< 競馬結果:NHKマイルC、ダノンシャンティが衝撃の日本レコードV kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

競馬結果:NHKマイルC、ダノンシャンティが衝撃の日本レコードV
ダノンシャンティが衝撃の日本レコードV/NHKマイルC(netkeiba)
http://www.netkeiba.com/news/?pid=news_view&no=45943&category=A

 「第15回NHKマイルC・GI」(芝1600m)は9日、東京11Rに18頭で争われ、後方3番手から一気にスパートをかけた1番人気ダノンシャンティが、メンバーただ1頭、33秒台の上がりを駆使し、5番人気ダイワバーバリアン(2着)に1馬身半をつける完勝劇。GI初制覇を飾った。勝ち時計は、ゼンノエルシド(01年京成杯AH)の日本レコードをコンマ1更新する1分31秒4。3着は1馬身差で3番人気リルダヴァル。2番人気サンライズプリンスは、粘り込みを図ったが、後続にのみ込まれて4着に敗れた。
 「馬に任せたら、あの位置になった。枠順も外だったし、瞬発力があるから、スムーズに回れれば届くと思った」と安藤勝。内側が有利な馬場状態など関係ないとばかり、大外から豪快に他馬をかわし去った。
 テンションが高く、ゲートにも不安がある。中間は精神面の課題をクリアすることに重点を置いた。前走の毎日杯は2週連続の併せ馬で仕上げ、今回はテンションが上がらないようにソフトに。松田国師も満足げに振り返る。「サンデーサイレンス系の馬は、1回仕上げておけば、もう余計なものがつかない。毎日杯後も無事にこられたし、調整は楽だった」。そして描いた通りに、GIタイトルをモノにした。
 ダービーでの2冠獲りへ大きく弾みをつけた。 NHKマイルCからダービーへと進む路線を切り開いた第一人者、指揮官は「フジキセキの根性と母系のシングスピールから受け継いだ長い距離を走れる体形。両方のいいところを持っている」と期待に胸を弾ませる。戦前は2400mの距離に不安を抱えていた主戦も「きょうの感じなら、こなしてくれると思う。ただ、今年は相手もそろっているし、挑戦する立場で」と慎重な姿勢ながらも手応えを口にした。変則2冠へ、厩舎の先輩が刻んだVロードを力強く歩む。

 今回は新聞も買わずJRAの携帯サイトを見ての予想だったためかなり適当。その割にまずまずだった気も。本命外しているけど。エイシンアポロン本命、ダイワバーバリアンを買うのもすぐ決まって、その後ダノンシャンティにするかサンライズプリンスにするか迷って結局サンライズプリンスに。先行した時点で駄目だと思いました。ただ、直線入ってもエイシンアポロンが全く見えず、1-4買ってない!と思って微妙な気分に。最後差されサンライズプリンスが4着になってちょっとホッとしましたが、とはいえあのハイペースで4着に粘れるサンライズプリンスはそれなりに実力のある馬だと思います。ダノンシャンティは強い競馬でしたが、ダービーはどうでしょうか。血統的にはもってもおかしくないと思いますが、ペルーサに勝つのは至難の業ではないかなと予想しています。

競馬予想・結果など | 【2010-05-10(Mon) 13:07:57】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する