< 【神保町】博多龍龍軒 御茶ノ水本店 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

【神保町】博多龍龍軒 御茶ノ水本店
【神保町】博多龍龍軒 御茶ノ水本店
 久々に博多龍龍軒に行ってきました。久々、というのは本当に久々で5年ぶりくらい?一番最初に行ったのは大学生の頃、15年くらい前で、福岡出身の同級生に誘われた時でした。当時はまだ博多とんこつラーメンは東京ではメジャーではなくて、ほぼ初めて味わうおいしさに感動して通ったものです。その頃は30分待ちはざらな人気店ではありましたが、都内に他の店舗を出すようになってから味が落ち始め、神保町に行く用事もなくなったために足も遠のいて行きました。それでも6年くらい前には福岡に出張で行った際に本場博多の本店にも行ったり、5年くらい前には水道橋店にも行ったりしたものです。正直、どちらも以前食べていた味には劣りましたが・・・。で、月曜、神保町に行く用事があったため久々に行ってみました。
 場所はちょっと奥まったところにありますが、そこに行くまでに何店も行列のできているラーメン店があるようです。今度はそっちも行ってみようかなとか思いながら13時頃到着。こちらは行列もなく、すぐ座れました。角煮ラーメン650円に味玉100円をトッピング。替え玉か半ライスが無料サービスのようです。替え玉をお願いします。
 ちなみに月曜日は醤油・塩・味噌の各ラーメンが390円だったようです。とはいえ、昔食べたとんこつが食べたかったので、やめておきました。それでラーメンが到着しましたが、驚きました。以前はスープが白というかクリーム色で、見た目にもクリーミーな感じだったのですが、薄茶色の透明なスープに背脂が浮いているという感じに見た目が完全に変わっていました。で、味見してみると、塩とんこつという感じで悪くはないけど、以前食べたスープとは全くの別物になっていました。「もしかしたら角煮ラーメンのスープはとんこつではない?」と思ってメニューを見てみましたが、「角煮ラーメン(とんこつ)」とちゃんと書いてあります。超久々の来店なので何か間違っている可能性もありますが(1年くらい前の口コミで、以前の白いスープの画像を見つけたので)、もしこれがとんこつなら全く違うお店になってしまったなと思ってしまいます。これまでは味が落ちたとは書いたけど、原形はとどめていて色も味も以前のものでしたので・・・。とはいえ以前と違うだけで、これはこれで悪くはないと思います。値段も角煮入れなければ500円と神保町という都心とは思えないお手頃価格ですし、角煮入れても650円は結構うれしい価格です。
 角煮はこの色の通り、かなり味付けがされています。ビールのおつまみにとてもおいしそうですが、ラーメンの具としてはスープにこの味付けが混ざってしまいいまいち。お皿に出してもらえるならそうした方が良いかも。また、角煮なのでもうちょっと柔らかい方がおいしいはず。一方、味玉は同じような色なのですが、こちらはほとんど味がついておらずゆで玉子のようで拍子抜け。中が半熟なのは良いのですが、かなり冷え切っています。チャーシューは肉の味をいかしたあっさり味で、厚さもほどよくおいしいです。麺は博多とんこつらしく極細ストレートですが、もうちょっと固めに茹でてもらった方がよかったかな。
 ということで味が大幅に変わっていたことにショックを受け、サービスの替え玉を頼まずにごちそうさまに。というかサービスの替え玉は自分で頼むのかてきとうに出てくるのか周りを見ていたらそのうちに食べ終わってしまい、スープも少なくなったし、かなり待ちそうだったので。まあ味が変わってもそれなりに悪くはないと思いますが、(食べたことないけど)周りに行列ができるようなお店がいくつもできるようになってこれだと値段以外のインパクトは無いかもなぁ。
 

ラーメン・グルメ | 【2010-01-28(Thu) 12:15:06】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する