< 日本32年ぶりメダル!米国に逆転勝ちで銅 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

日本32年ぶりメダル!米国に逆転勝ちで銅
日本32年ぶりメダル!米国に逆転勝ちで銅
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2010/11/15/01.html

 ニッポンが32年ぶりの表彰台で復活ののろしを上げた。女子バレーボール世界選手権最終日は14日、国立代々木競技場などで行われ、3位決定戦で世界ランク2位の米国と対戦した日本は、セットを先行される苦しい展開も、エース木村沙織(24=東レ)、途中出場の石田瑞穂(22=久光製薬)らの活躍で逆襲。フルセットの末に3―2で強豪を振り切り、銅メダルを獲得した。世界選手権のメダルは78年大会以来32年ぶり。真鍋政義監督(47)の就任2年目で、12年ロンドン五輪へ向け大きな一歩を踏み出した。決勝はロシアがフルセットの末にブラジルを破り、2大会連続7度目の優勝を果たした。
 最後はレフトに上がったボールを木村がこん身の力でスパイクした。ブロックアウトと同時に、1万2000人の大観衆の前に広がる歓喜の輪。78年大会以来、実に8大会ぶりとなるメダル獲得。最終セットだけで8得点を挙げたエースは「先行されると苦しいけど最後まで攻められた」と胸を張り「大会最後の試合で、全員が必死でつないだボールを、絶対に決めようと思った」と声を震わせた。
 第1セットは18―25。だが、チームは冷静だった。「切り替えが早かった」とセッター竹下。第2セットは前日チーム最多得点を挙げた江畑を途中で石田に交代。第4セットからは出番の少なかった荒木主将をスタメンで投入した。石田がチーム2位の11得点。荒木はサーブで最終セットの連続得点を生んだ。2時間19分の逆転劇を演出したのは、文字通りの総合力だった。
 「ベンチにいる選手だけじゃなくて、全員が同じ気持ちで戦えた」。声をそろえた選手たちの裏には、真鍋監督が持ち込んだち密なデータバレーがあった。指揮官は徹底的に相手を分析し、試合中にもiPadを手放さない。その成果を証明したのが、最終セットの9、10点目だった。「山本の決定率が高かった」(竹下)上に、相手ブロックに強打は不利と分析し、山本が連続フェイント。「数値で示されるから説得力がある」(山本)ことで、投入された選手も外された選手も納得して動く。指揮官への信頼の下、一丸となるのは当然だった。
 「今年の目標はこの大会のメダル。それを果たせてホッとした」。就任1年目の昨年は“世界を知る年”。2年目の今年を“世界に勝つ方法を探る年”とした指揮官は「あくまで最終目標は12年のロンドン五輪。でも、この3位で選手が“勝てるんだ”と思ったことが一番大きい」と手応えを口にした。かつて世界を席巻した日本のバレーは、世界中に広がり、日本を表彰台から追いやった。だが、速いバックアタック、攻撃的なサーブ、伝統のレシーブという武器をひっさげ、日本は帰ってきた。雌伏の時は終わりを告げる。本当の至福の時は、遠い未来ではない。
(2010年11月15日 スポニチ)

 女子バレーで日本が銅メダルを獲得!といっても実はその瞬間を見られなかったのですが・・・。第2セットまで見ていて、第3セットに入るときに子どもを寝かせに行ったら、自分も寝ていて気づいたら23時でした・・・。土曜のブラジル戦は全部見て、3位決定戦は最初から全部ちゃんと見ようと意気込んでいたのに、がっくり。
 とはいえ凄いことですし、こういう自国開催での大会って相手が揃っていなくて勝てるというのもよくあるんだけど、今回は強そうなチームがほぼ揃っての大会。それでブラジルに負けたとはいえフルセット、アメリカに勝っての3位だったので、実力があってのこの結果と納得できます。いつの間にこんなに強くなっていたんでしょう。
 監督がiPadを持ちながら、相手側を隠しながら指示をしている姿が気になっていましたが、データバレーにiPadを活用していたんですね。昨日の石田や一昨日の井野とか出てくる選手の活躍率がかなり高いように見えましたが、それもそういう日頃の分析があったからなのでしょう。今後の活躍もしたいところですね。

ニュース | 【2010-11-15(Mon) 11:03:53】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する