< 【秋田県秋田市】八橋油田・新八橋油田 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

【秋田県秋田市】八橋油田・新八橋油田
【秋田県秋田市】八橋油田・新八橋油田
 先日秋田に行った際、現在でも国産の原油を生産している八橋油田(秋田市八橋地区)と新八橋油田(秋田市外旭川地区)を見てきました。こちらは八橋油田。八橋は「やばせ」と読むそうです。「油田」というとイメージでは沼とか田んぼとかの中という感じでしたが、ごく普通の土地です。画像左側には川が流れていますが、それ以外の三方は住宅街です。住宅街の中にぽつんとあって、ちょっと面白いかも。
 機械は、画像右の機械で説明すると、左側の黄色い部分の先にワイヤーか何かがあって、その部分が上下を繰り返しているので、そこで原油を掘って送っているのかなぁと思います。右側の黄色い部分は大きな円を描いて動き続けています。この部分の役割がよくわかりません。
 


【秋田県秋田市】八橋油田・新八橋油田
 国際石油開発帝石株式会社(INPEX)の施設だそうです。INPEXのサイトにも八橋油田は載っています。それによると、

「八橋油田」
 秋田平野を流れる雄物川流域一帯では、大正時代から油やガスの探鉱が行われており、当社は設立と同時に八橋油田を引き継ぎ探鉱・開発技術の向上を図りながら開発を進めてきました。昭和30年前後には年間25万kl超の原油を生産する大油田となり、561万klの累計生産量を誇る日本最大の油田です。最盛期を過ぎた現在でも秋田の市街地で日々ポンピングによる生産を行っています。

とのこと。

【秋田県秋田市】八橋油田・新八橋油田
 違う角度から。近くにドラム缶が置いてあるので、そこに原油を貯めているのかなぁと一瞬思いましたが・・・。

【秋田県秋田市】八橋油田・新八橋油田
 よく見るとパイプラインらしきものもあるので、地下で運んでいるのでしょう。そりゃそうですよね。

【秋田県秋田市】八橋油田・新八橋油田
 こちらは新八橋油田。同じ秋田市内ですが、ちょっと離れています。八橋油田の方は1箇所ぐらいしか見つかりませんでしたが、こちらは高速の秋田自動車道の秋田北ICを降りて国道(?)をまっすぐに行くと何箇所もたくさんあるのが見つけられます。この画像の油田は田んぼのど真ん中。他にも、自動車工場で車が並んでいるその横にあったり、お店の駐車場の横にあったりなど、まるで「ウォーリーを探せ」状態。
 この機械の色は黒。新八橋油田の方は機械が黒だったり青だったり赤が混じっていたり、1機だったり2機だったりとまちまちです。ただ、動きは同じなので、機械が作られた時期が違うだけとかかな?
 行ったところでこの機械は日産どのくらいとかどういう機能とかそういう説明は一切なく、ただ動いているのを見るだけではあります。ですが、戦前戦後の日本のエネルギーの一部を支えた原油生産の現場を垣間見ることができ、昭和の時代にタイムスリップしたような気分になりました。

参考:八橋油田/新八橋(旭川)油田
   そうだ。油田行こう。

観光地・遊び場所の感想 | 【2010-08-05(Thu) 13:18:29】
Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント
この装置は油の汲上げポンプの駆動部分。
左の黄色の馬面から下がっているロープや鉄棒の下深く、二重筒型のポンプが付いている。上下に球が有って、中の筒の上下で油を汲上げる。この油と下がっているロープの重さと平衡する為に右の黄の団扇状が付ている。一種のヤジロベエ。、この変則ヤジロベエを揺するだけのモーター馬力で済む。色違いは購入年代の差でしょう。
2011-12-22 木 11:03:42 | URL | 男鹿のなまはげ #- [ 編集]

補足説明ありがとうございます。
ヤジロベエになっていて、省エネで原油を掘れるんですね。
2011-12-26 月 18:49:54 | URL | kenji145 #MgXvyZ2Y [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する