< 自宅でコメ粒→パンへ 食料自給率も向上?世界初ベーカリー器 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

自宅でコメ粒→パンへ 食料自給率も向上?世界初ベーカリー器
自宅でコメ粒→パンへ 食料自給率も向上?世界初ベーカリー器
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100713/biz1007131315010-n1.htm

 政府が食料自給率を上げるため、コメの消費拡大に取り組むなか、米粒からパンを作ることができるホームベーカリー(家庭用パン焼き器)が登場する。米(こめ)粉(こ)でパンを作る機能はこれまでもあったが、米粒からの製パン機能は世界初。8年連続で伸び続けるホームベーカリー市場だが、メーカー各社の間では“コメ”が開発のキーワードとなりつつある。

1斤に4時間…「日本政府と連携、アジアも20万台投入」
 三洋電機が10月8日に発売するホームベーカリーの新製品「GOPAN(ゴパン)」は、米粒と水を投入すると、本体内でモーターを回転させてペースト状にし、砂糖やドライイーストなどを加えてパンを作る仕組み。米約1合半(220グラム)で1斤のパンが約4時間でできる。市場想定価格は5万円前後。
 13日会見した佐野精一郎社長は「新製品の販売では政府との連携を強化し、自給率向上に寄与したい。来年度は中国などアジアでも投入し、20万台規模の事業に育てる」と述べた。
 ホームベーカリーで国内シェアトップのパナソニックは昨年から米粉100%のパンを焼ける機能を搭載した機種を展開。東芝や象印マホービンなども相次ぎ米粉パンコースを組み込んだ新機種を発売している。
 ただ、米粉は生産コストが高く、流通網の少なさからあまり販売されていないなどの問題があり、「主食の米なら流通ルートが確立されている」と佐野社長は強調。新製品では、わざわざ米粉を買ってくる必要がなく、「家にあるコメを利用できる」と手軽さをアピールする。
 米の消費量は昭和30年代をピークに減少傾向が続く。農水省は食料自給率の向上を目的に、地産地消などを呼びかける「フードアクションニッポン」を推進中。昨年4月、米粉や飼料としての米利用を支援する法律が成立した。
 米は古くから和菓子などの材料とされてきたが、最近では世界的な小麦粉価格の高騰を背景に、米粉のパスタやケーキを提供する飲食店も増えている。また、小麦粉に比べ低カロリーで、もちもちした食感が日本人好みなどの理由から人気が高まりつつあり、三洋では新製品を通じて「日本の伝統食である米の新しい食べ方を提案したい」としている。
 ホームベーカリーの国内市場は平成14年度から8年連続で増加し、昨年度は約45万台を記録。今年度は前年度比3割増の約60万台が予測されている。
(2010.7.13 13:09 産経新聞)

 これは凄いです。手に入りにくくてちょっと高めの米粉ではなくて精米からパンが作れるなんて、非常に魅力的。よく米粉パンを作るときには小麦粉グルテンを入れたりしますが、これは入れなくてよいのでしょうか?もしそうだとすると、小麦粉アレルギーの人にもかなり便利なホームベーカリーになりそうです。
 我が家もホームベーカリーがありますが、パンが焼けるまではかなり時間がかかるので、1斤に4時間というのは普通ぐらい?早いほうかな?焼いているのはいつも嫁さんで、自分じゃ焼かないのでわかりませんが、寝ている間に焼いたりよくしているので、そんなに変わらないはず。
 一番変わるのが値段で、買ったとき、確か2万円ぐらいの機種と2万円台後半の機種とが中心だったはず。それらと比べると、プラス2万円か3万円ぐらい高くなります。これがもうちょっと安くなればなぁ。政府では米の消費量を増やすためのキャンペーンを常時色々と行っているので、その一環としてこのホームベーカリーに補助金が1万5000円ぐらい出ると良いのにと思ってしまいました。そうはいっても我が家のはまだ買って何年も経っていないので、そうすぐに買い替えたくはないのですが・・・。

ニュース | 【2010-07-14(Wed) 18:44:40】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する