< 3Dテレビ、我が家には幼児がいるので買えなくて残念! kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
3Dテレビ、我が家には幼児がいるので買えなくて残念!
3D映像に初の安全指針案 国と業界、規格作り(朝日新聞)
http://www.asahi.com/digital/av/TKY201004090575.html

 テレビなどの3次元(3D)映像による体への悪影響を防ぐため、国と業界が協力して初の安全指針案をまとめた。経済産業省はこれをもとに検討委を設けて議論し、年度内にも国際標準化機構(ISO)に提案する。3D普及に向けた国際規格作りをめざす。
 3D画面は、左右の目に映し出された別々の映像を脳が再構成することで、立体に見える。立体感の演出が強すぎると、立体ではなく映像が二重に見えて、目が疲れる。
 ものが画面から手前に飛び出したり奥に引っ込んだりしているように見えても、実際の目のピントは画面までの距離に合ったまま。この「矛盾」が大きくなると、疲れや不快感が増す。産業技術総合研究所(茨城県つくば市)の研究で、動きの激しい動画を見せたときの「映像酔い」が、2次元より3Dで強まる可能性が示されている。
 指針案では、映像コンテンツ制作者には、立体感を強調しすぎないことなどを要求。ディスプレーメーカーには、左右それぞれの映像が反対側の目にもれて二重に見えるのを防ぐ工夫などを求めた。
 視聴者には、立体視の脳機能が未熟な5歳以下の子どもの視聴には気をつけることなどを推奨した。また、顔を傾けて両目の高さがずれると、映像が上下にずれて二重に見えてしまうことを指摘。ソファなどに横たわっての視聴は不向きだ。
 業界では、これを取り込む動きがすでに始まっている。今月3Dテレビを発売するパナソニックは、こうした内容を「取り扱い説明書で視聴者に説明する」とし、6月発売予定のソニーも「(視聴者への)注意喚起方法を検討している」としている。
 指針案は経産省の委託を受け、同省が所管する産総研と、業界団体の電子情報技術産業協会(東京都千代田区)、主なディスプレーメーカーなど約60社で作る「3Dコンソーシアム」が、国内外の学術論文約130本をもとにまとめた。
 安全指針の国際規格化について、経産省基準認証政策課は「3D市場が健全に育つ基盤をつくることで、日本だけでなく世界に貢献できる」としている。(小宮山亮磨)

■3D映像の安全指針案(骨子)

【映像制作者向け】
・立体感を強調しすぎない
・2台のカメラの色や上下のずれを少なくし、撮影タイミングをしっかり合わせる

【メーカー向け】
・左右の映像が反対側の目に「もれる」割合を小さくする
・画面のちらつきを少なくする

【視聴者向け】
・画面が二重に見えたり疲れを感じたりしたら見るのをやめる
・顔を傾けず、画面の正面、適切な距離から見る
・子どもの視聴には特に気をつける

 パナソニックやソニーなどから3D映像対応テレビやブルーレイレコーダーが発売されます。3D映像なんて映画館だけの世界かと思っていたら、自宅でも見られるなんて技術の進歩も早いものです。それで、業界団体からの安全指針案が出てきたのですが、「子どもの視聴には特に気をつける」とあるので、我が家のように幼児が2人いる家庭にはまだ早いですね。残念。なーんて、単に買うお金が無いだけですが。
 というか、買って何年も経ってないプラズマを買い替えるほど3D映像のコンテンツはでるのかな。増えてくるまでにかなり時間がかかるような気も。また、「顔を傾けず、画面の正面、適切な距離から見る」ってのも結構疲れます。自宅でリラックスして寝っ転がりながら見るというのは駄目で、きちんと座って見なければならず、自宅でそこまでして見るかなぁとか思ったりしますが、映画好きな人とかは見るんだろうなぁ。
 なお、他にも注意点としては、「買う前にチョット待て!「3Dテレビの落とし穴」見落としていませんか?」にありますが、3D対応テレビ番組が放送されない限りは、3D対応ブルーレイプレーヤーと3D対応ブルーレイソフトを使って見るしか無いようです。我が家のようにまだブルーレイプレーヤーを持っていない家庭はまだ良いのですが、映画好きな家庭だと持っているところも多そうで、それまでわざわざ買い替えるとなるとかなり大変なようにも思います。
 と、今週はかなり忙しいので、自分に当分関係なさそうな話題で気分転換(^^;

ニュース | 【2010-04-20(Tue) 19:06:10】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。