< 「アベする」→「与謝野る」→今度は「5月までに決めましょう」 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

「アベする」→「与謝野る」→今度は「5月までに決めましょう」
「5月までに決めましょう」は「無理」の意 沖縄で流行(朝日新聞)
http://www.asahi.com/national/update/0423/SEB201004230001.html

 「前向きに検討します」と言えば、その気がないものの、相手を傷つけずにその場をやり過ごすための建前の表現として使われる。ところで沖縄では最近、こんな言い回しも聞くようになった。「5月までに決めましょう」。結論を先送りする意味ではなく、「その気はありません」「無理です」というニュアンスが込められる。語源はもちろん、米軍普天間飛行場の移設問題で鳩山由紀夫首相が繰り返し表明している「5月末決着」の発言だ。
 移設問題では、昨年の総選挙で鳩山氏が「最低でも県外移設が期待される」と明言したことから、沖縄では「県外、国外」を求める世論が高まってきた。ところが、いっこうに県外移設の動きが進展せず、政府内でも県内移設が検討されていることから、首相への信頼が失われつつある。こうした結果、首相の言葉がブラックジョークに使われるようになったようだ。
 那覇市中心部のスナックで使用方法をママさんに尋ねた。酔ったお客がホステスに愛を語り、デートに誘うことは珍しくない。そんな時、ホステスが「5月までに決めましょう」と返すと、お客は苦笑いをしてあきらめるという。「基地の県外移転は、『無理です』では済まないですけどね」。ママさんは真顔だった。

 本当に沖縄で流行っているのでしょうか?そうとは思えないような・・・。朝日新聞といえば、「アベする」とか「与謝野る」とか怪しげな言葉を持ち出してきた前科もあるので、どうかなと考えてしまいます。なんとなく、沖縄に取材に行った帰りにスナックに寄って、そこでのホステスとの雑談の中でこんなことを思いついて、たいした取材の成果も出なかったからそこのママさんに頼んでそう話したことにでもしてもらったんじゃないかななんて想像してしまいます。
 ちなみに今週4月20日は、平成元年に朝日新聞珊瑚記事捏造事件が起きた日でした。

ニュース | 【2010-04-23(Fri) 11:25:20】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する