< 【新橋】京鰹節つけ麺 愛宕 ATAGO kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

【新橋】京鰹節つけ麺 愛宕 ATAGO
【新橋】京鰹節つけ麺 愛宕 ATAGO
 本日、新橋駅のSL広場から徒歩5分ぐらいの場所にある「京鰹節つけ麺 愛宕 ATAGO」に行ってきました。時間は13時半頃。9割ぐらい席が埋まっている、という感じでした。
 ホームページには、昼は京鰹と鶏味(あっさり)、夜は京鰹と豚味(こってり)と書いてありますが、今はどちらも食べられる模様。迷いましたが、鶏味を注文。つけ麺の標準が750円で、炙り焼チャーシュー、ごまたまごを追加したつけ愛宕が930円。麺も普通盛(200g)・中盛(300g)が同料金なので、追加で何か頼まずにすみました。これはなかなかうれしい。
 こってり豚味の方は太麺のようですが、あっさり鶏味の方は細麺です。つけ麺に細麺って…と思っていましたが、これがなかなか。博多とんこつのような細い麺なのですが、かなり固めに茹でられていて、コシがあります。麺自体もただの白や玉子色の麺ではなく、何か入っているようです。最初、胡椒かなと思い、麺だけで食べてみましたが、違いました。その代わり、麺のおいしい味がしっかり。これはおいしいです。スープは鰹だしが効いた和風醤油味で、揚げたネギもアクセントになって、かなりうまいです。ラーメンデータベースを見ると、しょっぱいという意見が結構ありましたが、この日は全然大丈夫でした。
 具のチャーシューは肉が厚めに切られていて、満足感があります。味もなかなか。味玉に使っている玉子は、エサにゴマを使用した、こだわった玉子のようです。黄身も白身も味がしっかりして、おいしいです。メンマも太く、味もちょうどよくおいしいです。
 最後はつけ麺の定番、スープ割りを頼みましたが、レンジでチンして温め直してくれました。つけ麺って冷たい麺を小さめの器に入ったスープにどんどん入れていくから、スープが食べ終わる頃には冷たくなっているんですよね。それが難点なのですが、この店ではこういう細かい配慮をしてくれます。これはあまりないサービスなんじゃないでしょうか。また、その際にネギとかも少し付け足してくれます。しかも、普通、スープ割りってあくまでもラーメンスープに薄めたという程度なんだけど、ここのはこのスープ割りをスープとしてレストランに出してもいけるんじゃないかというレベル。おいしくて、当然のように完食してしまいました。どこにも隙が無いという感じのおいしいつけ麺でした。ここは必ずリピートして、今度はこってりの方を食べてみようかな。


ラーメン・グルメ | 【2011-02-25(Fri) 18:39:15】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する