< 33人全員が生還 チリ落盤事故の救出を終了 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

33人全員が生還 チリ落盤事故の救出を終了
33人全員が生還 チリ落盤事故の救出を終了
http://www.asahi.com/international/update/1014/TKY201010140002.html

 【コピアポ(チリ北部)=堀内隆】チリ北部サンホセ鉱山で8月5日に起きた落盤事故で地下に閉じこめられた作業員33人が13日午後9時55分(日本時間14日午前9時55分)、全員救出された。12日深夜の作業開始から約22時間半。地下に残っている救助要員6人を順次地上に引き上げ、過去に例をみない救出作戦が完了する。
 最後に救出されたのは、33人のリーダー格だったルイス・ウルスアさん(54)。マニャリク保健相によると、「他の作業員より先に地上に戻ることを固く拒んだ」という。
 ウルスアさんを出迎えたピニェラ大統領は、地上の救助要員らと一緒にチリ国歌を歌って全員の生還を祝った。その後の演説で「彼らは私たちに高潔さの見本を示してくれた」とほめたたえ、大統領宮殿に33人を招く考えも示した。
 救出された作業員はすぐに健康状態のチェックを受け、家族と面会した後に順次コピアポ市内の病院に搬送されている。作業員の健康状態は全般的に良好だが、虫歯をわずらった人が複数いた。また肺炎の症状がある作業員もおり、しばらく入院させるという。健康状態がよい人は14日午後にも退院して帰宅できる見込みだ。
 救出作業は、関係者が「想像以上」と驚くほど順調に進んだ。救出用カプセルは車輪が一時不具合を起こしたほかは問題なく稼働。救出開始当初は、慎重を期して1人あたり1時間ほどかけていたが、カプセルの動きに問題がなかったため、次第にペースアップし、後半は1人当たり20分余のペースで救出が進んだ。当初24~48時間と想定されていた救出時間は大幅に短縮された。
(朝日新聞 2010年10月14日10時53分)

 チリ落盤事故で閉じ込められた作業員全員の救出に成功したそうです。歴史上、ここまで長期に地底に閉じ込められ、生還した例は無いそうで、凄いことだと思います。本当に凄いことだと思います。でも・・・
 正直、テレビがこの救出映像ばかりになってて、途中からちょっと飽きてしまいました(^^; 最初、救出されたというところは見られたら見たいと思っていたけど、その前の待っている間や、その後も延々とというのは・・・。ごめんなさい。
 ワイドショーで「この瞬間は日本だけでなく、アメリカなど多くの国でも注目されています!」と盛り上げていたけど、チリの地球の反対側に位置するような日本でも中継されているのに、同じ大陸のアメリカとかで注目されていない訳ないじゃんとも思ったり。
 で、今後はこの場所はどうなるのでしょうか。観光名所にして、カプセルで地中を見ることができる・・・とかなったらおもしろいと思いますが、普通にまた鉱山として使われていくことになるのかな。

ニュース | 【2010-10-14(Thu) 12:56:15】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する