< 秋田県上小阿仁村、出産一時金を大幅増額へ 第2子50万円、第3子100万円、第4子以降は200万円に kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

秋田県上小阿仁村、出産一時金を大幅増額へ 第2子50万円、第3子100万円、第4子以降は200万円に
出産一時金を大幅増額へ 上小阿仁村(秋田魁新報)
http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20100225c

 上小阿仁村は2010年度から、子どもが生まれた家庭に贈る出産一時金「子宝祝い金」を大幅に増額する方針を固めた。第1子は現行の5万円のままだが、第2子を10万円から50万円、第3子以降20万円を第3子100万円に変更。新たに第4子以降を設け200万円を支給する。最高支給額は一気に現行の10倍となる。
 小林宏晨村長は「子育てへの経済的負担を少なくすることは、村への若者定着にもつながる。制度を継続し、どこにいても子どもの歓声が聞こえる村にしたい」と話している。
 村は1990年度に子宝祝い金制度を導入。95年度から現行の額を支給してきた。祝い金の大幅増額は、県の少子化対策包括交付金を活用するもので、2010年度当初予算案に215万円を計上。要綱を改正し、4月1日から施行する予定。

 凄いですね。第3子と第4子を年子で同じ年に生んだら、この子宝祝い金だけで年収300万円。第4子と第5子なら400万円。これに子ども手当が加われば、かなりなインセンティブになるのでは。正直、我が家もこの村に住んでいたらもう1人考えるかも。
 この上小阿仁村、Wikipediaを見る限り人口は3,000人を切っている過疎村のようです。同じくWikipediaに載っている人口分布図を見ると、20歳あたりの人口が極端に少なくなっています。仕事を求めて村を出るのか大学進学のためかだと思われますが、3,000人未満でこういう人口分布だと、対象になりそうな夫婦は何軒かすぐに数えられるぐらいだったりして。だからこそ予算計上は215万円だけで済むのでしょう(県の交付金の交付率とかわかりませんが)。
 子宝祝い金のために上小阿仁村に移住しよう、と思う人もいそうですが、職の問題とかそう簡単ではないのでしょうね。でも、これに合わせてIターン事業とかやったら移住する家族も増えそうですし、この制度実施前と後の出生率の差とかを長期的に見てみたいとも思います。

ニュース | 【2010-02-25(Thu) 13:54:10】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する