< 国勢調査のインターネット回答 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
国勢調査のインターネット回答
国勢調査ネット回答は7・8% 都内、目標上回る
http://www.47news.jp/CN/201010/CN2010100801000590.html

 総務省は8日、東京都内をモデルに今回の国勢調査で初めて導入したインターネット回答の受付件数は8日午前0時現在、都内全世帯の7・8%に当たる約49万3千件に達したと発表した。
 この状況について総務省は「目標としていた5%を上回った。次回の国勢調査からネット回答を全国に広げることも前向きに検討したい」と話している。同省はネットを使った回答がさらに期待できるとして受付期限を7日から11日までに延長した。
 インターネットによる回答の受け付けは、調査票の配布開始に合わせて9月23日にスタート。回答数を受付日ごとに比べると、10月3日が約6万9千件で最も多かった。5年に1度の国勢調査は10月1日が調査基準日。調査票の提出は、調査員への手渡しや郵送でもできる。
(2010/10/08 17:00 共同通信)

 今年は5年に一度の国勢調査の年。少し遅れてしまいましたが週末にインターネットで回答してみました。

<国勢調査とは?>
◆国勢調査は、我が国の人口や世帯の実態を明らかにする国の最も基本的な統計調査として、大正9年(1920年)以来5年ごとに実施しています。
◆国勢調査の結果は、選挙区の画定、議員定数の基準、地方交付税交付金の算定の根拠となるなど、民主主義の基盤を成す統計を提供しています。
また、国民の生活設計、企業の事業計画、学術研究機関の実証研究など、社会経済の発展を支える基盤となる統計を提供します。
◆国勢調査の結果は、個人・世帯を調査対象として社会経済の実態をとらえる標本調査の標本抽出のために活用され、公的統計の体系整備に不可欠な情報を提供しています。


 回答してみると、エコポイントのインターネット申請と同じくお役所仕事・・・なんてことはなく、とても簡単に回答できました。システム自体がシンプルな上に、国勢調査の調査票(紙)と一緒に届くハガキに回答方法がわかりやすく書かれていて、それに沿ってやっていけば間違うことはないはず。これならあまりパソコンが得意ではない方でも回答できそうです。
 欲を言えば、文章で回答する部分の「?」に回答例が書かれているともっと答えやすかったかな。紙と違ってインターネットならヘルプページの文章を多少増やしても問題ないはずですし。今回、インターネットで回答できるのは都内だけだったようですが、この手軽さなら全国への波及も進めていくべきではないでしょうか。

ニュース | 【2010-10-12(Tue) 12:03:13】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。