< 「東京うど」がうますぎる kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

「東京うど」がうますぎる
「東京うど」がうますぎる
 小さいときに山梨県に住んでいて、よく親と山に入って山菜採りをしていました。その時に出会ったのが「うど」。いわゆる「山うど」なんだと思いますが、独特の香りと味がきつくて正直あまり好きではありませんでした。これは大人になってからも同じで、たまにレストランや居酒屋などで出される山うどはやはり苦手で、自らスーパーとかで買ったりはしませんでした。
 という感じでうどには苦手意識があったのですが、2月あたりに教育テレビの「趣味の園芸 やさいの時間」を見ていたら、「東京うど」の栽培農家の様子が映されていました。そのテレビに出ている「東京うど」は今まで見てきた「山うど」とはだいぶ違いました。1年ぐらい畑で栽培した後、寒くなって地上部が枯れた後に根株を取り出して、畑の地下にある真っ暗の穴の中で栽培して収穫するというかなり手の込んだ栽培方法で、色も真っ白で見るからに柔らかそうでした。
 そういう番組を見てちょっと興味を持っていたところで、たまたま仕事で「東京うど」を箱ごと頂いてしまいました。番組を見る前だったら箱ごと実家に送っていそうでしたが、今回は試してみようと思い、1箱は食べきれないかもしれないので嫁さんの友達に半分あげることにしました。それで半信半疑で嫁さんに調理してもらって食べたところ・・・今まで食べてきた「山うど」とは全く違うものでした。クセは全くないんだけど上品な香りがして、高級なハーブという感じ。食感も柔らかい。最初は大根のように細切りにしてシーチキンとあえたのですが、大根を使うより明らかにおいしいし、次は揚げてみましたが、香りはちゃんと残って甘みもでてきてこれもおいしい。今まで何でこんなおいしいものを食べてこなかったんだと思うぐらいのおいしさでした。半分あげたのをちょっと後悔するぐらい(笑) ちなみに、普段はあまり野菜を食べない4歳の娘もおいしかったようで、かなりたくさん食べていました。幼児が食べられるということからも、クセがなくて香りも上質なものというのがわかるはず。また、調理方法も生でもよくて簡単で、嫁さん的にもよかったらしい。
 と、ここまで書いてしまいましたが、みんな知っているものなのかなぁ!?「何をいまさら」と思われているかもしれませんが、感動したので残しておきます。ちなみにうちがもらったのは国分寺の中村農園で、他にも立川の須崎農園山下農園などだと電話とかで注文もできるようです。

遊び・行動・日記 | 【2010-04-09(Fri) 00:18:51】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する