< 日本最多4度目V 李が決勝弾/アジア杯 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

日本最多4度目V 李が決勝弾/アジア杯
日本最多4度目V 李が決勝弾/アジア杯
http://www.nikkansports.com/soccer/japan/asiancup/2011/news/p-sc-tp2-20110130-730641.html

<アジア杯:日本1-0オーストラリア>◇29日◇決勝◇カタール
 李の決勝弾でザックジャパンがアジアの頂点に立った。日本(FIFAランク29位)はカリファ競技場で行われた決勝でオーストラリア(同26位)と対戦。0-0のまま突入した延長戦の末、勝利した。延長後半4分に途中出場のFW李忠成(25=広島)がDF長友佑都(24)の左からのクロスを左足ボレーでたたき込み、値千金の決勝ゴールを奪った。準々決勝、準決勝に続く控え組の大活躍で、日本が2大会ぶり、史上最多となる4度目のアジア制覇を成し遂げた。
 ザックジャパンの3人目のラッキーボーイが、アジア制覇をたぐり寄せた。試合を決めたのは、延長前半9分から途中出場した李だった。同後半4分、長友の左からのクロスを受け、豪快な左足ボレーで値千金の決勝点を奪取。故障離脱した昨季まで広島で同僚だったDF槙野の得意とする弓を射るゴールパフォーマンスを披露すると、歓喜の疾走、そしてザッケローニ監督に抱きついた。
 準々決勝カタール戦で出場停止のDF内田の代役DF伊野波が決勝点、準決勝韓国戦でも途中出場のMF細貝がゴールを奪った。そしてこの日、またもや生まれたラッキーボーイ。12月中旬に左ひざ半月板を手術したFW森本(カターニア)の「代役」で代表初招集の男が、「得点を奪うことでチームに貢献したい」との言葉通りの一撃をオーストラリアにお見舞いした。
 日の丸を背負うことに人一倍の責任感と誇りを持つ。韓国国籍で日本に生まれ、04年にはU-19韓国代表候補として、韓国での強化合宿にも招集された。
 その後も、元韓国代表の洪明甫氏から韓国の五輪代表入りを熱望されたが、悩み抜いた末に出した結論は「日本のために、日本人になる」。06年9月に日本国籍取得の申請を出し、07年2月に「日本人・李忠成」が誕生した。
 国籍変更をしてまで、たどりついた日本代表。U-23代表として出場した北京五輪では振るわなかったからこそ、今回初招集された日本代表には決意を持って合流した。だから、カタール入り後も「日本を背負う誇りを胸に戦いたい。せっかくのチャンスだから、これをいかして代表に残りたい」と覚悟を固めていた。
 MF本田圭を中心に攻めながら好機をいかせず、逆に大型なオーストラリアの体格をいかした攻めで大苦戦を強いられるチームメートをベンチから我慢して見つめていた。監督から出場を告げられると、ベンチ前で仲間とタッチ。今大会は初戦のヨルダン戦のみの出場だったが、「今は耐えなければいけない時。ここで切れたらおしまい」とひたすら我慢。昨季途中までは広島で控え暮らしながら、終盤にエースFW佐藤の故障離脱でチャンスをつかみ、12戦11発で代表もつかんだ我慢の男が、ザッケローニ監督の期待に応えた。
 ザックジャパンのライバルは多い。前田、森本、岡崎…。だが、「裏への飛び出しには自信がある」と言い切る。「代表に生き残りたい」。日本人を選び、日本を人一倍誇りに思う男の一撃が、ザックジャパンを4度目のアジアの頂点に導いた。【菅家大輔】
(日刊スポーツ 2011年1月30日8時52分)


 アジア杯、期待通り優勝してくれました。なんとか起きて見ていましたが、延長戦に突入してしまい、かなりきつかった。次の日は二度寝したりしたけどそれでも結構な眠気が。昔は平気で徹夜とかできたけど、もうかなりきつくなっています。
 オーストラリアはやはり強かった。岩政が入るまでは高いボールをあげられたらほぼ必ずピンチになるという感じで、見ていられませんでした。川島の好セーブとかもあったけど、相手のシュートが枠にいかない運の良さにも助けられたかな。岩政が入ってからはかなり改善されたけど、やっと互角に戦えるようになったというぐらいだったと思う。
 得点シーンの長友のスタミナとセンタリングの正確さはさすがと言う感じで、李のダイレクトボレーも鮮やかでした。ボレーは浮きやすいんだけど、よく抑えて打てたと思います。ただ、このとき長友に出したパスも遠藤だったように、遠藤が終盤かなり効いていたんじゃないかな。さかんにサイドに流れて起点を作って、日本への流れを呼び寄せたのが遠藤だったと感じました。この試合のマンオブザマッチは川島だったようですが、その次は遠藤だったんじゃないかと思いました。
 また、交代選手が次々と結果を出していて、監督の采配も優勝の大きな要因だったはず。大クラブとか大国とかに移籍しないで、長く日本代表の監督をしていただきたいところですが…。
 ちなみにこれは日刊スポーツの記事ですが、コンビニに午後寄ったら日刊スポーツだけアジア杯の試合結果を1面に載せていました。他のスポーツ紙は間に合わなかったようで、野球の記事など。日刊スポーツは結果だけでなく李のシュートの大きな写真とか長友が香川のユニフォームを掲げている写真とかも載せていて、どうやって間に合わせたのでしょう!?

ニュース | 【2011-01-31(Mon) 15:20:35】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する