずに公表してしまったのでしょうか。「エコポイント」は自民党政権時代、麻生総理の時の政策ですが、麻生総理らにドメインが空いているか調べろというのは非現実的です。同様に「ハトミミ.com」も鳩山総理に調べろというのは非現実的です。どちらも事前に支えるスタッフ、官僚が調べ、手続きをして事前に取得しておいたり名称を考え直させたりがなぜできなかったのかが疑問です。
 で、結局「.go.jp」ドメインに。これは以前「エコポインツ」のときに私が「こうすればよいのに」と思った方向の解決策を取ることになりました。機関名でなくても取得できるのなら「エコポイント」もそうすれば良かったと思います。ただ、こちらの「ハトミミ.com」は「.com」まで発表してしまっているんですよね。ドメイン取る前なら「ハトミミメール」とかにしとけば良かったのにと思いますし、「何とか.com」と公表してそのドメインを取っていないというのは信じられません。

 ちなみに話はだいぶ変わりますが、年末年始に入ってアクセス数が更に増えています。調べてみると、その増えたほとんどがエコポイントの申請方法を調べるために検索してきている模様。ありがたいことに以前書いた「エコポイント、申請してみました (書き方・注意点含む)」がGoogle、Yahoo!ともに検索の上位になっているようで、拍手もかなり頂いています。それはともかく冬のボーナスとかで購入した液晶テレビ等の申請が面倒なので、年末年始のまとまった休みまで置いておいたという家庭が多いのかもしれません。多くの家庭で休みの終わる3、4、5日あたりのアクセス数が多いことからの想像ではありますが。もっと手続きが簡単だともっと魅力のある制度になって、もっと消費が伸びていたかも、と思ってしまいます。

ニュース | 【2010-01-05(Tue) 16:17:39】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する