< ドルが弱過ぎる kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

ドルが弱過ぎる
NY外為:84円26銭まで上昇 介入以来の円高更新
http://mainichi.jp/select/today/news/20100924k0000m020093000c.html

 23日のニューヨーク外国為替市場の円相場はドル売り・円買いが先行、円は一時、日本政府が円売り介入を実施した15日以来の高値を更新、1ドル=84円26銭まで上昇した。米国が追加金融緩和に踏み切るとの観測からドル売り圧力が強まりつつある。
 午前9時半現在は、前日比18銭円高・ドル安の1ドル=84円26~36銭。ユーロは1ユーロ=1.3360~70ドル、112円65~75銭。
 同日発表となった米週間失業保険申請件数が増加したことから、米国の雇用環境の悪化を嫌ったドル売りが優勢となった。ただ日本政府による追加介入への警戒感も強く、円の値上がりペースは鈍い。
 22日午後5時現在は前日比61銭円高・ドル安の1ドル=84円44~54銭。ユーロは1ユーロ=1.3400~10ドル、113円22~32銭。一時、円は1ドル=84円27銭まで上昇した。(共同)
(毎日新聞 2010年9月23日 21時46分 更新:9月23日 23時32分)

 ドルがもうそろそろ83円台に下がりそうです。83円を切ったところで日銀が介入し、85円台後半をつけていたというのに、もう介入当時の水準に戻ってしまいそうです。
 ただし、これは介入が失敗したというよりも、予想以上にドルが弱すぎたということだと思います。ユーロは介入当時、106円前後だったと思いますが、介入で111円台まで上げ、その後も下がらずに112円と113円の間を行き来しています。対ドルで見ると失敗のように見えますが、対ユーロなど他の通貨で見るとそれほど悪い結果ではないと思います。
 本日23時にアメリカの住宅や景気に関する指標が出ましたが、予想を上回る良い結果でした。通常、そういう指標が出るとドル高になるのですが、今回は一瞬だけ。すぐに戻されてドル安になってしまいました。これを見る限り、ドルに対する信用が市場で失われている、ドルが弱過ぎる…と思ってしまいます。ドルだけを見ると追加介入したくなりそうですが、他の通貨との兼ね合いもあったりしてなかなか難しいのかも。

ニュース | 【2010-09-23(Thu) 23:58:30】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する