< Vistaの自動でフォルダ表示を変更する機能を切る「いじくるつくーる」v7.67.11 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

Vistaの自動でフォルダ表示を変更する機能を切る「いじくるつくーる」v7.67.11
Vistaの自動でフォルダ表示を変更する機能を切る「いじくるつくーる」v7.67.11(窓の杜)
http://www.forest.impress.co.jp/article/2009/02/19/rnsf76711.html

 Windowsのさまざまな設定を簡単に変更できる定番カスタマイズソフト「いじくるつくーる」の最新版となるv7.67.11が、19日に公開された。最新版の変更点は、Windows Vistaのエクスプローラに標準で備わっている、フォルダ内にあるファイルの種類によって表示方法を自動的に変化させる機能を無効化するオプションを追加したこと。
 Windows Vistaのエクスプローラは、たとえばフォルダ内に画像ファイルが保存されていれば、名前、撮影日、タグ、サイズ、評価の5つのカラムを表示するというように、フォルダの表示方法を中身に合わせて自動で変更してくれる。しかし、フォルダによっては意図した表示方法にならなかったり、手動で設定した表示方法がいつの間にか変更されてしまう場合もある。
 レジストリの編集によりこの機能を無効化することもできるが、最新版の「いじくるつくーる」を利用することで、難しい操作をせず簡単に無効化できるようになった。設定は、「いじくるつくーる」の“エクスプローラ”項目にある“自動フォルダ・タイプ設定の固定化”で行う。
 “自動フォルダ・タイプ設定の固定化”項目はプルダウンメニューとなっており、名前、更新日時、種類、サイズの4つのカラムを表示する “すべての項目”のほか、“画像またはビデオ”“音楽の詳細”など全6パターンの表示方法が用意されている。任意の表示方法を選択し、Windowsを再起動すれば、すべてのフォルダを指定した表示方法で開けるようになるとともに、あとから手動で設定した表示方法が自動で変化してしまう心配もなくなる。
 本ソフトは、Windows 98/Me/2000/XP/Vista/XP x64/Vista x64に対応するフリーソフトで、現在作者のWebサイトや窓の杜ライブラリからダウンロードできる。

 以前、「Windows Vistaの自動フォルダ・タイプ設定を無効に」を書きましたが、レジストリをいじらないでもこのフリーソフトがあれば無効にできたんですね。だいたい1年前の記事なので、以前書いたときには既にあったソフトの模様。知らなかった(^^;
 うちの職場のパソコンはいつの間にかレジストリを元に戻される(?)のかわかりませんが、すぐに設定が戻ってしまっていたちごっこのようにレジストリの変更をしていました。このソフトがあればその作業も楽になるかも?普通の環境ならこのソフトで1回設定すれば戻るということはないはずですが。

ニュース | 【2010-03-02(Tue) 12:27:13】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する