< 競馬結果:菊花賞 ビッグウィークが優勝 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
競馬結果:菊花賞 ビッグウィークが優勝
競馬:菊花賞 ビッグウィークが優勝
http://mainichi.jp/enta/keiba/news/20101025ddm035050190000c.html

 3歳馬のクラシックレース最終戦は24日、京都競馬場の芝3000メートルで18頭が出走して行われ、7番人気のビッグウィークが3分6秒1で優勝。重賞初勝利をG1で飾り、賞金1億1200万円を獲得した。川田将雅騎手は菊花賞初勝利。長浜博之調教師は00年東京優駿(日本ダービー)、01年皐月賞に続き、史上11人目の生涯牡馬3冠トレーナーとなった。武豊騎乗で1番人気のローズキングダムは最後に猛追したが2着に終わった。
 ビッグウィークは父バゴ、母タニノジャドール。北海道新ひだか町のカントリー牧場生産で、馬主は谷水雄三氏。通算成績10戦4勝。通算獲得賞金は、2億612万7000円となった。

 ◇潜在能力に賭け、未知の世界制す
 狙い通りの「逃げ残り」だった。第3コーナーから第4コーナーにかけての下りで勢いがつくと、ビッグウィークが2番手から早めにスパート。コスモラピュタを抜いた後も粘り、驚異の末脚で追い上げた本命・ローズキングダムに先着した。
 川田騎手は「能力が違う。瞬発力勝負では分が悪い」と、2、3番手の高い位置を維持。最後の早逃げでは背後を背中越しや大型ビジョンで確認しながら、ゴール板を横切った。「スタミナが持ってくれるかは賭けだった」と川田騎手。3000メートルの長丁場は全出走馬に等しく未知の世界。潜在能力にすべてを託したことで前評判を覆した。
(毎日新聞 2010年10月25日 東京朝刊)

 菊花賞は伏兵ビッグウィークが勝ちました。全く予想していませんでした。前走が神戸新聞杯3着で、上位はローズキングダムとダービー馬エイシンフラッシュのみだから、展開次第で勝ってもおかしくないなと今見直すと思いますが、レース前にそれを予想するのが難しいものです。ただ、展開がはまった感もあるので今後はどうなるでしょうか。
 ローズキングダムは負けたとは言え強さは見せたと思います。このメンバーでそれでも勝ちきれないところが薔薇一族という感じもしますが、古馬G1では人気は背負わないでしょうから、うまくいけば勝てるかなと思っています。
 相手で勝った馬たちは、穴馬としたコスモラピュタが唯一善戦して5着。クォークスターは上がり最速でしたが、あの展開で最後方からではさすがに届きません。こういう馬は勝ったときが鮮やかなので買いたくなりますが、不器用でレース展開に左右されるので気をつけなくては。ゲシュタルトは前残り気味の展開でいい位置に付けていたのに伸びきれず10着。夏の休養がうまくいかなかったような感じですが、しばらくは買いづらいかな。

競馬予想・結果など | 【2010-10-25(Mon) 18:43:13】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。