< 競馬結果:天皇賞春 久々の勝利! kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

競馬結果:天皇賞春 久々の勝利!
ジャガーメイル悲願のV、秋は海外も/天皇賞・春(netkeiba)
http://www.netkeiba.com/news/?pid=news_view&no=45784&category=A

 「第141回天皇賞・春・GI」(芝3200m)は2日、京都10Rに18頭で争われ、好位を追走した2番人気ジャガーメイルが、直線で先頭に立った4番人気マイネルキッツ(2着)を3/4馬身差し切り、重賞初制覇を見事GIで飾った。勝ちタイムは3分15秒7。3着には16番人気メイショウドンタクが入り、3連単は91万を超える波乱決着。1番人気フォゲッタブルは、直線で伸びを欠き6着に敗れた。
 鞍上のウィリアムズは、外国人ジョッキーとして初めて春の盾を制覇。「素晴らしい馬に乗せてもらえて、感激しています。勝てたのは馬のおかげ。この馬の可能性を伸ばしてくれた“ホリサン”(堀調教師)をはじめ、皆さんに本当に感謝しています」。オーストラリアなまりの英語にほんの少し日本語をまじえながら、笑顔でお立ち台に立った。
 ジャガーメイルにとってはこれが重賞初勝利。期待馬がようやく素質を開花させただけに、堀師の表情も自然と明るくなる。「去年の秋ぐらいから馬が充実してきて、強い調教に耐えられるようになったのが大きいですね。今回は馬体も絞れていたので、切れる脚が使えるだろうと思っていました。伝統あるレースを勝ててうれしい」。キンシャサノキセキでの高松宮記念制覇に続く、今年GI2勝目。この日、誕生日を迎えた智美夫人への最高のプレゼントとなった。
 「馬の状態を見ながら」(堀師)だが、秋にはまた世界が待っている。今度は日本のGI馬として、新たなページを作ろうとしている。

1 ジャガーメイル 3:15.7
2 マイネルキッツ 3/4
3 メイショウドンタク 5
4 ナムラクレセント 1.1/2
5 エアジパング 2.1/2
6 フォゲッタブル 1/2
7 ジャミール 3/4
8 フィールドベアー 1/2
9 トウカイトリック 1/2
10 メイショウベルーガ 1/2
11 テイエムアンコール クビ+1.3/4
12 メインストリーム 2.1/2
13 ゴールデンメイン 1/2
14 ミッキーペトラ 1.1/4
15 ベルウッドローツェ 2
16 カネトシソレイユ 5
17 エアシェイディ 2
18 トーセンクラウン 11位降着

 久々に馬券を当てました。馬連だけでたいしたプラスも無いのですが、それでも超久々。よかったよかった。
 ジャガーメイルは最後しっかりと差し切ってGIどころか重賞初勝利。とはいえ前走僅差で負けたのがブエナビスタだったり海外GIだったりなので、この中では格上なのは明らかでした。目標となる馬も直線で見えて、レース展開的にもよかったかも。秋には海外もということのようですが、宝塚記念は出ないのかな?正直、このメンバーはそんなに強い馬がいなかったので、もう少し集まりそうな宝塚のレースも見たいところ。
 2着マイネルキッツはGI馬らしい堂々としたレースでした。調子の良くなった今の宝塚も見てみたいとも思いましたが、秋に海外の模様。まあ長距離の方が距離適性があるのは明らかなので、海外での活躍を期待しましょう。
 3着のメイショウドンタクは全くのノーマークでした。難しい。また、レース後のコメントを見ると、不利もレースにかなり影響したようですが、もし無かったとしても3着が変わるかどうか程度で1着2着には変わりはなかったんじゃないでしょうか。

競馬予想・結果など | 【2010-05-06(Thu) 11:09:58】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する