< 【秋田県秋田市】赤れんが郷土館 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

【秋田県秋田市】赤れんが郷土館
【秋田県秋田市】赤れんが郷土館
 7月に秋田に行った際、赤れんが郷土館にも寄ってみました。全然、事前の知識もなく行ったのですが、旧秋田銀行の本店で、国の重要文化財にも指定されているそうです。銀行の元本店というだけあってかなり立派な建物で、歴史を感じさせられます。

 
 
【秋田県秋田市】赤れんが郷土館
 観覧料は200円ですが、近くの民俗芸能伝承館とセットの券が250円と50円お得だそうなので、250円支払って中へ。

【秋田県秋田市】赤れんが郷土館
 1階ホール。以前はここが銀行の営業窓口だったようです。天井がとても高い。非常に格調高い内装で、ある程度の金額の取引でないとちょっと敷居が高く感じられそうなぐらい。明治45年に完工した際の棟札があります。

【秋田県秋田市】赤れんが郷土館
 平成6年、与謝野文部大臣の時代に重要文化財に指定されたそうです。

【秋田県秋田市】赤れんが郷土館
 奥には旧頭取室があります。

【秋田県秋田市】赤れんが郷土館
 内部のレンガ積み。えーと、何でしたっけ。

【秋田県秋田市】赤れんが郷土館
 大理石の紅縞石と薄雲石で作られた暖炉。

【秋田県秋田市】赤れんが郷土館
 こちらは旧金庫室。昔はここにお金がたくさん積まれていたのでしょう。中には更に小さな金庫らしきものや2階(入れず)もあるようです。
 なお、現在はここでビデオが上映されています。旧秋田銀行本店についての話が放映されるのかと思いきや、秋田市全体の観光案内でした。正直、途中で飽きてしまいましたが、このビデオのおかげで八橋油田・新八橋油田に行こうと思いついたのも事実。ただ、やっぱりこの建物についての説明も最初に少しぐらいあってもいいのになぁ。

【秋田県秋田市】赤れんが郷土館
 旧金庫室の横には、秋田市の伝統工芸品が展示されています。

【秋田県秋田市】赤れんが郷土館
 2階に上がると人間国宝の関谷四郎記念室があります。

【秋田県秋田市】赤れんが郷土館
 接合せという技法で異なる金属をきれいにくっつけていたそうです。

【秋田県秋田市】赤れんが郷土館
 作品の数々。

【秋田県秋田市】赤れんが郷土館
 はっきりいって美術に対する審美眼は無いのですが、その私が見ても凄いと思うぐらいのものが並んでいます。

【秋田県秋田市】赤れんが郷土館
 2階の奥には旧貴賓室があります。館内でもっとも贅沢な装飾が施されている部屋だそうです。

【秋田県秋田市】赤れんが郷土館
 こちらの暖炉は埼玉県産の蛇紋岩だそうです。

【秋田県秋田市】赤れんが郷土館
 床はケヤキの寄木板張、ドアには手描きのクロスが貼られています。

【秋田県秋田市】赤れんが郷土館
 2階をそのまま進むと新館に着きます。ここでは企画展が随時行われているようです。

【秋田県秋田市】赤れんが郷土館
 新館3階には勝平得之記念館。とても味のある版画などが飾られています。残念ながらここは撮影不可なので入り口だけ。

【秋田県秋田市】赤れんが郷土館
 勝平得之氏について書かれていますが、ちょっとぼやけてしまいました。

 ということで秋田県民でもない自分でも明治時代後半の歴史に触れられ、それなりに楽しめました。もうちょっとその頃の秋田はこういう感じで、その中で秋田銀行本店はこういう役割だったとかこの建物自体に関するビデオとか解説とかがあると更に良いのにと思いました。

観光地・遊び場所の感想 | 【2010-09-15(Wed) 11:53:03】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する